ポルシェパナメーラ 4Eハイブリッドに試乗|矛盾をも超越する大人の4ドアスポーツ(1/2)

  • 筆者: 飯田 裕子
  • カメラマン:茂呂 幸正/和田 清志

ポルシェの次世代ハイブリッドシステムを備えたスポーツセダン

「セダンでありながら高いスポーツ性を愉しめる=矛盾の超越こそがパナメーラの存在理由」。これはポルシェ パナメーラの開発統括を行ったDr.グルノート・デルナー氏のコメントの引用であるのだけれど、“矛盾の超越”という言葉にこれほど興味と魅力を抱くモデルはないかもしれない。

2016年に2代目が登場したパナメーラ。昨年はガソリンモデルの発表に続き、まったく新しいシステムを搭載するハイブリッドモデル=プラグインハイブリッドが、そして東京モーターショーで注目を集め今年日本でもデリバリー開始予定の新型スポーツツーリスモと、パナメーラのモデルラインナップは動力のみならず“カタチ”のバリエーションも増え、徐々に新型のデリバリーが進んでいる。

ポルシェパナメーラ4E ハイブリッドの写真を詳しく見る【画像43枚】

キープコンセプトだが、より”ポルシェらしさ”を増したエクステリアデザイン

新世代のポルシェのデザインDNAが注ぎ込まれたというエクステリアデザイン。例えば、流麗なシルエット、楕円形に絞り込まれたウインドウのシェイプ、サイドウインドウからリアに向かって傾斜するルーフライン、パナメーラとしてはシャープなリアエンドのシルエットも新型の個性であり、そこにテールライトや“PORCHE”のエンブレムを水平に配置したリヤビューはまさに”今のポルシェ“ルックそのもの。

ちなみにエンブレム下の車名、サイドミラー下のe-hybridのロゴ、ブレーキキャリパー、室内メーターパネルの針がアシッドグリーン色であるのはハイブリッドモデルの特徴。新型パナメーラにはフロントフェンダー後方の縦型のエアアウトレットも採用されている。

一方、ディスプレイの多様化が進んだコクピットを中心に質感を高めたインテリアにも、ポルシェの新しい世界観を感じることができる。適度なゆったり感を抱けるリヤシートに座っていたらポルシェであることを忘れそうなほどだ。

運転席に座ると、液晶ディスプレイを採用する新世代のポルシェ・アドバンスドコクピットを間近に、その視界にはセンターコンソールの様々な情報や機能をインフォテイメントにまとめた12インチのディスプレイ、さらに少し目線を下げれば手元の小さなシフトレバーが鎮座するエアコン調整なども行うタッチスクリーンがある。

ブラック&フラットなスクリーンとメタル、レザーのコンビネーションがつくる雰囲気はやっぱりポルシェらしいのだけど、とっても新しく感じる仕上がり。そんななかで特筆しておきたいのは、ポルシェ・アドバンスドコクピットのいわゆるメーターパネル。その表示内容(計器類、ハイブリッド車にはエネルギーフロー、ストップウオッチなど)はステアリングホイール上のスイッチ類で選ぶことができるのだけれど、実はその中央にアナログ式のレブカウンターが配置されている。こういうこだわりがポルシェらしく、パナメーラがスポーツカーであることを静かに主張しているように映ったのだ。

ポルシェ第三世代となるプラグインハイブリッドシステムを搭載

パナメーラのスタンダードな発進はモーター走行となる。もしもわずかなシステム音とタイヤが路面を捉え走る手応えのなかに、アルデンテに茹でられたパスタのような硬質感が伴わなければ、ポルシェ パナメーラのハンドルを握っていることを忘れてしまいそうなくらいだ。

電気モーターによる走行が可能になった新型パナメーラ4Eハイブリッドに搭載されるこのシステムは、ポルシェとしては第3世代のハイブリッドシステム。これまでと大きく違うのはプラグインハイブリッドであるということであり、それは単純にポルシェがゼロエミッションを目指すだけでなく、パフォーマンス向上に繋げる性能開発にこだわっているということになる。

そのコンセプトを遡れば、ニュルブルクリンク最速のロードカー 918スパイダー(カレラGTの後継で2013年に登場したプラグインハイブリッド4WD)の思想を受け継いでおり、さらに世界耐久選手権(WEC)に参戦していたLMP1のハイブリッドマシンで培われた技術がこの新型パナメーラに活かされているそうだ。

ポルシェ/パナメーラ
ポルシェ パナメーラカタログを見る
新車価格:
1,183.5万円3,100.4万円
中古価格:
295.6万円2,400万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ポルシェ パナメーラの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ パナメーラのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ パナメーラの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ パナメーラの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ パナメーラのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事