来年から始まる可能性大!任意保険の「自動ブレーキ割引」、割引率は性能差で決めるべき!

来年から始まる可能性大!任意保険の「自動ブレーキ割引」、割引率は性能差で決めるべき!
スバル レヴォーグ自動ブレーキテスト トヨタ 新世代自動ブレーキシステム作動イメージ トヨタ 新世代自動ブレーキシステム作動イメージ トヨタ レーザーレーダー&単眼カメラ ダイハツ 衝突警報機能(対歩行者) スバル レヴォーグ アイサイト Ver.3 JNCAP(自動車アセスメント)ダイハツ ムーヴ 自動ブレーキテスト結果 JNCAP(自動車アセスメント)レクサスIS 自動ブレーキテスト結果 JNCAP(自動車アセスメント)スバル レヴォーグ 自動ブレーキテスト結果 JNCAP(自動車アセスメント)トヨタ カローラ自動ブレーキテスト結果 画像ギャラリーはこちら

来年1月から任意保険の自動ブレーキ割引が始まる模様。

その際、話題になりそうなのは「良い自動ブレーキと良くない自動ブレーキ」の割引率の差になると思う。あまり話題に上がらないものの、自動ブレーキの性能差、驚くほど大きい。

JNCAP(自動車アセスメント)で行っている簡単な比較試験でも無視出来ないデータが出ているのだった。

参照:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_all.html

いくつかの試験を行っているけれど、基準になるのは「停止している車両を検知して急ブレーキで止まれる性能」である。この試験、検知/判断/制動という自動ブレーキの基本性能が出てしまう。性能が低いシステムだと高い速度域から停止することが出来ない。

JNCAP(自動車アセスメント)スバル レヴォーグ 自動ブレーキテスト結果JNCAP(自動車アセスメント)レクサスIS 自動ブレーキテスト結果

車種毎の評価データの『AEBS試験』に注目。左の数値が試験開始速度、50km/hとあれば停止している車両に50km/hノーブレーキで接近した時の状況。

もし『衝突時相対速度』が『0km/h』となっていれば、衝突せずに停止出来たということ。例に挙げたレヴォーグの場合、試験を行った車速全てで停止出来ている。

続いて『レクサスIS』の結果をみよう。これを見ると20km/h未満の試験は行っていない。行っても止まれないからだ。

ISのセンサーはミリ波レーダーなのだけれど、距離を正確測る性能が極めて低い。したがって20km/hに届かない速度域だと、衝突しようとしている車両との距離を測れない。

いや、20km/hで行った2回目の試験でもほとんど失敗しており、たった2km/hしか減速出来なかった。25km/h以上は全て正確に稼働しておらず、40km/hからの試験など36.7km/hで衝突してしまった。

「運が良ければ20km/hなら止まれるかも」という自動ブレーキを、レヴォーグの自動ブレーキと同じ割引率にすることなど、到底おかしい。

JNCAP(自動車アセスメント)ダイハツ ムーヴ 自動ブレーキテスト結果JNCAP(自動車アセスメント)トヨタ カローラ自動ブレーキテスト結果

また、同じタイプのセンサーを使っていても驚くほど性能差がある。ダイハツ・ムーヴカスタムと、トヨタ・カローラアクシオは、ライダー(赤外線レーザーの国際標準表記)+カメラを組み合わせたシステム。

なのにカローラアクシオが10~50km/hまで全て停止しているのに対し、ムーヴは10~25km/hでしか止まれず。

といった具合で自動ブレーキとひとくくりにするのが難しいくらい性能は違う。お正月休みにでもJNCAPの試験結果など御覧になって頂きたい。

アイサイト(Ver.3だけでなくVer.2でも十分だと感じるほど)の圧倒的な性能に驚くと思う。

[Text:国沢光宏]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる