autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート テスラモーターズ モデルS 量産型EVセダン試乗レポート/石井昌道

試乗レポート 2013/1/20 00:00

テスラモーターズ モデルS 量産型EVセダン試乗レポート/石井昌道(1/3)

関連: テスラ Text: 石井 昌道
テスラモーターズ モデルS 量産型EVセダン試乗レポート/石井昌道

現実的範囲内に収まらない存在

テスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルS

EVメーカーとして2002年にアメリカ・シリコンバレーで設立されたテスラ。

EVは、既存の自動車メーカー以外が参入できるチャンスとあって、他にも数多のベンチャー企業が立ち上がったが、たいていは軽自動車程度のシティコミューターで展開してきた。

EVの課題である航続距離の短さや、高コストなバッテリーのことを考えれば、それは至極真っ当な選択だろう。街中専用なら低速メインなので電費が良く、距離もそれほど求められない。車両価格もなんとか現実的な範囲に収められるからだ。

だがテスラが最初に市販したのは2008年に発売されたロードスターで、ロータス・エリーゼ用のプラットフォームを利用したEVスポーツカーだった。

ベンチャー企業からメジャーな自動車メーカーへと飛躍させる足がかり

テスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルS

先進的なEVとプリミティブなスポーツカーの融合というミスマッチ感覚が異彩を放ち、「じつはEVは速い」ということを証明してもくれたが、車両価格は一千万円級と高価。

あまり多くの販売台数は期待できそうにもなく、“その変化球狙いで会社経営を軌道にのせていくことができるのだろうか?”と懐疑的に見る向きも少なくはなかった。

ところが、シティコミューター系の新興EVメーカーが泡沫のようにバタバタと消えていくなかで、テスラはダイムラーやトヨタの出資を受けて共同プロジェクトを推し進めるなど次第に存在感を増していき、ついには野心的な第2弾商品の発売へこぎ着けた。

それが「モデルS」だ。

今度の「モデルS」は、BMW5シリーズやメルセデス・ベンツEクラスなどをライバルとするEVのプレミアム・セダンで、マニアックなロードスターに比べれば需要が見込めるカテゴリーだ。

サンフランシスコ郊外に新たな工場を立ち上げて年間2万台の量産体制も整えた。そして車両価格は5万ドル以下から(約430万円)からと、従来の半額程度に抑え、ライバルと比較しても同等レベル。

テスラをベンチャー企業からメジャーな自動車メーカーへと飛躍させる足がかりとして、十二分なポテンシャルを感じさせるものとなっている。

テスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルSテスラモーターズ モデルS

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

テスラ の関連編集記事

テスラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ の関連編集記事をもっと見る

テスラ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR