autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル レヴォーグ一部改良で安全性が向上!60周年特別記念車も登場

自動車ニュース 2018/5/1 12:04

スバル レヴォーグ一部改良で安全性が向上!60周年特別記念車も登場

スバル レヴォーグ/2018年6月一部改良

スバルは、レヴォーグ改良モデルを2018年6月1日より発売する。価格は286万2000~405万円(消費税込)。

また、今回の改良に際し、スバル60周年特別記念車として、1.6GT アイサイト・スマート・エディションを追加した。価格は294万8400円(消費税込)。

>>レヴォーグの内外装デザインを画像で見る

レヴォーグ 1.6GT アイサイト・スマート・エディションは、アイサイトセーフティプラスを標準装備とし、ブラックベゼル付のヘッドランプやダークメッキ+ブラック塗装のフロントグリル、ブラックカラードドアミラー、アルミパッド付スポーツペダルなどの特別な内外装装備を追加しながら、お買い得な価格を実現した。

さらに、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上させた。また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする。

レヴォーグの主な改良内容

■安全性能

・アイサイトのプリクラッシュブレーキ制御の改良

■エクステリア

・メッキドアハンドル(STI Sportのみ)

■インテリア

・ピアノブラック調ステアリングベゼル(STI Sportのみ)

1.6GT アイサイト・スマート・エディションの特別装備

■エクステリア

・LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)

・メッキ加飾付フロントグリル:ダークメッキ+ブラック塗装

・ブラックカラードドアミラー

■インテリア

・アルミパッド付スポーツペダル

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル レヴォーグ の関連編集記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR