人気のミドルサイズSUV「ハリアー」「フォレスター」「RAV4」を比較! 都市部で本当に使いやすいのはフォレスターだ

画像ギャラリーはこちら
今、世界的にブレイクしているSUV。その中でも日本の道路状況を鑑みて使いやすいのはコンパクト〜ミドルサイズのSUVではないだろうか。

今回は都市部でも人気の高いトヨタ ハリアー、トヨタ RAV4、スバル フォレスターの3台をボディサイズ、取り回しの良さ、視界といったポイントごとに比較し、都市部で使いやすいSUVを紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. SUVはセダンやワゴンに比べて運転しやすい!
  2. 都市部での走行で注目すべきは幅! 比較するとフォレスターが最も狭い
  3. 小回りではフォレスターが有利! 駐車は狭い道などでもスイスイ
  4. ボンネット左右の膨らみは車幅感覚が掴みやすくなる!
  5. 右左折時や後方視界では大きな違いはないが、総合的にはフォレスターが優位!

SUVはセダンやワゴンに比べて運転しやすい!

今、世界的にブレークしているミッドサイズSUVの国産車の代表格が、トヨタ ハリアー、トヨタ RAV4、スバル フォレスターなどだ。

最低地上高に余裕があり、先進的なAWDシステムが用意されていることから、アウトドアや悪路、雪道の走行に強いことは当然ながら、実際にはカッコ良く頼もしいキャラクターの乗用車(ファミリーカー)として使っている人も多いのではないだろうか。

そもそも、日本の観光地、キャンプサイト、アウトドアフィールドで、余裕ある最低地上高、タフなAWDシステムが求められるような場所はまずない。商売的に、本格SUV、クロスカントリーモデルでしか立ち入れないようでは、お客さんが限定され、成り立たないからだ。

むしろ、SUVはセダンやワゴンに対して高い着座位置のため、視界に優れ(見下ろし視界)、同じボディサイズのクルマでも、より運転のしやすさを実感しやすいメリットさえある。それはここで紹介する3台のミッドサイズSUVにも言えることである。

とはいえ、都市部での運転のしやすさという点で、3車がまるで同じなわけではない。それぞれのボディサイズ、小回り性や幅寄せ性に直結する最小回転半径、そして視界が決め手になる。

都市部での走行で注目すべきは幅! 比較するとフォレスターが最も狭い

まずは3車のボディサイズを比較してみよう。ハリアーは全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm。RAV4は全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mm。

フォレスターは全長4640mm×全幅1815mm×全高1715mmだ。

都市部での運転のしやすさにかかわるボディサイズでは、やはり全幅がポイントで、フォレスターの1815mmがリード。狭い道のすれ違い、駐車の場面では特に扱いやすさを実感できるはずである。

もっとも、RAV4とハリアーの1855mmも、決して幅が広すぎる部類ではない。比較すれば、RAV4のほうが、全長が短いぶん、優位性はあるかもしれない。

小回りではフォレスターが有利! 駐車は狭い道などでもスイスイ

次に、意外かも知れないが、運転のしやすさ、取り回しのしやすさの決め手になるのが、最小回転半径だ。

言い方を変えれば、小回りのしやすさで、Uターンはもちろん、駐車、狭い道の走行、さらにはスーパーマーケットなどの料金所での幅寄せにも、小回り性がいいと絶大な威力を発揮するものなのだ。

その点では、フォレスターの全車5.4mが優勢。ハリアーとRAV4は、タイヤサイズによって5.5(17/18インチ)~5.7m(19インチ)になる。まぁ、5.4mと5.5mの差は微小だが、5.4mと5.7mの違いはけっこう大きい。

当然、最小回転半径5.4mのクルマがギリギリUターンできる場所では、最小回転半径5.7mのクルマは切り返しが必要になったりするわけだ。

ボンネット左右の膨らみは車幅感覚が掴みやすくなる!

そうそう、本格SUV、オフローダー、クロスカントリーモデルの機能の一つに、極悪路、極狭路での視界確保、車幅感覚のつかみやすさがある。具体的には直感的に車幅を確認しやすくするために、ボンネット左右に膨らみ(突起)などの目印??がデザインされ、ドライバーの座る位置がドア側寄りであることだ。

ずいぶん前だが、レンジローバーの”ハンニバルトレイル”というイベントに参加し、ヨーロッパの山脈の尾根を延々と(恐々と!?)走り続けたことがある。

片側は山の斜面、片側は絶壁という、レンジローバー1台がギリギリ走れる道幅だったのだが、そのふたつの機能もあって(サイドモニターなどない時代。運転席の窓を開けて顔を出すとボディ側面直下が確認できる。

もちろん走破性も世界最上級だ)、無事、スイスからイタリア、そしてスイスに戻る”ハンニバルトレイル”を完走できた経験がある。

とはいえ、後者はあくまで本格派のためのいち機能だから、ここで取り上げた都会派として使うSUVの必須条件とはならないものの、ボンネット左右の膨らみ(突起)はあったほうが、都市部を含め、車幅感覚が掴みやすく、走りやすいことになる。

その点では、RAV4、フォレスターのボンネットにそうした膨らみ(突起)がある。

ハリアーはあくまで都会派クロスオーバーSUVだから、そうした機能、デザインより、滑らかな面を描く美しいボンネットラインを優先したのだろう。

位置が下すぎると話題のリヤウインカーの場所もまた、シャープな横一直線のリヤコンビランプのデザインを最優先した結果だから、納得もできようものだ。

右左折時や後方視界では大きな違いはないが、総合的にはフォレスターが優位!

それでは、歩行者や自転車の巻き込みの危険を伴いがちな右左折時の視界はどうか。この点については、全車、ドアミラーをドア付けし、三角窓もあるため、斜め前方視界に不満はない。SUVならではの高めの着座位置、視界もあるから、前方、斜め前方の視界は全車合格点である。

後方、斜め後方の視界については、ウインドー面積、Bピラーの太さの違いによって各車それぞれだが、少なくとも、バックカメラ、リヤモニター、クルマを空から見たようなアラウンドビューモニターなどを装備していれば、バック時の視界、安全に困ることはない。

結論的には、ボディの形状が比較的ボクシー(箱型=車両感覚がつかみやすい形状)で、全幅がもっとも狭く、なおかつ運転席のヒップポイント地上高が約680mm(先代より36mm高い。RAV4約695mm、ハリアー約700mm)とSUVらしく高めで、最小回転半径がタイヤサイズを問わず全車5.4mと、もっとも小回りが効くフォレスターが、都市部の使い勝手でやや優位ということになるだろうか。

【筆者:青山尚暉】

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
29.8万円367.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる