日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か(2/2)

日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か
日産IDSコンセプト 日産IDSコンセプト 日産IDSコンセプト 日産IDSコンセプト 画像ギャラリーはこちら

道半ばで終わる現行リーフと、新型リーフでの横展開への期待

日産リーフ × 神谷えりな

新型リーフが発売される2017年末は、現行リーフ発売から数えて7年目となる。

時計の針を戻せば、初代リーフが登場する少し前の2009年、筆者は世界各国でリーフ開発に向けた現場にいた。

2009年5月、ノルウェーのスタバンゲル市で開催された、EVの国際シンポジウム「EVS24」で、欧州日産の幹部がプレゼンの中で「量産型EVは5ドアセダンになる」と初めて明かした。

その後、日産の追浜テストコースや、アメリカのテネシー州内の北米日産施設で、キューブをベースとしたEVと、ティーダをベースとしたEVに試乗した。これらは、初代リーフ開発に向けた実験車両だった。

そして、初代リーフが登場した際、デザイン部門の統括責任者の中村史郎氏は「リーフを中核として、バンやスポーツカーなど様々なEVを順に量産する」と明言した。だが、日産の予想と時代の流れはマッチせず、リーフの販売台数は伸び悩んだため、商用車NV200のEVバージョンが出たのみで、2ドアスポーツカー構想はお蔵入りした。

それでも、現行リーフは累計25万台を販売しており、大手自動車メーカーとして初めて大量生産したEVとして歴史に名を残したのだと思う。

その上で、新型リーフについては、現行が目指したEVの世界スタンダードという命題を引き継ぎながら、今度こそ日産EVファミリーの拡充を積極的に進めて欲しい。

>>日産 新型リーフのコンセプトと言われるIDSコンセプトを写真でみる(画像41枚)

日産インテリジェントモビリティ構想

日産ゴーン会長

また当然ながら、日産の傘下となった三菱自動車においても、i-MiEV戦略の大幅な見直しの中で、日産が供給するモーター、インバーター、リチウムイオン二次電池などを活用した、軽自動車や超小型モビリティなどを含む、三菱EVファミリーの展開に期待がかかる。

日産は今年1月、ラスベガスで開催された家電とITの世界最大級イベント『CES2017』で、“日産インテリジェントモビリティ”構想を発表している。そこでは、自動運転(AV)、コネクテッド(CV)、そして電気自動車(EV)の3領域がクロスオーバーする。

その中央に位置するのが、新型リーフだ。どのようなボディデザインと、どのような装備を纏うのか?今年9月のドイツ・フランクフルトモーターショーが、今からとても待ち遠しい。

[Text:桃田健史]

前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる