autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ「CX-8」 2018年国内3列シートSUV販売台数 第1位を獲得

自動車ニュース 2019/1/30 15:19

マツダ「CX-8」 2018年国内3列シートSUV販売台数 第1位を獲得

マツダ 新型CX-8 XD L Package
マツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージマツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージマツダ 新型CX-8 XD L Packageマツダ 新型CX-8 XD L Package画像ギャラリーはこちら

マツダ「CX-8」2018年の販売台数は3万679台

マツダ 新型CX-8 XD L Package 走行イメージ

マツダは2019年1月30日、同社のクロスオーバーSUV「CX-8」が、国内3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位(3万679台)を獲得したことを発表した。

CX-8は、3列目まで座れるパッケージングに、上質かつ洗練されたデザイン、街乗りから高速道路の走行まで滑らかに運転でき、乗り心地の快適性・静粛性を兼ね備えた、マツダ国内最上位の3列シートSUVである。

2017年12月にCX-8を導入して以降、国内3列シートSUV市場は拡大しており、2018年の販売台数は2017年比で180%を超える成長を遂げているが、その中でもCX-8は約50%の割合を占める、セグメントをリードする車だ。「家族や友人とのドライブには多人数乗車が必要で、走りやデザイン性も諦めたくない」と考えるユーザーから支持されており、月間販売計画台数1200台を超える好調な売れ行きをマークしている。

[撮影:小林 岳夫]

>>マツダ「CX-8」の内外装を画像で見る

>>マツダ「CX-8」の解説はコチラ:マツダ CX-8 2018年改良モデルに試乗! ガソリンターボ&NAエンジンを追加、乗り心地は国産SUV最高水準に

※筆者は自動車評論家の渡辺 陽一郎氏

ユーザーからの口コミ

■「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」

■「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」

■「3列目は座り心地も広さも十分」

安全装備でも高評価を得ている「CX-8」

CX-8は先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、安全装備を充実させている。平成29年度のJNCAP自動車アセスメント衝突安全性能評価において「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を最高得点で受賞し、同アセスメントの予防安全性能評価においても平成29年度最高ランクとなる「ASV++」を満点で獲得するなど、衝突被害軽減から事故リスク低減まで、優れた安全性能が評価されている。

また、2018年10月には2種類のガソリンエンジンを設定し、ユーザーの多様なニーズに応えるエンジンラインナップとされた。さらに高速道路の走行での車線変更時や、滑りやすい路面での車両の挙動を安定させる「G-ベクタリング コントロール プラス」の導入がされているなど、商品力の向上が図られている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ CX-8 の関連編集記事

マツダ CX-8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-8 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR