トヨタ 新型アルファードが一部改良で装備充実! 対する新型ヴェルファイアは大胆リストラで人気グレード1つを残すのみに

画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」が2021年4月28日に一部改良を実施し、5月10日より発売を開始する。新型アルファードは装備の拡充などを図るいっぽう、兄弟車の新型ヴェルファイアは大きく方針を変更。人気の特別仕様車だった「GOLDEN EYES II」を正式グレード化し、その他のグレードは全て廃止する大胆なリストラを実施した。

>>どちらがお好み!? トヨタ 新型アルファードとヴェルファイアを写真で見る[画像15枚]

目次[開く][閉じる]
  1. デビューから6年が経過したトヨタ アルファード、人気は衰えるどころかむしろ上昇中だ!
  2. アルファードの人気特別仕様車がさらにバージョンアップ
  3. 兄弟車のヴェルファイアは人気の特別仕様車を残し、あとの全グレードはごっそり整理!

デビューから6年が経過したトヨタ アルファード、人気は衰えるどころかむしろ上昇中だ!

トヨタ アルファードの人気が加速度を増している。2020年度(2020年4月~2021年3月)の販売台数は10万6579台で総合4位(軽自動車除く)。現行型アルファードは、2015年のデビューから既に6年が経過したベテランモデル。さらにコロナ禍の情勢にも関わらず、前年比157.1%の伸びを示しているのだから凄い。

対する兄弟車ヴェルファイアの2020年度販売台数は1万4749台(総合41位)に留まり、前年比47.3%と大幅に減少した。

これはトヨタの販売店戦略の変更で、従来4店舗あったトヨタの販売チャンネルを統合し全店全車取扱いとし、人気の高いアルファードに販売を集約した結果だ。

新型アルファード一部改良で両側電動スライドドアを全車に標準装備化

そんなアルファードとヴェルファイアが、それぞれ一部改良を実施した。新型アルファードでは、装備の拡充を実施。新たな特別仕様車も設定する。

装備面では、新型アルファードにワンタッチスイッチ付デュアル(両側)パワースライドドアとアクセサリーコンセントを全車標準装備化。

また最上級グレードの「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」、「Executive Lounge S」に、後席からの視界を広げる可倒式の助手席ヘッドレストを採用した。

アルファードの人気特別仕様車がさらにバージョンアップ

新型アルファードに新設定された「S“TYPE GOLD II”」は、2020年4月に設定され好評だったS“TYPE GOLD”の第二弾となる特別仕様車だ。

ベースは「S」グレードで、スモークメッキ+黒メタリック塗装のフロントグリルにはゴールドの専用フロントエンブレムを配置。高輝度塗装の18インチアルミホイールや、3眼LEDヘッドランプなど、上級仕様の外装を与えた。

室内もゴージャス度をアップ。インパネ・コンソールボックスやドアトリム周辺などには、サンバーストゴールドの木目調パネルやゴールドスパッタリング加飾を随所に配し華やかな室内とした。

シート表皮はパーフォレーション付ウルトラスウェードと合皮のコンビ。本革巻き4本スポークステアリングホイールも装備する。

アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”の価格は、2.5リッターガソリンモデルが424万円から。ハイブリッドモデル(E-Four・4WD)が508万8400円から。7人乗り仕様のみの設定だ(価格は消費税込み)。

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
359.7万円775.2万円
中古価格:
23万円1,421.5万円

兄弟車のヴェルファイアは人気の特別仕様車を残し、あとの全グレードはごっそり整理!

いっぽう、明暗を分けたのは新型ヴェルファイアだ。

2021年4月28日の一部改良では、従来、特別仕様車として一定の支持を集めていた「GOLDEN EYES II(ゴールデン アイズ ツー)」をカタロググレード化。これまでほぼアルファードとほぼ並列で用意されていた多くのグレード展開をすべて廃止し、GOLDEN EYES IIに一本化する大胆なリストラ策に出た。

GOLDEN EYES IIは、新型アルファードの項で紹介した2020年4月登場のS“TYPE GOLD”と同時に登場。Zグレードをベースに、ゴールド加飾を施したヘッドランプ、漆黒メッキ加飾のフロントグリルやLEDフロントフォグランプモール、バックドアガーニッシュ、リヤランプガーニッシュなどを採用するなど、グレード名の通り「ゴールド」をアクセントにしたゴージャスな仕様となっている。

新型ヴェルファイアの価格は、424万円から508万8400円まで(消費税込)。

デビューから6年を経過し、フルモデルチェンジの噂も聞かれるようになったアルファード・ヴェルファイア兄弟だが、今後の販売状況次第では、早々にヴェルファイアだけが消滅する可能性もあり得そうだ。

人気の差はリセールバリューなどにも大きく影響を及ぼす。新型アルファード・ヴェルファイアを購入する際には、その辺りも考慮した上で慎重に比較検討したい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる