ただカッコいいだけじゃない! 日産の災害支援車がメチャクチャ頼もしい理由とは

画像ギャラリーはこちら

まるでウルトラマンを支援するウルトラ警備隊のようなコンセプトカー「日産 RE-LEAF(リ・リーフ)」が発表された。高い機動力を想起させるワイルドな姿に「これ、ホントにリーフ!?」と思わず二度見してしまうほど。しかしRE-LEAFの詳細を知ると、見た目だけじゃない真の格好良さが浮き彫りになってきた。

目次[開く][閉じる]
  1. リーフの大容量バッテリーを活かし被災地を支援
  2. 一般家庭約4日分の電力を賄えるリーフのすごい能力!
  3. コンセプトにとどまらず「RE-LEAF」の実用化に期待

リーフの大容量バッテリーを活かし被災地を支援

日産は2020年9月29日、自然災害などによる停電時に電気自動車の大容量のバッテリーから非常用電力を供給できる、災害復旧支援を目的とした電気自動車のコンセプトカー「RE-LEAF(リ・リーフ)」を欧州で発表した。

大容量バッテリーを備える日産の電気自動車リーフをベースに制作され、災害対策における緊急対応(emergency REsponse)、人道支援(humanitarian REcovery)、そしてコミュニティの強靭性(REsilience)に由来する3つの「RE」から名づけられた。

災害時の悪路でも走行可能な最低地上高225mm!

専用のオーバーフェンダーによって、全幅はフロント90mm、リア130mmに拡大し、17インチのオールテレインタイヤを装着。最低地上高は225mmに引き上げられ、車の床下は専用のアンダーガードで保護し、瓦礫や障害物のある災害時の悪路走行を可能にしている。

さらに、フロントフェンダーに設けられた2つの耐候性外部コネクターに加え、トランクには3つのコンセントを装備。また、ラゲッジスペースには、大型モニターや通信機器や引き出し式デスクなども備え、動く蓄電池として被災地における復旧活動を支援する。

一般家庭約4日分の電力を賄えるリーフのすごい能力!

力強くたくましい見た目にばかり目が行ってしまいがちだが、RE-LEAFはただのコンセプトカーと言い切れない実力を持っている。その一つが、ベースである日産 リーフの高い給電能力だ。

2019年1月に発表された日産 リーフe+は、62kWhのバッテリーを搭載し458km(WLTCモード)の航続距離を誇る。さらに、1日の一般家庭の使用電力を約12kWhとした場合、停電時には一般家庭の約4日間分に相当する電力を供給することが可能。これは、災害発生時、電力の復旧におおよそ24~48時間掛かることを考えると非常に頼もしい。

世の中のエネルギーモデルを変える日産の取り組み

日産はこれまで「ニッサンエナジー・シェア」という取り組みのもと、「車と家のV2H(Vehicle to Home)」「車とビルのV2B(Vehicle to Building)」「車と次世代送電網のV2G(Vehicle to Grid)」の各分野に置いて、国内外でさまざまな活動や実証実験に参加。分散型のエネルギーモデルを目指して世の中の電力需給バランスの安定を目指してきた。

日産が企業として考える日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」

また、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震や、2019年9月に起きた台風15号による千葉県内の大規模停電といった実際の災害現場にリーフを貸し出し、動く蓄電池として被災地を支援。これは、日産が企業として考える日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」という取り組みの一貫で、2020年9月時点で全国40以上の自治体と災害連携協定を締結。災害発生時には電力や輸送の支援をはじめ、CO2削減を目指す地域のSDGs(持続可能な開発目標)達成の助けとなる。

コンセプトにとどまらず「RE-LEAF」の実用化に期待

今回発表されたコンセプトカー RE-LEAFは、オーバーフェンダーや大径タイヤなど、その見た目はシンプルにカッコいい。しかし、ベースである日産リーフの機動力を兼ね備えた給電能力や、災害や地域貢献といった日産の取り組みがあるからこそ、まるで街にやってきたヒーローのような頼もしさとカッコ良さを感じられるのではないだろうか。

日産/リーフ
日産 リーフカタログを見る
新車価格:
408.1万円583.4万円
中古価格:
15万円493.5万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる