autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 パイオニア 2018 カロッツェリア新商品発表会|パイオニア80周年記念限定モデル発売に小林可夢偉も思わず身を乗り出した!

新型車リリース速報 2018/4/18 22:17

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品発表会|パイオニア80周年記念限定モデル発売に小林可夢偉も思わず身を乗り出した!

Text: 小鮒 康一 Photo: 小鮒 康一・パイオニア
パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]
パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]画像ギャラリーはこちら

「これぞサイバーナビ」という感動と楽しさ、そして便利さ

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]

パイオニアは、スマートフォンと連携し、より快適なコネクテッドカーライフを実現する「MapFanコネクト」に対応したカロッツェリア「サイバーナビ」の新製品6機種を、2018年6月に発売することを発表した。

発表に伴い開催された発表会ではパイオニア販売株式会社 代表取締役社長 蒲生 宣親氏が壇上に立ち、「1997年に登場したサイバーナビは、常に先進価値を提供し、カーナビゲーションの歴史を切り開いてきた」と語り、「これまでの技術、ノウハウを惜しみなく注ぎ込み、カーナビゲーションとしての新たな価値を創造した“これぞサイバーナビ”という感動と楽しさ、そして便利さをぜひ皆さまに感じていただけると自負している。」と自信を覗かせた。

>>新製品にわくわく! パイオニア 2018 カロッツェリア新商品を画像でもっと見る

小林可夢偉選手も惚れた「サイバーナビXシリーズ」

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]

その後行われたトークセッションでは、レーシングドライバー小林可夢偉選手が登壇。自身の愛車にもクルマの音響リノベーションとして同社のスピーカーやウーファー、アンプなどを装着しており、自らDJも嗜むという同選手だけに音への拘りも人一倍。「スピーカーやウーファーなどひとつずつ交換していったことで、その変化を楽しむことができて、最終的にはこれ以上ないと思えるほどの環境を作り上げることができた。」と実感を交えて話し「さらにいい音になったというサイバーナビは、どこまで進化していくのだろう?」と期待をにじませていた。

もはや自宅のリスニングルームは不要、と思えるほどの環境を愛車の中で実現できた小林選手は、ハイエンドオーディオカーナビとして発表された「サイバーナビXシリーズ」にも興味があるようで、5月23日10時より80台限定でネット販売される80周年記念モデルの申し込みにも意欲を見せ、「当日は朝からパソコンの前に待機して申し込みをしたい。」と話し、司会者に「そういうことなら……。」と優先購入を匂わされても、「いや、ちゃんと申し込みます。実はヴィッツGRMNも申し込んでいるんですが、こっちもちゃんと抽選を待っているので……。」と話し、周囲を笑わせていた。

快適なコネクテッドカーライフを実現する新型サイバーナビ

パイオニア「AVIC-CZ902M」カロッツェリア「サイバーナビ」

今回発表された新型サイバーナビは、「MapFanコネクト」に対応し、あらかじめ登録した気になる場所を手軽に確認できる「スポットフォルダ」、事前に送信した目的地を起動時に受信して設定できる「スポットリザーブ」、あらかじめ作成したドライブのプランを受信して予定した日時に実行できる「ドライブプラン」、スマートフォンやPCなどでリアルタイムに車両位置を確認できる「マイカーシーク」の4つの機能が使用できるようになり、クルマに乗車していないときでもスマートフォンやPCを使ってドライブの予定や気になるスポットを登録できるようになったことが最大のトピックとなる。なお、この機能は、従来のサイバーナビユーザー(900系、901系)もシステムアップデートで使用できるようになるとのことだ。

ラインナップは、8インチモニターを備えたラージサイズの「AVIC-CL902」と、7インチワイドの「AVIC-CW902」、2DINサイズの「AVIC-CZ902」と、それぞれにマルチドライブアシストユニットを同梱させたものの全6機種となる。

ハイエンドオーディオの流れを組んだ「サイバーナビXシリーズ」

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]
パイオニア「AVIC-CZ902XS」カロッツェリア「サイバーナビ」

「AVIC-CZ902」をベースに、同社の持つハイエンドカーオーディオ「カロッツェリアX」や、ハイエンドホームオーディオ「TAD(Technical Audio Device)」で培った技術と、最高品質の高音質パーツを惜しみなく採用した“サイバーナビXシリーズ”である「AVIC-CZ902XS」も同日にリリースされた。

こちらには銅メッキを駆使したノイズコントロールや静音化と制振化を追求した堅牢なシャーシ構造、OFC(無酸素銅)を採用した高音質ケーブルを使用し、AV一体型カーナビゲーションとしては初めて「MUSESシリーズ」のハイエンドオーディオ用オペアンプを6基搭載し、専用のコンデンサーやトロイダルコイル、新開発のサウンドマスタークロック回路を搭載するなど、まさにハイエンドオーディオと遜色ない技術とパーツがふんだんに使用されている。

また、今年1月1日に創業80周年を迎えたことを記念し、サイバーナビXシリーズの80周年記念モデルを80台限定で販売する。「AVIC-CZ902XS」をベースに、シリアルナンバープレート、専用マニュアルケース、データ通信専用通信モジュール「ND-DC2」、レコチョクBESTライトプラン利用権1年分、レコチョクプリペイドカード1万円分、カーナビ画面フィルム、3年保証書が、職人がひとつひとつ手作りで仕上げたボックスに入れられるもので、価格はAVIC-CZ902XS本体と変わらず248,000円(税別)となる。

暗闇の中でも撮影できる「ナイトサイト」を搭載したドライブレコーダー

パイオニア高感度ドライブレコーダー「VREC-DZ500-C」パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]

交通事故や交通トラブルの際の映像を記録する用途で急激に需要が高まっているドライブレコーダー。今回新たにリリースされる「VREC-DZ500」シリーズでは、従来のドライブレコーダーに比べ、1/100以下の光量でも撮影できる「ナイトサイト」を搭載。

従来では真っ暗になってしまうような街灯の少ない場所でも周囲の映像をハッキリと撮影することができるようになっており、車両から電源を取るタイプの「VREC-DZ500-C」とシガーソケットから電源を取るタイプの「VREC-DZ500」の2種類が用意される。

また、本体にバッテリーを内蔵したことで、最大90分の駐車監視機能も搭載。車両から電源を取るタイプの「VREC-DZ500-C」では、24時間365日監視できる「駐車監視機能(セキュリティモード)」も搭載。このときの消費電力は車両駐車時の待機電流量の1/30~1/50ということで、この機能を使っていることでバッテリーの消耗が速まることはほぼないという。

さらにカメラのレンズ部分の方向を角度調整ジョグで簡単に変更ができ、通常走行時は車外を撮影し、駐車中は車上荒らし対策のために車内を撮るといった使い方もできるようになっている。

「Apple CarPlay」や「Android Auto」対応モデルなどディスプレイオーディオ2機種

パイオニア ディスプレイオーディオ「FH-9400DVS」

高性能なナビはいらないけれど音楽や映像を楽しみたいというユーザーに向けては、新たなディスプレイオーディオがリリースされる。

ハイレゾ音源やフルHD画質の動画など、幅広いファイル、フォーマットに対応しており、DVDプレイヤーも内蔵されている「FH-7400DVD」と、それにプラスして「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応する「FH-9400DVS」の2機種となる。

従来の1.3倍となる11.6V型のフリップダウンモニター

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]

ファミリカーには必須とも言えるフリップダウンモニターは、従来品の1.3倍の大画面を備え、ハイビジョン画質にも対応したXGAパネルを採用。クルマの内装色に合わせて選べるブラックとシルバーの2種類が用意されている。

ハイレゾ音源に対応したエントリーモデルスピーカー&トゥイーター

パイオニア 2018 カロッツェリア新商品「サイバーナビ」 発表会レポート[2018年4月18日(水)/会場:ベルサール秋葉原(東京都台東区)]

購入しやすい価格ながら、豊かで臨場感のあるハイレゾ音源再生を実現するエントリーモデルの「Fシリーズ」6機種と高音域再生を実現するハイレゾ音源対応チューンアップトゥイーター1機種を新たに追加。純正スピーカーからのステップアップに最適で、取り付けブラケットやワンタッチ接続アダプターも同梱されている。

[Photo&レポート:小鮒 康一]

筆者: 小鮒 康一

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR