autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 免許も渋滞も過去のものに!? アウディが描くモビリティの未来

自動車ニュース 2018/10/5 17:23

免許も渋滞も過去のものに!? アウディが描くモビリティの未来

関連: アウディ
アウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指して
アウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指してアウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指してアウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指してアウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指して画像ギャラリーはこちら

アウディの研究 渋滞のない未来の都市を目指して

アウディの研究:渋滞のない未来の都市を目指して

2018年9月18日、アウディとカールスルーエ工科大学、及びミュンヘンにあるコンサルタント会社のモビリティパートナーズと協力した研究により、ライドシェアの促進によって、継続的に移動時間を短縮できることが判明した。

以下は同研究により、インゴルシュタットにおける未来の通勤時間をシミュレーションして得られたデータによるものである。

自動化された交通環境では、道路を活用する人の数が10%以上増加すると見込まれているにもかかわらず、通勤時間は2/3に短縮されると推測される。

長期的に見ると、自動車1台あたりに乗車する平均人数を引き上げることで、自動運転車の利点はさらに強調され、より多くの人々が車を共有し、一台あたりの平均乗車人数が1.1から1.3へと上昇するだけで、通勤時間帯の渋滞は解消される。

その先にあるのは、完全な自動運転が実現することで、多くの人(+12%)がより短時間(-33%)で通勤できるようになる未来だ。

コネクテッド化がもたらす新たな可能性

コネクテッド機能を備えた自動運転車のライドシェアが進めば、新しい可能性を生み出す。

ある研究によると、完全な自動運転車による交通が実現すると運転免許を持たずともパーソナルモビリティにアクセスできるようになり、ロボタクシーが公共交通機関と競合しはじめることになると予想している。

シミュレーションの結果は、通勤時間の短縮(-40%)から大渋滞の発生に至るまで、多岐にわたった今日において、交通の流れを明確に向上させるためには、自動車運転がどのくらいの割合で必要なのかということである。

その結果、少なくとも40%は必要だということが判明した。

自動運転車は、コンピューターが必要な車間距離を維持し、スピードを出しすぎず、すべての信号に従って走る。

自動運転車の数が増加した場合にのみ、移動時間が大幅に短縮され、もし、インゴルシュタットの道を走るクルマのすべてが自動運転車になった場合、移動時間は現在の3/4になるであろうというのがアウディがこの研究で出した結論だ。

アウディ 25th Hour Flowプロジェクトにとは?

アウディは2017年以来、自動運転車が私たちの日常生活をどのように変化させてゆくのかを調べており、将来、自動運転車の中では従来とは違った、有意義な時間を過ごせるようになると発表されている。

今回のアウディの発表から数十年後の未来では、車に乗るとそのまま目的地までの自動運転が開始され、乗員同士の会話、リラックス、仕事や極論、睡眠などに使うなど、今後の車社会において様々なイメージを感じさせてくれるプロジェクトなのである。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アウディ の関連編集記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連編集記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR