チャイルドシート初心者は要確認! 絶対押さえておきたい安全性のチェックポイントとは?

  • 筆者: MOTA編集部
小さな子どもを車に安全に乗せるため、装着が義務付けられているチャイルドシート。しかし、対象年齢や回転タイプなどの種類、取り付け方法などたくさんあって迷ってしまいます。そこでこの記事では、おすすめのチャイルドシートや選び方などをご紹介していきます!
目次[開く][閉じる]
  1. チャイルドシートの安全性、Eマークと国土交通省テストをチェック!
  2. 最大11年のロングユース! おすすめチャイルドシート
  3. まとめ

チャイルドシートの安全性、Eマークと国土交通省テストをチェック!

チャイルドシート選びで大切なことは、何といっても安全性。日常で使うものですから寝心地や使い勝手も大事ですが、そもそも大事なお子さんの命を守るために使用するため、安全性が高くなければ意味がありません。

そこで確認したいのが「Eマーク」。これは欧州と同様の厳しい基準をクリアした印で、国土交通省の安全基準として2012年7月から表示が義務付けられています。これは国際基準ですので、基本的に海外メーカーの製品であっても「E」がマルで囲まれている表示があります(アメリカの一部適合マークを除く)。もしもなければ未認証の可能性もありますので、確認した方が安心です。

また別の安全性確認方法として、国土交通省のチャイルドシートアセスメントでの評価というものがあります。前面衝突試験と使用性評価試験があり、公式ページで結果を見ることができますので、あわせて確認すると安心ですね。

最大11年のロングユース! おすすめチャイルドシート

ドイツの有名ブランド!

サイベックス パラスエムフィックスは生後9ヶ月から12才まで長く使えるべビー~ジュニアの兼用タイプで、ヨーロッパでの権威ある安全テストもクリアしているチャイルドシートです。

お子さんの成長に合わせ12段階の調節ができ、側面の衝撃にも強い作りになっています。また取り付け方法はISOFIXとシートベルト固定タイプの両方に対応しており、どの車種でも安心。価格は32,340円となっています。

サイベックスはドイツの有名メーカーで、安全性や機能性はもちろん、デザインにもこだわっているのが特徴。飽きの来ないデザインで、かつシートは自宅で洗濯も出来るので、ロングユースも安心ですよ。

cybex(サイベックス)パラスエムフィックス ISOFIX・シートベルト固定両対応
メーカー名cybex(サイベックス)
商品名パラスエムフィックス ISOFIX・シートベルト固定両対応
本体重量5.8kg
対象年齢9ヶ月~12歳
固定方式ISOFIX/シートベルト
Amazon販売価格(2020年11月19日時点)32,340
楽天販売価格(2020年11月19日時点)32,340

▼さらにお出掛けが楽しくなるおすすめアイテムはコチラ!▼

長距離移動や渋滞など、チャイルドシートに座らされたお子さんが飽きてしまいご機嫌斜め…。なんてお困りの親御さんも多いのではないでしょうか?そんな時、簡単に固定できるタブレットホルダーを使えば、長時間の移動でも飽きることなく過ごすことができますよ。

OHLPRO 車後部座席用 タブレットホルダー
メーカー名OHLPRO
商品名車後部座席用 タブレットホルダー
対応サイズ7~13インチ
本体重量330g
Amazon販売価格(2020年11月19日時点)1,386
楽天販売価格(2020年11月19日時点)2,676

まとめ

いかがでしたか? 自分で自分の身を守れない小さなお子さんの車内での安全は、大人が確保してあげなければいけません。製品のうたい文句だけでなく、Eマークやチャイルドシートアセスメントの結果も参考にして選ぶのがおすすめですよ。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる