ボルボ 新型S60を発売|最新の安全技術を全グレードに標準装備

画像ギャラリーはこちら
ボルボは、プレミアムミッドサイズスポーツセダン「S60」をフルモデルチェンジし、2019年11月5日から発売した。価格は489万円~919万円。

8年ぶりのフルモデルチェンジにより3代目となる新型S60は、ワゴンモデルのV60同様、全幅を1850mm(先代比-15mm)に抑えることで日本市場に配慮したサイズのモデルとなっている。

目次[開く][閉じる]
  1. ボルボ 新型S60の主な特徴
  2. 4種類のパワートレインを設定
  3. 最新の安全技術を全グレードに標準装備
  4. 特別仕様車「S60 T8 Polestar Engineered」
  5. 主なスペック
  6. 各モデルの価格

>>渋カッコイイ大人のスポーツセダン! 新型S60の内外装を画像で見る(13枚)

ボルボ 新型S60の主な特徴

美しいスカンジナビアンデザイン

北欧神話に登場するトール神が持つハンマーをモチーフとしたT字型の印象的なLEDヘッドライトをはじめ、シャープなショルダーラインが印象的な美しいデザイン、シャープでスピード感を感じさせるアルファベットの“C”字型が向かいあった形状のLEDテールライトを採用した。

またインテリアは、洗練されたスカンジナビアンデザインを採用。上級モデルの90シリーズと同機能を有するフロントシートを採用し、マッサージ機能やベンチレーション機能(Inscription グレードに標準装備)など、快適装備も充実している。

日本でも扱いやすいボディサイズ

ボディは先代より全長を125mm拡大すると同時に、全高は45mm低く下げて伸びやかなスタイルとした。また全幅は15mm縮小し、日本の道路環境でも扱いやすいボディサイズとなっている。

さらにチルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ(オプション設定)をボルボのセダンモデルで初めて採用。閉じているときには濃色ガラスによって不快な眩しさを抑え、開放時には室内にさらなる爽快感をもたらす。

4種類のパワートレインを設定

新型S60には、燃費効率とパフォーマンスを両立するボルボの新世代パワートレイン(Drive-E)として2種類のガソリンエンジンに加え、2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定。

全てのパワートレインは高効率の8速ATを採用し、プラグインハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた電子制御AWDシステムにより快適性と卓越した走行性能を両立している。

ガソリンエンジン

■T4

最高出力140kW(190PS)を発揮するDrive-E 2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジン。1400rpmから4000rpmの幅広い回転域で最大トルク300Nm(30.6 kgm)を発生。常用回転域でゆとりある走りを満喫できる。

■T5

高回転域の優れたレスポンスと伸びやかなドライビングフィールが特徴のハイパフォーマンス2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジン。最高出力187kW(254PS)、最大トルク350Nm(35.7kgm)を発揮し余裕のあるスポーティな走りを可能にしている。

PHEV

■T6 / T8 Polestar Engineered(特別仕様車)

スーパーチャージャーとターボチャージャーにより、T6は最高出力186kW(253PS)、最大トルク350Nm(35.7kgm)、T8 Polestar Engineeredは最高出力333kW(318PS)、最大トルク430Nm(43.8kgm)を発生する高性能ガソリンエンジンをフロントに搭載。

また240Nmのトルクを発生させる高出力電気モーターをリアに配置し、ガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD車でエンジンと電気モーターの連携により燃費消費量およびCO2排出量を大幅に低減する。2つのパワーソースの組み合わせによってパワフルかつ効率の良い走りを実現し、シチュエーションに応じてHybrid、Pure、Power(Polestar Engineered)、AWDから好みのドライブモードが選択できる。

電動モーターだけで駆動する「Pureモード」では、都会を静音のもと走行するゼロ・エミッションカーとなる。EV走行距離(プラグインレンジ)はT6が48.2km、T8 Polestar Engineeredが42kmとなっている(国土交通省審査値)。

ボルボ/S60
ボルボ S60
新車価格:
489万円919万円
中古価格:
28.7万円502.7万円

最新の安全技術を全グレードに標準装備

最新のテクノロジーを活用して、乗員のみならず、車外の人をも守る先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を全グレードに標準装備。

またインテリセーフのうち、「City Safety(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)」には、新型V60より新たに導入された「対向車対応機能」を搭載した。

他の新世代ボルボ車から搭載している「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」と合わせ、国内における最も多くの交通死亡事故要因となっている、対向車との衝突被害を回避または軽減することで、より安全性を高めている。

対向車対応機能

City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)の検知対象を拡大し、従来の前走車に加え新たに対向車も追加した。対向車との衝突が避けられない場合、衝突警告、前席左右の電動シートベルトおよびブレーキの作動を同時に開始し、対向車との衝突速度を最大10km/h低下させ、衝突エネルギーを減少させることで乗員へのダメージを軽減する。

対向車線衝突回避支援機能

対向車が接近しているときに自車走行車線から対向車線へ意図しないはみ出しを検知すると、ステアリングを自動で操作し、正面衝突を回避するため自車を対向車線から走行車線に戻すよう支援する。

右折時対向車検知機能

交差点での右折時に、直進する対向車と衝突する可能性が高まった場合に車両がブレーキを掛け、衝突回避を支援する。

特別仕様車「S60 T8 Polestar Engineered」

圧倒的パフォーマンスの限定モデル

S60 T8 Polestar Engineeredは、新型S60をベースに開発した初のハイパフォーマンス・コンプリートカーである。T8 ツインエンジンAWDパワートレインをベースにポールスターによるチューニングによって、参考出力420PS(333PS/430Nm+87PS/240Nm)の圧倒的な走りを実現し、0~100km/h加速では4.3 秒というパフォーマンスを実現している。

シャシーには専用のオーリンズ製DFVショックアブソーバー(22段階調整)、ブレーキにはPolestar Engineered /ブレンボ製フロントブレーキなどを採用している。

また専用の内外装に加え、フロントとリアには専用のエンブレムが取り付けられ、スポーツ走行に適したオープングリッドテキスタイル/ナッパレザー・コンビネーションスポーツシート、ゴールドカラーのシートベルトなどがスポーティな個性を演出している。

主なスペック

S60 T4モメンタム

■駆動:FF

■エンジン:Drive-E 2L 4気筒直噴ターボガソリンエンジン

■トランスミッション:電子制御式8速AT(ロックアップ機構付)ギアトロニック

■最高出力:140kW(190PS)

■最大トルク:300Nm(30.6kgm)

S60 T5インスクリプション

■駆動:FF

■エンジン:Drive-E 2L 4気筒直噴ターボガソリンエンジン

■トランスミッション:電子制御式8速AT(ロックアップ機構付)ギアトロニック

■最高出力:187kW(254PS)

■最大トルク:350Nm(35.7kgm)

S60 T6 ツインエンジンAWDインスクリプション

■駆動:電子制御AWDシステム

■エンジン:Drive-E 2L 4気筒直噴ターボスーパーチャージャー

■トランスミッション:電子制御式8速AT(ロックアップ機構付)ギアトロニック

■最高出力:186kW(253PS)+65kW(87PS)

■最大トルク:350Nm(35.7kgm)+240Nm(24.5kgm)

S60 T8 Polestar Engineered(特別仕様車)

■駆動:電子制御AWDシステム

■エンジン:Drive-E 2L 4気筒直噴ターボスーパーチャージャー

■トランスミッション:電子制御式8速AT(ロックアップ機構付)ギアトロニック

■最高出力:245kW(333PS)+65kW(87PS)

■最大トルク:430Nm(43.8kgm)+240Nm(24.5kgm)

各モデルの価格

■S60 T4モメンタム:489万円

■S60 T5インスクリプション:614万円

■S60 T6 ツインエンジンAWDインスクリプション:779万円

■S60 T8 Polestar Engineered(特別仕様車):919万円

※価格はいずれも消費税込み

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ボルボ S60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ S60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ S60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ S60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ S60のニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事