光岡、霊柩車「ミツオカリムジンタイプV」を台湾で販売

ミツオカリムジンタイプV
ミツオカリムジンタイプVミツオカリムジンタイプV

光岡は、台湾国内における霊柩車販売代理店契約を締結しているFAHMAN MOTORSを通じて本格的な販売を開始する。

これまで光岡とFAHMAN MOTORSは、2015年3月に台湾国内における霊柩車の販売代理店契約を締結し、発売へ向け準備を進めてきた。

今回、台湾から車両に関する認証取得をした事で本格的な販売を開始する。

台湾での販売車種は「ミツオカリムジンタイプV(5名乗車)」で、「ガリュー」をベースにセンターを1200mm延長、リアオー バーハングを400mm延長した、全長6560mmの大型リムジン型霊柩車である。

台湾での法規対応させるため、日本仕様とは異なる左ハンドル仕様や細部が異なる仕様で、ボディカラーはブラックとパールホワイトを主に、10月より販売を開始する。なお、年間販売台数は10台を計画している。

台湾では1970年代まで埋葬が主流で火葬率は30%程だったが、1987年に埋葬禁止令が制定されてから一気に火葬化がすすみ、現在では火葬率が90%以上と言われている。霊柩車の目的は日本と同様で、葬儀場から火葬場までの搬送用途として使用される。

しかし、台湾国内では霊柩車への改造が認められないため、輸入された霊柩車が席巻し、各国様々な大手量産メーカーベースの霊柩車が使用されている。

光岡がウリにしているクラシカルデザインの霊柩車はまだ存在しておらず、同社では日本国内同様に台湾の方にも受け入れてもらえるものと期待している。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

光岡自動車 ガリューの最新自動車ニュース/記事

光岡自動車のカタログ情報 光岡自動車 ガリューのカタログ情報 光岡自動車の中古車検索 光岡自動車 ガリューの中古車検索 光岡自動車の記事一覧 光岡自動車 ガリューの記事一覧 光岡自動車のニュース一覧 光岡自動車 ガリューのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる