工学院大の学生が開発した“ソーラーカー”で世界大会「WSC2015」準優勝に!

工学院大学の学生創造活動の一つである『ソーラーカープロジェクト』が、ワールド・ソーラー・チャレンジ(WSC2013)に参戦し、準優勝を果たした。

2013年に、ソーラーカー「Practice(プラクティス)」で“チャレンジャークラス”に初参戦を果たすも、自力での完走が叶わず涙をのむ結果に終わった工学院大学の生徒たち。

2度目の挑戦となる2015年は、クラスを4輪で2人乗り以上という、より実用車に近いレギュレーションが設定されている“クルーザークラス”に変更し、新型ソーラーカー「OWL(アウル)」で参戦。惜しくも準優勝という結果となったが、クラス最速でゴールという素晴らしい成績を収めた。

2013年大会で惨敗してからの2年間、確実に技術を磨き続けたメンバーたち。「Made in工学院大学、Designed by工学院大学」をコンセプトに、前大会の反省点を活かした新型車両を1年以上かけ学生たちの手で創りあげた。

そして今回、そんな車両制作の舞台裏から、大会で砂漠地帯を走ソーラーカー「アウル」が走る様子、そしてゴールまでを映したドキュメンタリー動画を公開した。

若者のクルマ離れが加速しているといわれている今日、こうして頑張っている学生の姿を見ると応援したくなる。ぜひ動画をご覧いただきたい。

■工学院大学ソーラーカープロジェクト 世界大会参戦ドキュメンタリー

短編版(6分18秒) ◎動画を再生する

完全版(27分7秒) ◎動画を再生する

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる