日産 スカイライン 3.7Lエンジン-7速AT 試乗レポート(2/4)

日産 スカイライン 3.7Lエンジン-7速AT 試乗レポート
フロントスタイリング リアスタイリング サイドビュー フロントビュー 画像ギャラリーはこちら

新開発の3.7Lエンジン+7速AT搭載

マフラー

従来のVQ35HRに対し35%の部品を新規開発したというVQ37VHRユニットは、左右完全対称吸排気システムはもとより、アクセル開度に応じて吸気バルブの作動角とリフト量を連続的に変化させるVVELを採用。ハイレスポンス、高出力、低燃費、クリーンな排出ガスを謳う。

すでにクーペでも賞味済みだが、その実力はなかなかのものだ。3,000回転以下の頻繁に使う領域が非常にトルクフルで、ピックアップも鋭い。従来のように出足がオーバーゲイン気味でギクシャクしないところもよい。中~高回転域では、分厚いトルクに伸びやかなパワー感が上乗せされる。回すほどにパンチを増しながら、レッドゾーンの7,500rpmまで一気に吹け上がっていく。まさに全域パワーバンドで、もっと排気量の大きなエンジンのような印象すらあるのだ。

7速化されたATは、ギア比の細分化による適正化とともに、新たにロックアップの手前にマイルドにつなぐ制御を加え、ロック領域の拡大とドライバビリティの向上を図ったとのこと。これが燃費向上にも少なからず貢献しているはずだし、走りのダイレクト感にもつながっている。

マニュアルシフトでは、シンクロレブコントロールが的確なブリッピング(=空ぶかし)を行なうことで、シフトダウン時も不快なショックを起こさず次のギアへと移っていく。変速レスポンスをあえて少し落とし、あくまでセダンに相応しくジェントルに味付けしたことがうかがえる仕上がり。スポーティかつイージーに走りたいときには、「DSモード」を選べばよい。

サイドビューフロントビューリアビューフロントシートメーター
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる