初代モデル「GS1」をリデザインしたホイール「GNOSIS GSR1」発売/WORK

画像ギャラリーはこちら
大阪府に本社を置く自動車用ホイールメーカー「WORK(ワーク)」より、GNOSISシリーズの初代モデル「GS1」をリデザインした新作ホイール「GNOSIS GSR1(グノーシス・ジーエスアールワン)」が登場した。価格は8万6000円(税別)から。

輸入車をターゲットとしたシンプルな中にも細部に凝ったホイール

WORK(ワーク)は、日本国内において3本の指に入るホイールメーカー。乗用車用ホイールから競技車両用ホイールまで幅広いラインアップを揃えており、デザイン・性能・品質共に世界トップレベルである。

そんなWORKの誇るハイエンドモデル「GNOSIS(グノーシス)」は、輸入車をターゲットに作ったブランドで、ベンツ、BMW、アウディの欧州系ミドルクラスがターゲットだ。標準仕様で欧州車に対応できるP.C.D.112や120サイズを用意している。

そのGNOSISブランドより新たに登場した「GNOSIS GSR1」は、GNOSISシリーズの初代モデル「GS1」をベースに、さらに適合車種を増やしてリデザインした。シンプルな中にも、細部に凝ったデザインを採用したことで、より洗練されたホイールとなっている。

アメ鍛ホイールのようなデザインと仕上がり

新設計されたピアス座面の部位は山型断面形状。外周部はより立体的に設計されており、ピアス数を少なくしたことで、シンプルに見せつつも特徴的な外周部にしている。

また、直線を基調としたピン角感がビレット風ディスクをより彷彿させ、アメ鍛ホイールのような仕上がりとなっている。

ストレートコンケイブに加え、スポークエンドの先端にはアンダーカットを入れたことで、軽快感を生み出すことができ、バフアルマイトリムに写り込むその姿はより複雑なデザインを演出している。

PCD周りは繊細なデザインを施すことにより、“柔”と“剛”を併せ持つホイールに。

ナットホール外周部にもこだわりの六角形の造形で一切の丸みを無くし、デザイン全体の調和を図っている。

小径60φのセンターキャップを標準装備。よりシンプルにセンターパートがすっきりと見え、ナットホール開口部のデザインを主張している。

商品詳細

商品名:GNOSIS GSR1(グノーシス・ジーエスアールワン)

価格:8万6000円(税別)~

カラー:ブラッシュド/ブラック アウトサイドポリッシュ/マットシルバー/コンポジットバフブラッシュド(オプション)/バフフィニッシュ(オプション)

オプションセンターキャップ:4種類

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる