MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース VW 新しいブランドデザインとロゴを発表

自動車ニュース 2019/9/12 10:02

VW 新しいブランドデザインとロゴを発表

フォルクスワーゲン「ロゴ」
フォルクスワーゲン「ロゴ」フォルクスワーゲン「ロゴ」フォルクスワーゲン「ロゴ」フォルクスワーゲン ID.3画像ギャラリーはこちら

新しいロゴとブランドデザインを発表

フォルクスワーゲンは、2019年9月12日~同年9月23日(日本時間)にドイツで開催される「フランクフルトモーターショー2019の前夜祭において、新しいロゴとブランドデザインを発表した。

>>発表されたばかり! 次世代EV限定モデル「ID.3 1ST」の画像を見る(11枚)

ニュー フォルクスワーゲンの幕開け

新しいロゴとブランドデザインは、同時に発表される電気自動車の「ID.3」(アイディ.3)と共に、フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示すものである。

フォルクスワーゲンの未来を象徴するキーワードは、電動化、完全なコネクテッド機能、ニュートラルなカーボンバランス。新しいブランドデザインにより、よりモダンでオーセンティック(リアル)な世界的に統一された 360°ブランド体験を創出する。

フラットな2次元デザインの新しいフォルクスワーゲンロゴは、よりクリアでムダのないデザインで、柔軟に適用されることを意図しており、またデジタルメディアにも適するように制作された。フォルクスワーゲンのブランドデザインの変更は、新たなブランディングキャンペーンでは世界最大級のものとなる。

また、新しいブランドデザインへの切り替えは、2020年半ばまでに完了する予定である。

VW セールス担当取締役:ユルゲン シュタックマン氏のコメント

新しいブランド デザインは、フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示しています。フォルクスワーゲン ブランドは、新たな活動や新しい製品の導入により、すべての人々にカーボン ニュートラルな未来を提供するための抜本的な変革を遂げています。今回のイベントは、私たちのブランドの新しい姿勢を、社会に示す絶好の機会だと言えるでしょう。

主要原則

フォルクスワーゲン「ロゴ」

■ピープル ファースト:すべての活動は、フォルクスワーゲンのユーザーにフォーカスする必要がある

■デジタル ファースト:デジタル メディアは、ユーザーとの接点の重要なポイントになる

■新しい姿勢:新しいブランド デザインは、フォルクスワーゲンの新しい姿勢を表現する

■ブランドの差別化:新しいブランド デザインは、フォルクスワーゲンとその競合他社との違いを明確にする

■総合的なブランド体験:360°のコミュニケーションにより、ユーザーがどこにいてもすべてのタッチポイントで同じブランド体験を提供する

■グローバルブランド ガバナンス:フォルクスワーゲンは世界中で統一されたプレゼンテーションを行う

新しいブランド デザインは、MQBとMEBの両方の車両に適用される。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フォルクスワーゲン の関連編集記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR