autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 日産 新型エクストレイルに自動運転技術搭載で、より魅力的なSUVに進化!

新型車リリース速報 2017/6/8 20:40

日産 新型エクストレイルに自動運転技術搭載で、より魅力的なSUVに進化!

日産 新型エクストレイルに自動運転技術搭載で、より魅力的なSUVに進化!

日産 エクストレイルにプロパイロット搭載!

日産はエクストレイルをマイナーチェンジし、セレナに初搭載して好評を博している自動運転技術「プロパイロット」を、日産SUVとして初採用した

2000年に登場した初代エクストレイル(T30)は、スクエアなデザインと悪路走破性が魅力のSUVとして、同カテゴリーをけん引する人気車種となったが、2013年12月のフルモデルチェンジ(3代目 T32)で丸みを帯びたデザインに一新。さらに世界初のシャシー制御技術やエマージェンシーブレーキなどの最新技術を投入し、新しいエクストレイルのイメージを植えつけた。

その後、ハイブリッドモデルを追加して燃費性能の向上を図り、今回のマイナーチェンジでは、セレナで好評の自動運転技術「プロパイロット」を搭載してさらなる進化を遂げた。

>>日産 新型エクストレイルの写真を見る

日産 新型エクストレイル

昨今、各メーカーがこぞって開発を進めている自動運転技術だが、日産のプロパイロットは高速道路でアクセル・ブレーキ・ステアリング操作を自動で制御するというもので、セレナと同様に、設定した車速(約30km/h~100km/h)で車間距離を保って走行することができる。

エクストレイルはそれまでも、エマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターなどの先進技術を搭載していたが、例えばアウトドアに出掛けた帰りに高速道路が渋滞しても、自動運転技術のプロパイロットを作動させることで、これまで以上に快適に移動することができるようになった。

バックドアは足を抜き差しすることで自動開閉

日産 新型エクストレイル
日産 新型エクストレイル

新型エクストレイルには、プロパイロットのほかにもハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」や後方を横切る車両を検知する「後退時車両検知警報」などの新技術が採用された(オプション設定)。

また、バックドアの自動開閉機能が変更され、それまでは手をかざすと開閉するというものだったが、今回のマイナーチェンジで足を抜き差しするだけでバックドアが開閉できる「リモコンオートバックドア」も採用し、装備面での魅力も増した。

デザインにも細かな変更が加えられており、中でも目を引くのはフロントデザインの変更だ。より大きくなったVモーショングリルでタフなイメージを強調するとともに、ヘッドランプ周辺をよりシャープなデザインにすることで、ダイナミックなイメージに変更。

ボディカラーは、プレミアムコロナオレンジやガーネットレッドなどの新色6色を含む全12色を設定。ちょっとしたスリキズやひっかきキズであれば徐々に元通りに復元する「スクラッチシールド」は全色が対応しているのでアウトドアでもガンガン使えるのがうれしい。

ブラック基調で落ち着いた雰囲気のインテリアは、インパネの形状が変更された。また、セレナやノートなどにも取り入れられているDシェイプのステアリングホイールを採用し、より上質な室内空間を実現した。

モード・プレミアとエクストリーマーXの2つのカスタムモデルを用意

日産 新型エクストレイル モード・プレミア
日産 新型エクストレイル エクストリーマーX

新型エクストレイルでも日産のカスタムカーを手掛けるオーテックジャパンから、異なる仕様の2モデルをラインナップ。

エクストレイルで唯一白い本革シートを備えたプレミアムな「モード・プレミア」とブラック基調の専用エクステリアパーツを備えた「エクストリーマーX」だ。

さらに、助手席が電動で回転・昇降する「助手席スライドアップシート」も設定。こちらは7月上旬の発売となるが、誰でも新型エクストレイルで快適に移動ができるよう、福祉車両もしっかり用意されている。

なお、これらのオーテック仕様車でももちろんプロパイロットは設定されている。

NISMOパフォーマンスパッケージは赤いラインやマフラーでよりスポーティに

日産 新型エクストレイル NISMOパフォーマンスパッケージ

発表会の会場にはニスモパーツを装着した「NISMOパフォーマンスパッケージ」の展示もされていた。

ニスモ仕様車の証である赤いラインがボディにあしらわれるとともに、二本出しマフラーや専用のアルミホイールを装着したスポーティなスタイリングが特徴だ。

俳優の渡部豪太さんがスペシャルゲストで登場!いち早くプロパイロットを体験!

俳優の渡部豪太さん
リモコンオートバックドアを試す渡部豪太さん

横浜にある日産ギャラリーで行われた発表会では、俳優の渡部豪太さんがスペシャルゲストで登場した。

無骨なクルマが好きという渡部さんだが、「エクストレイルは男性が乗るとすごくかっこいいと思うのですが、女性がこのクルマから降りてきてもかっこいいと思います。あと、ボディカラーのオレンジもすごくかわいいです。街で目を引くし、山でも海でもどこを走ってもいいですね」とコメントし、新型エクストレイルは好印象だったようだ。

そんな渡部さんは、リモートオートバックドアの機能を会場で体験。何度か失敗してしまったものの、足でテールゲートを開けることに成功。プロ並みのスケートボードの腕を持つ渡部さんだが、「この機能があれば、スケートボードを地面に一旦置かなくてもバックドアが開けられるので便利ですね」と感想を述べた。

また、プロパイロットを高速道路でいち早く体験したということで、アクセルから足を離していても、ステアリングに手を添えているだけで前車に追従走行する機能には非常に感動していた。

「ステアリングに指を触れているだけで車線の真ん中を走るように制御してくれるので、すごくスムーズでした。あまりに心地が良くて助手席でウトウトしてしまったのですが、それだけ安心感があったということだと思います」と新型エクストレイルにご満悦の様子だった。

セレナやノートで販売好調な日産の次なる新技術に期待

日産自動車 専務執行役員 星野朝子氏
俳優の渡部豪太さんと日産自動車 専務執行役員 星野朝子氏

発表会に登壇した日産自動車 専務執行役員 星野朝子氏は、「日産インテリジェントモビリティは車の知能化により、さらに安全で意のままにドライビングを可能にし、よりわくわくするドライビングに進化させていきます。高速道路などにおいてアクセル・ブレーキ・ステアリングのすべてを自動的に制御し、渋滞走行や長時間の走行で感じるストレスを大幅に削減することができるこのプロパイロットは、まさに日産インテリジェントモビリティを具現化した技術です。エクストレイルは、日産として自動ブレーキを最初に搭載したモデルで、その後自動ブレーキを幅広い車種に搭載してきました。今年の3月には自動ブレーキ搭載車が100万台の販売を突破しました。これからも安全機能を搭載した車をどんどん広げていきたいと思っています」とコメントした。

日産が2016年夏に発売した新型セレナはプロパイロット搭載車の第一弾として、好調な売れ行きを続けている。また、電気自動車リーフの技術を応用した新しいパワートレイン「e-POWER」を搭載した新型ノートは、発売から7か月で10万台を突破するなど、日産として近年まれに見る快挙を遂げている。

今後も、プロパイロットやe-POWERを様々な車種に展開していくものと思われ、次はどの車種に搭載されるのか楽しみだ。

また、電気自動車のリーフも秋以降にフルモデルチェンジする予定だが、この新型リーフにどのような新技術が搭載されるのか、期待して待ちたいと思う。

[ TEXT&PHOTO:オートックワン編集部]

日産 エクストレイル の関連編集記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連編集記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!