autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース カロッツェリア フルHDドラレコ5機種を新発売|衝突前後録画、映り込み防止機能

自動車ニュース 2018/10/3 18:37

カロッツェリア フルHDドラレコ5機種を新発売|衝突前後録画、映り込み防止機能

パイオニア、ドラレコ新製品5機種を発表

もしもの瞬間を映り込みなく鮮明に撮影できる偏光フィルターに対応

パイオニアは、ドライブレコーダー5機種を新たに発表した。

同社のドライブレコーダーは、フロントガラスの映り込みを大幅に軽減する偏光フィルターに対応しているほか、フルHD録画で高画質かつ鮮明に録画することが可能である。

また、走行中に衝撃を検知すると、検知前後の映像をイベントファイルとして記録するイベント録画機能を搭載。

さらに、駐車中に衝撃や動体を検知した際には、本体の内蔵バッテリーを使って最大50分間自動で録画する駐車監視機能(VREC-DS600は、クルマのバッテリーを使って駐車中の衝撃を検知する駐車監視機能 セキュリティモード)を搭載しており、VREC-DH700とVREC-DH600は、3メガ録画に加え、急加減速や急ハンドルなどの挙動を検知すると音で警告するとともに、その走行映像を自動で録画する危険挙動録画機能を搭載している。

昨今の安心・安全な運転への意識の高まりから急速に拡大しているドライブレコーダー市場において、ユーザーが求める機能やデザイン、価格などに対するニーズの幅が広がっている。

ドライブレコーダー 新5機種一覧

・VREC-DS600:オープン価格 10月発売

・VREC-DH700:オープン価格 10月発売

・VREC-DH600:オープン価格 10月発売

・VREC-DH400:オープン価格 10月発売

・VREC-DZ300:オープン価格 10月発売

新機種 4つの特徴

幅広いニーズに対応したラインアップ展開

偏光フィルターに対応

車載専用偏光フィルターにより、ダッシュボード部のフロントガラスへの映り込みや対向車両のボディのギラつきなどを低減し、前方の映像をより鮮明に録画することができる。

(標準装備:VREC-DH600/別売対応VREC-DH700、VREC-DH400、VREC-DZ300)

ダブルレコーディング機能

別売のバックカメラやフロアカメラと組み合わせることで、前方の映像に加えて、車両後方もしくは車室内の映像を同時に録画することができる。

(VREC-DH700のみ)

スマートな取り付けが可能な形状の本体デザイン

本体をフロントガラスに直接貼り付ける形状により、ドライバーの視界を妨げにくく、カメラのレンズがフロントガラスに近くなることで、不要な映り込みも低減できる。

(VREC-DZ300のみ)

ドライブレコーダーリンク機能に対応

同社製カーナビゲーションと組み合わせることで、録画や再生、データ消去、各種設定などのドライブレコーダーの機能をナビ画面から操作することが可能。

(VREC-DS600のみ)

高画質撮影

・3メガ録画(約300万画素:2304×1296p)の高画質撮影(VREC-DH700/VREC-DH600)

・フルHD画質(約212万画素:1920×1080p)の高画質撮影(VREC-DS600)

・フルHD画質(約207万画素:1920×1080p)の高画質撮影(VREC-DH400/VREC-DZ300)

・急な明るさの変化による白潰れや黒潰れを補正するワイドダイナミックレンジ機能

・LED信号機の明滅タイミングとずらしたフレームレート(27.5fps)の採用により、信号機の状態をしっかりと捉えて記録が可能

多彩な録画機能

・危険な挙動(急加速、急減速、急ハンドル、速度超過)を検知すると、警告音と同時に検知前後の映像をイベントファイルとして保存する、危険挙動録画機能に対応(VREC-DH700/VREC-DH600)

・駐車中に衝撃または動体を検知すると、本体内蔵の大容量バッテリー(500 mAh)を使って最大50分間、前方風景を録画する駐車監視機能に対応(VREC-DH700、VREC-DH600、VREC-DH400、VREC-DZ300)

・クルマのバッテリーを使って、駐車中の衝撃を検知し録画する駐車監視機能(セキュリティモード)に対応した(VREC-DS600出荷時はOFF設定)

・エンジンをかけると自動で録画を開始する連続録画機能に対応

・走行中に衝撃を検知すると、検知前後の映像をイベントファイルとして保存するイベント録画機能に対応

パソコン用ビューアーソフトDriving Viewerに対応

本機で録画した映像をパソコンで再生し、地図ソフト「MapFan Web」と連携させて走行履歴と場所を確認することが可能になった。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR