好調スバル、新型インプレッサ発表もすでに3ヶ月待ち!年100万台もすでに圏内へ

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:オートックワン編集部/茂呂幸正
好調スバル、新型インプレッサ発表もすでに3ヶ月待ち!年100万台もすでに圏内へ
スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社 スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社 スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社 スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社 画像ギャラリーはこちら

“ようやく発表!?”そんな声が聞こえて来そうだ。

5代目インプレッサのコンセプトモデルはすでに、2015年の東京モーターショーで5ドアのコンセプトモデルを公開し、その後もセダン、XVと次々にその姿を見せてきた。市販版は今年の3月にニューヨークショーでベールを脱いだ。

そして、10月13日の今日、正式にここ日本で新型インプレッサがデビューとなったのだ。待望の新型インプレッサを首をなが~くして待っていたユーザーは、“ようやく…”と思うに違いない。

計画の2倍以上となる約6000台を受注

スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社
スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社

すでに9月1日から先行予約をスタートしており、計画の2倍以上となる約6000台を受注していると冒頭のスピーチで、富士重工業の吉永社長が発表した。この内の半数以上は他社からの乗り替えといい、幅広い層から次世代スバルの第一弾となる新型インプレッサの人気が窺えた。

新プラットフォーム“スバルグローバルプラットフォーム(SGP)”を採用し、危険回避性能と衝突安全性能を向上させると同時に乗員の快適な乗り心地まで実現したという新型インプレッサ。

吉永社長は「全店舗に展示車なども配車出来ておらず、実車を確認していない時期からこれだけ多くの方に、この新型インプレッサを選んでもらえたことに大変感謝している」と述べ、市場の反応に自信をみせた。

>>スバル 新型 インプレッサを写真でチェック(画像53枚)

スバルは真剣に交通事故ゼロを目指す

さらに「インプレッサの納期は現状ですでに2.5ヶ月~3ヶ月待ちの状態。北米の工場は今の年20万台生産体制から2倍となる年40万台体制が年内にもスタートできる状態となった。北米向けは基本現地生産とするので、新型インプレッサの国内への納期影響は今後出ないはず」と、他社が羨むほど世界的に生産が追いつかないスバル車の好調ぶりに笑みが溢れていた。

スバルは「安心と愉しさ」を提供するには、世界トップクラスの総合安全性能が不可欠と、「0次安全」「走行安全」「予防安全」「衝突安全」の引き上げを目指し、新型インプレッサには「アイサイトVer.3」とスバル初の「歩行者エアバッグ」を全車標準装備とし、真剣に交通事故ゼロを目指すというスバルスタンダードをカタチにした。

世界のクルマ市場が過渡期の今、スバルは新たなスタンダードとして「愛で選ぶクルマ」を掲げ、新型インプレッサで次世代スバルをスタートさせる。

スバル 新型 インプレッサ 発表会:恵比寿スバル本社

スバル 新型 インプレッサ/燃費

JC08モード燃費は、1.6i-L アイサイトが18.2km/L、2.0i-L アイサイトが17.0km/L、2.0i-S アイサイトが16.0km/Lとなる。(いずれも2WDの燃費)

スバル 新型 インプレッサ/価格(税込)

スバル 新型 インプレッサスポーツ/G4

・1.6i-L アイサイト(FF):192万2400円

・1.6i-L アイサイト(AWD):213万8400円

・2.0i-L アイサイト(FF):216万円

・2.0i-L アイサイト(AWD):237万6000円

・2.0i-S アイサイト(FF):237万6000円

・2.0i-S アイサイト(AWD):259万2000円

スバル 新型 インプレッサ/主要諸元

スバル 新型 インプレッサスポーツ/G4

・全長×全幅×全高(mm):インプレッサスポーツ 4460×1775×1480 /インプレッサG4 4625×1775×1455

・ホイールベース:2670(mm)

・エンジン型式/種類:FB20 水平対向4気筒2リッター DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴/FB16 水平対向4気筒1.6リッター DOHC 16バルブ デュアルAVCS

・最高出力[ネット]:2リッター 113kW(154PS) / 6000rpm/1.6リッター 85kW(115PS) / 6200rpm

・最大トルク[ネット]:2リッター 196Nm(20.0kgf・m) / 4000rpm/1.6リッター 148Nm(15.1kgf・m) / 3600rpm

・トランスミッション:リニアトロニック(フル電子制御自動無段変速機)

・駆動方式:2WD / AWD(常時全輪駆動)

・乗車定員:5名

>>スバル 新型 インプレッサを写真でチェック(画像53枚)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

スバル インプレッサスポーツの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサスポーツのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサスポーツの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサスポーツの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサスポーツのニュース一覧

スバル インプレッサG4の最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサG4のカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサG4の中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサG4の記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサG4のニュース一覧

新型車リリース速報の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事