autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ 新型SUV CX-30を公開【月曜必読記事5選】

自動車ニュース 2019/3/11 10:28

マツダ 新型SUV CX-30を公開【月曜必読記事5選】

マツダ CX-30
マツダ CX-30マツダ CX-30マツダ CX-30「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)【2019年3月・ジュネーブショー 参考出展】画像ギャラリーはこちら

先週話題の記事を月曜のうちにチェック

先週1週間で公開されたオートックワンのオススメ記事を、ランキング形式でご紹介。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見。これさえ読めば、今話題のクルマ・最新情報がよく分かる!

1位:ライバルはC-HR!マツダ 新型SUV CX-30を世界で初公開!

マツダ CX-30

マツダは、第89回ジュネーブ国際モーターショー(スイス)で、新世代車両の第二弾となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-30(シーエックス サーティ)」を世界初公開した。

ティザー画像でも予告されていたとおり、デザインテーマはおなじみの「魂動デザイン」だ。

記事では、気になる発売時期や現在公開されているスペックを紹介。

>>この記事を読む

2位:スバル、スタイリッシュなSUVコンセプトカーをジュネーブショーで発表

「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)【2019年3月・ジュネーブショー 参考出展】

スバルは第89回ジュネーブ国際モーターショー(スイス)で、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)を世界初公開した。

詳細は明らかにされていないが、フォレスターとは異なり全高は抑えられたクーペルックで、トヨタ C-HRやレクサス UXといった流行りのコンパクトSUVジャンルも強く意識し、市販化も視野に入れたコンセプトカーだと思われる。

記事ではボディサイズやデザイン、そして市販化の可能性や価格を予想している。

>>この記事を読む

3位:次世代パジェロか!? 三菱がSUVコンセプトカーを世界初公開

三菱自動車、ジュネーブモーターショーで『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER』を世界初披露

三菱自動車は、2019年3月5日から同年3月17日までスイス・ジュネーブで開催される第89回ジュネーブモーターショーにおいて、新型のクロスオーバーSUVコンセプトカー「三菱 エンゲルベルグ ツアラー」を世界初披露した。

また同時に、電動車の新しい価値を実現する新たなサービス「電動DRIVE HOUSE」(DDH)をデモンストレーション展示した。これは、三菱自動車の販売店で電動車の購入と合わせ、V2H(※)機器を中心とした家庭用システムを提供するもので、2019年より日本をはじめ、欧州などでもサービス開始を予定している。

※V2H:Vehicle to Homeの略。EVやPHEVに蓄えた電気を家庭で使う仕組み。

記事では、本モデルのコンセプトやメカニズムを詳しく紹介している。

>>この記事を読む

4位:これが次期ジュークか!? 日産、電動クロスオーバーのコンセプトを披露

日産 クロスオーバーコンセプト「IMQ」

日産は2019年3月5日、第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて電動パワートレイン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開し、2022年までにe-POWER技術を欧州市場へ投入すると発表した。

記事では、本モデルの特長や映像を紹介している。

>>この記事を読む

5位:ホンダ 新型電気自動車「ホンダ イー プロトタイプ」を世界初公開

ホンダ eプロトタイプ

ホンダは2018年3月5日、スイス ジュネーブで開催されている第89回ジュネーブモーターショー2019において、欧州初となる新型電気自動車「Honda e(ホンダ イー)プロトタイプ」を世界初公開したほか、欧州における電動化の方向性について発表した。

今回、世界初公開した「Honda eプロトタイプ」は、ホンダとして欧州初となる新型電気自動車となる。

記事では、EV走行距離や本モデルをベースとした新型電気自動車の予約開始時期などを紹介している。

>>この記事を読む

前回の月曜必読記事5選(2019年3月4日掲載)

>>BMW 新型3シリーズに速攻試乗!【月曜必読記事5選】はコチラ

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR