autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 幻のイオタ!“世界にたった1台”の「ランボルギーニ・ミウラSVR」実車が復活!

自動車ニュース 2018/6/27 16:13

幻のイオタ!“世界にたった1台”の「ランボルギーニ・ミウラSVR」実車が復活!

レストアされたミウラSVR
レストアされたミウラSVRレストアされたミウラSVRレストアされたミウラSVRレストアされたミウラSVR画像ギャラリーはこちら

ランボルギーニ ミウラの中で最も有名な世界に1台のみの超レアカー「ミウラSVR」、通称“J”(イオタ)が、ランボルギーニ・ポロストリコのスペシャリスト達の手によってレストアされ、日本の中山サーキットで披露された。

ランボルギーニ ミウラは、イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニの工場で1966年~1972年までの間に763台のみ生産された。

>>世界にたった1台のすんごいクルマ「ランボルギーニ・ミウラSVR」を写真で見る

知っていましたか?世界に1台だけのすごいクルマをかつては日本人が所有していた!

レストアされたミウラSVR

シャシーナンバー3781、エンジンナンバー2511、ボディナンバー383のミウラは、当初ミウラのトレードマーク的なグリーンの外装にブラックの内装のSバージョンとして誕生。第50回トリノモーターショーで展示された後、1968年11月30日にイタリア・トリノにあるディーラー、ランボオートにデリバリーされた。

イタリア国内で8回持ち主が変わった後、1974年にドイツ人のオーナーに渡り、サンタアガタに持ち込んでSVRへの改造を依頼した。改造には18カ月の年月がかかった。そして1976年、ミウラSVRは日本人のオーナーに渡り、日本でイオタの名で大旋風を巻き起こし、大人気漫画シリーズ『サーキットの狼』にも取り上げられることになった。

あの大人気漫画「サーキットの狼」にも登場

レストアされたミウラSVR

ミウラSVRは、ランボルギーニのテストドライバー、ボブ・ウォレス氏が開発した伝説のイオタをレース向けに進化させ、日本の漫画『サーキットの狼』にも登場した。

ウォレス氏のイオタは事故で失われていたが、同様のクルマを求める要望が絶えず、アウトモビリ・ランボルギーニはイオタのレプリカであるミウラSVJを数台、そしてミウラSVRを1台生産した。

多くの模型メーカーがミニカーを制作

多くの模型メーカーが、自動車の歴史に残るこの不朽の名車のスケールモデルを制作。日本の京商もその一つで、ランボルギーニ ミウラSVとミウラSVRの1/18スケールモデルを作っているが、特に京商のSVRは、ランボルギーニ史上最も驚異的な一台であるミウラSVRを再現したとして、コレクターの間で語り継がれる存在となっている。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ランボルギーニ の関連編集記事

ランボルギーニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランボルギーニ の関連編集記事をもっと見る

ランボルギーニ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR