autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル レヴォーグがフルモデルチェンジ間近か!?コンセプトモデルを世界初公開【ジュネーブショー2018】

自動車ニュース 2018/3/6 19:30

スバル レヴォーグがフルモデルチェンジ間近か!?コンセプトモデルを世界初公開【ジュネーブショー2018】

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)
SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)

スバルは、2018年3月6日から開催した2018年ジュネーブ国際モーターショーで、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)を世界初公開した。

>>【画像30枚】新型レヴォーグへの期待が高まる「スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト」

スバルは2013年のスバル ヴィジヴ コンセプトを皮切りに、安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを、毎回異なるテーマのコンセプトカーの形で具現化してきた。

今回は「ツアラー」をテーマに、水平対向エンジンを核としたシンメトリカルAWDと、これまでスバルが培ってきた走りや使い勝手、安全の価値を融合させ、クルマで出かける愉しさが存分に味わえるツアラーとしての新たな価値をヴィジヴ ツアラーコンセプトで表現した。

また、今後の自動運転普及期を見据え、進化型アイサイトと各種デバイスを組み合わせた高度運転支援技術も搭載することで、長距離ドライビングにおいてもドライバーの疲労を軽減し、アクティブライフを安心して愉しむことのできるスバルらしさの詰まったクルマに仕上げた。

スバルでは次世代モデルの提案であるヴィジヴ ツアラー コンセプトについて、該当する特定車種を明示している訳ではないが、明らかに新型レヴォーグを想わせるデザインとしてまとめられている。

スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプトのデザイン

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)

スバルが代々受け継いできた高い実用性と走りを両立したワゴンモデルを念頭に置き、現在のスバルに共通するデザインフィロソフィ“DYNAMIC x SOLID”に基づき、ツアラーとして表現した。

ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ、安心感を表現。リアには大きなカーゴスペースを設け、道具としての高い実用性も兼ね備えている。

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)

このヴィジヴ ツアラー コンセプトを次期レヴォーグのデザインコンセプトという観点で見てみると、切り詰められたリアオーバーハングがスポーティさを強調しており、なるほど”ステーションワゴン”ではなく”ツアラー”の名に相応しい雰囲気だ。

また異色フェンダーでSUV風のワイルドさも併せ持っている点にも注目。車高をリフトアップすれば、アウトバックやXV風のクロスオーバーモデルとしても成立しそう。もしや次期レヴォーグにはそうした隠し玉が用意されているのかもしれない。

高度運転支援技術

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプト)

スバルが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすパフォーマンスと融合し、スバルならではの安心で愉しいツアラー像を表現した。

性能を一層向上させた次世代アイサイトやレーダー、高精度GPS・地図などの採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求する。

ヴィジヴ ツアラーコンセプトの主な仕様

ボディサイズ(全長×全幅×全高):4775×1930×1435mm

ホイールベース:2730mm

タイヤサイズ:245/40 R20

乗車定員:4名

<参考>レヴォーグの仕様

ボディサイズ(全長×全幅×全高):4690×1780×1495mm

ホイールベース:2650mm

タイヤサイズ:215/50 R17

乗車定員:5名

スバル レヴォーグ の関連編集記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連編集記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!