autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2017 次世代圧縮着火エンジンSKY ACTIVE-Xを搭載! マツダ 魁 CONCEPT(かいコンセプト)を日本初披露【東京モーターショー2017】

モーターショー 2017/10/31 14:53

次世代圧縮着火エンジンSKY ACTIVE-Xを搭載! マツダ 魁 CONCEPT(かいコンセプト)を日本初披露【東京モーターショー2017】

マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)
マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)画像ギャラリーはこちら

世界初公開となるコンパクトハッチバックのコンセプトカー、「魁(かい)」

マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)

マツダは、東京モーターショーで2台のコンセプトカーを出展した。一台はマツダブースで美しさを放っていたマツダの次世代デザインビジョンを示すコンセプトカー「VISION COUPE」で、マツダが推し進めている「デザインを商品の魅力にする」戦略の現在形、そしてマツダのデザインテーマである「魂動デザインの最新形」を示すモデルである。

そしてもう1台のコンセプトカーは、世界初公開となる「マツダ 魁CONCEPT(かい コンセプト)」だ。ハッチバックのデザインを示すという極めて現実的なコンセプトが与えられており、マツダのこのクラスのハッチバック「アクセラ」の次期モデルの具体的なイメージが浮かぶようだ。

関連リンク:

>>ため息が出るほど美しい マツダ VISION COUPEが魅せる“魂動”の世界【東京モーターショー2017】

最新の「鼓動デザイン」による「削ぎ落とした美しさ」にゾクゾク

マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)

研ぎ澄ましていくことで生まれる豊かな美しさ、ハッチバックならではの力強い塊感を追求し、「日本の美意識」を体現したとされる「魁」は、デザイン過剰なクルマが多いように思われる昨今では、逆にそのシンプルさが新鮮に映る。

1.5BOXのハッチバックフォルムでありながら、フロントはシャープに伸び、逆にボディ中央は陰影を起こす前後ホイールアーチ結ぶ隆起以外に余分な要素がない。見どころはボディ後半で、ルーフから切り立ったホイールアーチまでなだらかにラインが落ちて行くそのデザインは斬新で美しい。日本の精神を語る題材として、削ぎ落とされた美しさが魅力の「日本刀」があげられるが、量感がありつつも研ぎ澄まされ、削ぎ落とされた魁のデザインは、それに相通じるものがあると思った。一見の価値有りだ。

フェンダーの張り出しやドアミラー、ドアノブがショーモデルらしいデザインにされているものの、市販化される場合でも大きくフォルムが異なることは無いだろう。このデザインモチーフを具現化した姿をまとう次期アクセラの登場に期待したい。

>>会場内で圧倒的な美しさを放っていた!魁コンセプトを写真でもっと見る

内燃機関の可能性を追い続けるマツダからの答え

マツダ スカイアクティブX

「魁」のポイントは美しいデザインだけでなく、「ガソリンエンジン」を搭載していることだ。業界全体が電動化に進む中、コンセプトカーもEV・ハイブリッド車が主流になるのは、それぞれのメーカーの未来像を示すコンセプトカーの性格上当然ともいえる流れだ。ところが「魁」はガソリンエンジンのみを積んできた。それは、マツダがまだまだ内燃機関の理想をこれからも追求して行くという姿勢の表れでもある。

「魁」のSKYACTIVE Xは、ガソリンエンジンながらもディーゼルエンジンと同じく圧縮着火を世界で初めて実用化にメドをつけた革新的なエンジンで、ガソリンエンジンの伸びにディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・レスポンスといった特長を融合した“夢のエンジン”。クルマの電動化に反旗を翻すということなく、ガソリンエンジンにも夢を託すのは、「走る歓び」を提供し続けるブランドを目指すマツダらしい。

マツダは内燃機関とデザインにクルマの本質的な価値を込める

マツダ 魁 CONCEPT(かい コンセプト)

マツダの代表取締役兼CEO 小飼雅道氏は、東京モーターショー2017で行われた同社のプレスカンファレンスにおいて、SKYACTIVE技術と魂動デザインを採用した新世代商品が推進力と鳴って構造改革が成功し、現在は第2ステージにありブランド価値の向上に取り組んでいることを語った。そして世界の自動車産業を取り巻く環境の急激な変化の中でも、マツダはクルマの魅力である「走る歓び」によって「地球」「社会」「人」それぞれの問題解決を目指すとした。

クルマのパワーソースは地域ごとに内燃機関、EV、ハイブリッド車などを適材適所で配する「マルチソリューション」とし、その中でも地球環境保全に最も大きな影響を与える内燃機関の理想を追求していくと言う。たしかに世界中の内燃機関がEVに置き換わることはまだ現実的ではない。依然台数も多くクルマのメイン動力源の内燃機関を用いて環境問題に取り組む姿勢は、これもマツダらしい考え方だと感じた。

つまり、「魁」はマツダのこれからどうするか」を具現化した、マツダ次世代モデルの「先駆け(=さきがけ。魁もさきがけと読む)」ともいえる重要なコンセプトカーと言えるだろう。

関連記事

>>【試乗&評価】最先端技術“スカイアクティブX”はマツダが目指す理想のエンジン像そのものだった

>>【試乗】マツダが実用化に成功した圧縮着火エンジン搭載車を早くも試乗!次期型アクセラを示唆か

 >>魁コンセプトを詳しく見る!【画像全68枚】

 

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スペシャルスポンサーリンク

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

東京モーターショー2017 人気記事ランキング
東京モーターショー2017 の最新記事