スバル、コンセプト「VIZIV」に見るパワートレーン戦略、今後の方向性とは(1/2)

スバル、コンセプト「VIZIV」に見るパワートレーン戦略、今後の方向性とは
スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT) スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT) スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT) スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT) 画像ギャラリーはこちら

TMS2015では「SUV」と「PHEV」の2つのトレンドがあった

スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT)

先日閉幕した第44回東京モーターショーでは大きく2つのトレンドがあった。多目的スポーツ車(SUV)とプラグインハイブリッド(PHEV)である。

スバルのワールドプレミアコンセプトモデル「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト)」はまさにこの2大トレンドを抑えたモデルであり、これに搭載されていたパワートレーンは将来実用化されるものだ。

今回はこのモデルをもとに、スバルの今後のパワートレーン戦略を考えてみたい。

「ヴィジヴ」は5ドアハッチのワイドかつ低いフォルムが印象的なモデルで、スバルの走りがさらに洗練するという期待感を抱かせてくれる。

スバル ヴィジヴ フューチャー コンセプト(SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT)

パワーユニットはスバルXVハイブリッドで市場導入したシステムを全面的に進化させて、1.6リッターの直噴ダウンサイジングターボと電気モーターを組み合わせ、シンメトリカルモーターAWD(電動4輪駆動システム)も搭載する。

エンジンはフロントに、電動モーターはリアに、それぞれ搭載することで、プロペラシャフトが不要なフラットフロアを実現。さらに前後トルク配分の最適化も可能とした。

パワートレーンとは直接かかわりがないが、様々な自動運転の技術が盛り込まれている。

車両安全も含めた自動運転のコンセプトは“安全なバブル”で、構成要素はV2Xテクノロジー(車車間および路車間通信)、車両全周に対するレーダーセンシング、進化したステレオカメラ、そこに高精度なGPSと地図情報を組み合わせる。

これら情報を統合的に制御することで、さまざまな場面で衝突を回避できるようになり、高速道路上における全車速での自動運転が可能になるほか、商業施設等での自動駐車も実現できるという。

さて、スバルは「ヴィジヴ」で披露したダウンサイジングターボエンジンを2016年以降すべてのモデルに投入する予定だが、その後はどのようなパワートレーン戦略を持っているのだろうか。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 和夫
筆者清水 和夫

1954年生まれ。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開し自動車国際産業論に精通する。一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

スバルの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバルの記事一覧 スバルのニュース一覧

自動車評論家コラムの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事