オペル アストラカブリオレ 試乗レポート

  • 筆者: 西沢 ひろみ
  • カメラマン:原田淳
オペル アストラカブリオレ 試乗レポート
リアスタイリング ソフトトップ収納時 インパネ トランクルーム 画像ギャラリーはこちら

オペルのスポーツプレミアムイメージを強化するイメージリーダーカーとして上陸した。

リアスタイリングソフトトップ収納時

暖かい日差しが心地いいこの季節にピッタリの4シーターオープンが上陸した。3代目にあたる、オペルのアストラカブリオだ。昨年夏に導入したアストラクーペとともに、オペルブランドのイメージリーダーを担う。

デザインは、初代、2代目と同じように、イタリアの名門カロッツェリア・ベルトーネ社との共同開発。純血のドイツ製やフランス製のライバル車に対して、ドイツとイタリアのコラボレーションモデルである。言い換えると、ドイツ車のスポーティなポテンシャルとカブリオレとしてのエレガントさをイタリアンテイストで包み込んだというわけだ。ボディカラーは黒、青、黄色、赤、シルバーの5色。これにブラック/レッドの本革シート、ブラック/ブルーのソフトトップが組み合わせられる。

全自動ソフトトップの開閉時間はわずか30秒。風の巻き込みも最小限に抑えられている。

インパネトランクルーム

最大の自慢はセンターコンソールのスイッチだけでなく、車外からリモコンでも開閉できる、メルセデスやBMWと同じ全自動のソフトトップだ。ちなみにプジョー206CCのソフトトップは開閉時間こそ20秒だけど、ルーフとフロントガラスの固定が手動のレバー式になる。風の巻き込みは、ウインドディフレクターをフロントシートの後に立てれば80km/hでも髪が頬にまとわりつくことはない。気持ちのいいオープン・エア・モータリングが満喫できる。リアシートを使うときには、ウインドディフレクターをはずす必要があるが、トランクルームにきっちり収納できるのがうれしい。

室内は本革シートが高級感を演出。アルミリング付のホワイトメーターもスポーティムードを盛り上げている。だが日本人の体型にシートが馴染まず、最適なドライビングポジションをとりづらい。本革巻ステアリンングの縫い目もチクチク刺さるのは気になるところだ。後席はヘッドレストがロールバーの役目を担い、十分大きい背もたれと足入れ性がいいおかげで、大人が座れる空間を確保している。

スポーツバージョンのセッティングは、光と風を楽しむカブリオに似合わない。

フロントシートリアシート

4速ATとのコンビではオペル最強となる2.2L 4気筒DOHCエコテックエンジンは、108kw/203N・mのスペックから予想する通りの俊敏な加速感を見せる。揺れ剛性を40%高めたボディ補強に伴う100kgの重量増などまるで気にならないパワフルぶりだ。低速域のトルクも1900rpmで最大トルクの90%を発生するだけあって、扱いやすさが十分に感じられる。

足回りはクーペよりもセダンに近い味付けだが、想像以上にサスが引き締められているのか、コツコツとした振動がステアリングを握る手に伝わってくる。フットワークもリアが早く動きすぎるせいで、安定感が薄く感じてしまう。重めのパワステを含め、もう少し気軽に乗れるセッティングが望まれる。

ドイツでのカブリオはファーストカーの位置付けだが、国内ではあくまでもセカンドカーであり、スポーティな走りとも結びつかない。もっとカジュアルな光と風を存分に楽しむ爽快感を前面に出した方が受け入れられた気がする。

目指したのはコンパクトプレミアム路線だが、ウリはリーズナブルな価格と充実装備。

試乗シフト

輸入車のカブリオ&コンバーチブルは意外に車種が多い。最も人気があるのはゴルフのカブリオで年間500台を販売している。当然、アストラカブリオもこの激戦区への参入となる。

だが、国内におけるカブリオは優雅にクルージングするクルマのイメージ。ゴルフにしてもプジョーにしてもこの路線を踏襲しているが、アストラカブリオは完全なスポーツバージョンの仕上がり。明確な差別化は図られているが、違和感を伴うのも事実だろう。

魅力はリーズナブルな価格設定だ。アストラカブリオは、全自動のソフトトップに本革シート、シートヒーターなどが標準装備で339万円。ゴルフやプジョーに比べてかなりお買い得であることは間違いない。果たして、桜が舞う日本列島を何台のアストラカブリオが走るだろうか。

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者西沢 ひろみ
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

オペル アストラカブリオの最新自動車ニュース/記事

オペルのカタログ情報 オペル アストラカブリオのカタログ情報 オペルの中古車検索 オペル アストラカブリオの中古車検索 オペルの記事一覧 オペル アストラカブリオの記事一覧 オペルのニュース一覧 オペル アストラカブリオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる