レクサス初のEVに日産渾身のハイパワーSUV!【期待大のEV3選】

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今やネコも杓子もSUVの時代。これから登場するEVもSUVモデルが多数登場予定だ。今回は、間も無く登場予定とウワサされるSUVのEVをご紹介!
目次[開く][閉じる]
  1. テスラらしい未来デザイン! 実力もすごいゾ
  2. 塊デザインと未来すぎるインパネがイイ!
  3. レクサス初のEVは人気のコンパクトSUVで登場

テスラらしい未来デザイン! 実力もすごいゾ

中級グレードのロングレンジは、フル充電で約508km走行可能と、一般的なガソリン車と同程度の距離を走行できる。ちなみにベースグレードのスタンダードレンジは約370kmとコチラも十分な実力だ。

ちなみに日本への導入時期は未定だが、おそらく来年度には国内にやってくる見込みだ。

どデカイモニター&3列シートに注目! モデルYの車内はコチラ

塊デザインと未来すぎるインパネがイイ!

ディテールはこのまま市販化してもいいほどの完成度だ。ボディサイズは全長4600mm×全幅1920mm×全高1630mmで、エクストレイルよりも少し大きめ。

大きなモニターを2枚組み合わせたど迫力の車内にも注目。ちなみに、車内には一切ボタンがないのが特徴!

アリアは、2020年後〜2021年初頭にも市販化されるというから楽しみだ。

アリアの車内はボタン0! 斬新すぎる車内を画像で詳しく

レクサス初のEVは人気のコンパクトSUVで登場

レクサス UX300eはクロスオーバーSUVのUXがベースの電気自動車で、フル充電で400km程度走れるという。さらに減衰力最適化など、細部にわたる足回りのチューニングなどにより、スポーツカーさながらの走行性能を実現。

走行中のサウンドにもこだわり、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を追求するなど、走る楽しさも追求したUX300eの日本発売は2021年を予定。

ベースのレクサス UXと何が違うの? その差を画像で比較

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

テスラの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる