トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」が2022年中にもフルモデルチェンジ!? ライバルのホンダ フリードに再びガチの対決を挑む!

画像ギャラリーはこちら
トヨタ最小の3列シートミニバン「シエンタ」。扱いやすいコンパクトサイズで低価格とあって、若いファミリー層を中心に支持を集めるモデルだ。しかし2015年のデビューから既に6年が経過し、SNSなどでは次期モデルへのフルモデルチェンジを待望する声も散見されるようになった。2022年末から2023年にかけて登場が噂される新型シエンタについて予想してみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 2022年1月デビューの新型ノア/ヴォクシーに続け! 次はトヨタ最小ミニバン「シエンタ」のフルモデルチェンジだ
  2. 3代目シエンタは最新TNGAプラットフォームを採用し、より高効率なパッケージングに生まれ変わる
  3. フルモデルチェンジは2022年中から2023年上期にかけてか!? 現行型同様の良質廉価な路線に期待大!

2022年1月デビューの新型ノア/ヴォクシーに続け! 次はトヨタ最小ミニバン「シエンタ」のフルモデルチェンジだ

コンパクトミニバンの「トヨタ シエンタ」は、2代目となる現行型が2015年7月にデビュー。コンパクトハイブリッドカーの初代「アクア」用小型車プラットフォームをベースに、後席左右のスライドドアを採用した使い勝手の良いモデルだ。

全長4.7メートル級の兄貴分の「ノア」「ヴォクシー」に対し、シエンタは全長4.3メートル弱に抑え、都市部でも扱いやすいサイズが特徴。背の高さも、ノア/ヴォクシーの全高1.8メートルに対し、シエンタは1.6メートル級で程良い大きさだ。

次期シエンタもこうした特徴はそのままに、フルモデルチェンジに向けた開発が急ピッチで進んでいる模様だ。

3代目シエンタは最新TNGAプラットフォームを採用し、より高効率なパッケージングに生まれ変わる

フルモデルチェンジする3代目の新型シエンタも、2代目アクアなどをベースに誕生する見込み。コンパクトモデル用のTNGA GA-Bプラットフォームは、開発段階からコンパクトカーのみならずSUVやミニバンなどへの派生要件を取り入れた設計。現行型シエンタに比べ、よりフラットな床面や、広い2列・3列目空間が確保されている模様だ。

2021年現在、シエンタはより広い室内空間を確保するライバルのホンダ フリードに対し、販売面でやや苦戦を強いられている。こうした状況を打破するべく、新型シエンタでは、より高効率なパッケージングを採用する。スタイリングも、現行型のシャープでスポーティなデザインから、よりスクエアで、見た目にも室内の広さが実感できそうなフォルムに生まれ変わるという。

ハイブリッドモデルにはバイポーラ型ニッケル水素電池を採用

1.5リッターガソリンエンジンとハイブリッドというパワートレインのラインナップは現行型同様だが、その中身は一新。

特にハイブリッドモデルは、2代目アクアで初採用された高出力なバイポーラ型ニッケル水素電池を採用することで、低燃費性能をさらに向上。バッテリーのみで走行出来るEVモードの航続可能距離も大幅に拡大させる。

先進運転支援機能も最新のトヨタセーフティセンスを搭載し、アップデート。予防安全性能も大幅にアップされるだろう。

フルモデルチェンジは2022年中から2023年上期にかけてか!? 現行型同様の良質廉価な路線に期待大!

トヨタ 新型シエンタのフルモデルチェンジ時期はまだはっきりしていないが、MOTA編集部で得た情報を総合すると、早ければ2022年中、遅くとも2023年上期にもその姿を現すと予想する。

180万円台から250万円台という現行型のリーズナブルな価格帯は極力維持しながら、良質で廉価なモデルとなって現れるはずだ。

2021年12月段階でわかっていることはまだまだ断片的だが、今後新型シエンタの最新の情報を入手次第、本記事も更新していく予定だ。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/シエンタ
トヨタ シエンタカタログを見る
新車価格:
181.9万円258万円
中古価格:
12.8万円284.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ シエンタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ シエンタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ シエンタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ シエンタの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ シエンタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる