MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース グッドイヤー「Eagle F1 Asymmetric SUV」|メルセデス・ベンツ 新型G-Class Mercedes-AMG G 63に新車装着

自動車ニュース 2018/10/23 16:59

グッドイヤー「Eagle F1 Asymmetric SUV」|メルセデス・ベンツ 新型G-Class Mercedes-AMG G 63に新車装着

グッドイヤー Eagle F1 Asymmetric SUV

日本グッドイヤーは、同社がラインナップするハイパフォーマンスタイヤ「Eagle F1 Asymmetric SUV (イーグル エフワン アシメトリック エスユーブイ)」が、2018年秋より発売されるメルセデス・ベンツ 新型G-Class「Mercedes-AMG G 63」に採用されたと発表。

「Eagle F1 Asymmetric SUV」は、SUVの車体重量を考慮して設計されたグッドイヤーのハイパフォーマンスタイヤ。「アクティブコーナーグリップテクノロジー」を採用し、SUVを運転する楽しさをサポートする。Mercedes-AMG G 63に新車装着されるサイズは295/40R22 112Wで、フルサイズの大型SUVらしい巨大なサイズが設定されている。

Mercedes-AMG G 63は一切妥協のない最強オフローダー

Mercedes-AMG G63(外装色:designoヒヤシンスレッド│内装色:ブラック)メルセデス・ベンツ G 550(外装色:セレナイトグレー│内装色:designoヨットブルー/ブラック)

メルセデス・ベンツのG-Classは、一切妥協のないクロスカントリービークルとして日本国内での人気も高く、2018年には1979年に登場して以来、初のフルモデルチェンジが実施された。

2018年秋の日本導入が予定されているメルセデス・ベンツ 新型Mercedes-AMG G 63は、G 550よりも引き締められた足回りを持ち俊敏なコーナリングが可能。また、決して固すぎないしなやかな足回りに仕上がっている。

搭載されるエンジンは、2つのターボで加給されるV型8気筒4.0リッターという点ではG 550と同じだが、最高出力585PS(6000rpm)最大トルク86.7kgm(2500~3500rpm)にまでパワーアップ。また、メルセデス・ベンツが誇るインテリジェントドライブと、先進のコネクテッドテクノロジーを合わせ持つ最強オフローダーである。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

メルセデスAMG Gクラス の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR