autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、新型アテンザを世界初公開…新開発の気筒休止する2.5リッターGエンジン搭載

自動車ニュース 2017/11/16 10:27

マツダ、新型アテンザを世界初公開…新開発の気筒休止する2.5リッターGエンジン搭載

マツダ 新型アテンザ 北米仕様(Mazda6)

マツダは、アテンザセダン(海外名:Mazda6)の改良モデルを、12月1日から10日まで開催されるロサンゼルスオートショーで、世界初公開する。

アテンザは、マツダの乗用車ラインアップを牽引するフラッグシップモデル。

2012年の全面改良以来3度目となる今回の商品改良では、「クルマを愛するお客さまの毎日を、もっと活力と充実感に満ちたものにする」ことをテーマに、「人間中心」の思想に立って、技術、デザインなどのあらゆる領域を深化させ、その質のレベルを一段引き上げた。

>>LAショーで初公開される新型アテンザの画像を見る

パワートレインでは、2.5リッターガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.5に気筒休止などの新技術を採用し、優れた燃費性能と人間中心のパフォーマンスフィールをさらに高いレベルで両立させた。

また、海外で販売されているCX-9に続き、新たなエンジンラインアップとして、2.5リッター直噴ガソリンターボエンジン「SKYAVTIV-G2.5T」を設定。4リッター V8自然吸気ガソリンエンジン並みの豊かなトルクにより、さらにワクワクする走りが楽しめる。

マツダ 新型アテンザ 北米仕様(Mazda6)

デザインでは、「Mature Elegance」をコンセプトに、エクステリア・インテリアともに上質さをより一層磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインへと深化した。

また、日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材などによるプレミアム感を表現したマツダ最上級仕様のインテリアを設定した。

さらに、危険の認知を支援して被害の低減を図る先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」をさらに進化・拡充。全車速追従を可能としたマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)に加え、最新の360°ビュー・モニターを採用するなど、これまでに導入してきた安全技術と相まって、より幅広いシーンで安心して走りを楽しめる安全性能を実現した。

ロサンゼルスオートショーでは、2017年10月に開催された東京モーターショー2017で世界初公開した次世代デザインビジョンモデル「マツダ VISION COUPE」に加え、アテンザと同様に気筒休止などの新技術を採用して進化した「SKYACTIV-G2.5」を搭載したCX-5の商品改良モデルを北米で初公開する。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ アテンザ の関連編集記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連編集記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR