BMW、新型i3を発売…モダンで洗練されたデザインに変更

ビー・エム・ダブリューは、電気自動車「i3」の新型モデルを、2018年1月15日より発売した。価格(消費税込)は、538万円~644万円となる。

i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として、2014年4月に発売された。「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」というコンセプトのもと、革新的な手法を様々採用している。量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化に挑戦すると同時に、大容量バッテリーを搭載して都市型のモビリティとして、必要十分な性能を備えたモデルになっている。

>>BMW 新型i3の画像を見る

新型i3は、2016年から採用している33kWhの大容量リチウムイオン・バッテリーを搭載し、一回の充電走行距離は390km(JC08モード)を実現。電気モーターによる後輪駆動式で、最高出力125kW/170ps、最大トルク250Nmを実現すると共に、時速100kmまで7.3秒で加速する。

また、647ccの発電用エンジンを搭載したレンジエクステンダー装備車は、走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が更に121km延長され、合計で511kmの走行が可能となる。

新型i3は、より先進的で存在感を主張するデザインとした。フロントには、横長のLEDターンインジケーターと共に、ワイドな印象を強調する新しいフロントバンパーを採用し、LEDヘッドライトを全モデルに標準装備した。

リアも同様に、ワイドな印象を与える新デザインのバンパーを採用。存在感のある直線に引かれたマット・クローム加飾が先進的な個性を主張している。サイドは、シルバーの加飾がフロントのピラーからルーフに沿って滑らかな曲線を描くように配置され、モダンで洗練されたデザインとなった。

インテリアは、クールで洗練された印象の「ATELIER(アトリエ)」、モダンでナチュラルな「LODGE(ロッジ)」、上質かつ高級感あふれる「SUITE(スイート)」の3つをモデルラインアップに設定している。

さらに、先進的なモデルにふさわしく、ドライバーの安全運転をサポートする「ドライビング・アシスト機能」と「パーキング・サポート・パッケージ」をロッジおよびスイートに標準装備し、アトリエではオプション装備として採用している。

BMW/i3
BMW i3カタログを見る
新車価格:
553.1万円661万円
中古価格:
189万円575万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW i3の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW i3のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW i3の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW i3の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW i3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる