スバル 新型レヴォーグ 2022年モデルに高出力バージョン新搭載か! 300馬力超えが期待される2.4リッター ボクサーターボ、日本初導入へ

画像ギャラリーはこちら
スバル車はどのモデルも、毎年着実に年次改良を積み重ねることで、絶え間なく進化を遂げているのが特徴だ。2020年10月にフルモデルチェンジし、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、内外から高い評価を得た新型レヴォーグもその例外ではないようだ。デビューから1年が経過したレヴォーグに、早くも高性能版の2.4リッターターボエンジン仕様が追加されるという。2021年中にも姿を現す見込みの新型レヴォーグ2022年モデルについて、徹底予想する!
目次[開く][閉じる]
  1. レガシィの伝統を受け継いだスポーツワゴン「スバル レヴォーグ」は2020年10月にフルモデルチェンジしたばかり
  2. デビューから1年、初の年次改良で早くも高性能版2.4リッターターボを追加か
  3. 日本仕様は1.8リッター版に対し、内外装の装飾などで差別化を図ってくる可能性が高い

レガシィの伝統を受け継いだスポーツワゴン「スバル レヴォーグ」は2020年10月にフルモデルチェンジしたばかり

スバル レヴォーグは、1989年に登場するや大ヒット作となった、かつての「レガシィツーリングワゴン」シリーズの伝統を受け継ぐスポーツワゴンモデルである。ターボチャージャーを採用する高性能な水平対向(ボクサー)エンジンと4WDシステムを組み合わせ、高い動力性能を特徴とする。

2014年に初代モデルが登場。2020年10月にフルモデルチェンジを果たし、現在の2代目モデルへとバトンタッチしたばかりだ。

デビューから1年、初の年次改良で早くも高性能版2.4リッターターボを追加か

初代レヴォーグでは、高性能版2リッターターボと、普及版1.6リッターターボの2種類のエンジンラインナップが用意されていた。しかし現行型では1.8リッターターボエンジン1本に統合された格好でデビューを果たしている。しかしスバリストと呼ばれる熱心なスバルファンの間では「追って高性能版が登場するらしい」との噂が、デビュー当初からささやかれていた。当初はあくまでも噂レベルだったが、早くもその夢が実現しそうである。

実は日本に先駆け、オーストラリアのスバルが、新型レヴォーグに2.4リッターターボを搭載することを先行発表したのだ。

日本仕様は1.8リッター版に対し、内外装の装飾などで差別化を図ってくる可能性が高い

オーストラリアでは、高性能な新型スポーツセダン「WRX」2022年モデルのティザー(発売先行予告)サイトがオープンしている。そこで新型WRXと一緒に掲載されている「WRXスポーツワゴン」は、日本でもお馴染みの新型レヴォーグそのものだ。しかし、ただのレヴォーグではなかった。なんと、WRXセダンと同じ2.4リッターターボエンジンを搭載すると紹介されているのだ。

性能などについてはオーストラリアでもいまのところ非公開だが、300馬力を誇った先代レヴォーグの2リッターターボを超える高性能ぶりに期待が高まるところである。

本来なら東京モーターショー2021会場でお披露目だった!? 高性能版レヴォーグが待ち遠しい!

本来なら、2021年秋に開催予定だった東京モーターショー2021で華々しく国内初デビューを果たすはずだった高性能版レヴォーグ。

オーストラリア仕様を写真で見る限り、日本で売られる1.8リッター版と外観上の大きな差異はなさそうだ。しかし日本仕様では、1.8リッター版との差別化の意味でも、エンブレムや装飾で違いをつけてくるだろう。

スバルからの正式発表はまだないが、早ければ年内にもお披露目される見込みの日本版新型レヴォーグ2022年モデル。1日も早い公開を今から楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:SUBARU・堤 晋一]

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
80.8万円483.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる