autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ×ソフトバンクの共同出資会社「MONET」 事業を開始|“Autono-MaaS"事業へ前進

自動車ニュース 2019/2/1 17:11

トヨタ×ソフトバンクの共同出資会社「MONET」 事業を開始|“Autono-MaaS"事業へ前進

関連: トヨタ

トヨタとソフトバンク、新モビリティサービス展開に向け始動

トヨタとソフトバンクは2019年2月1日、MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、以下「MONET」)へ出資したことを発表した。これに伴い、MONETは本日から本格的に事業を開始した。

具体的には、MONETの事業であるオンデマンドモビリティサービス、データ解析サービス、Autono-MaaS事業(※)のうち、まずはオンデマンドモビリティサービス領域において、2018年度内に自治体や企業と連携して「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」の展開を開始する。

※:“Autono-MaaS”とは、Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Service)を融合させた、トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語である。

MONETの具体的なサービス内容とは

地域型配車サービスや宅配サービス、往診サービスで社会的課題に向き合う

MONETでは、利用者の需要に合わせてジャスト・イン・タイムに配車が行える「地域連携型オンデマンド交通」「企業向けシャトルサービス」などを、全国の自治体や企業向けに展開していく。

その後2020年代半ばまでには、移動、物流、物販など多目的に活用できるトヨタのモビリティサービス専用次世代電気自動車(EV)「e-Palette(イーパレット)」によるAutono-MaaS事業を展開する。例えば、移動中に料理を作って宅配するサービスや、移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスなどのモビリティサービスを、需要に応じてジャスト・イン・タイムに提供する。

将来は、グローバル市場への提供も視野に入れて事業を展開するとしている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR