【車なご図鑑】マツダ「RX-VISION」

RX-VISIONってこんなクルマ

【車なご図鑑】RX-VISION
【車なご図鑑】RX-VISION

 「RX-VISION」は、2015年11月の東京モーターショーで公開されたマツダのコンセプトカーです。

このコンセプトカーには2つの意味が込められていると言われています。1つは“世界一美しいFRのプロポーション”のスポーツカーを作ること。もう1つは、マツダの技術力の象徴でもあるロータリーエンジンの復活です。

ロータリーエンジンといえば、ご存知の通り、世界で唯一マツダだけが量産に成功した画期的なエンジンです。小型・軽量・低重心・ハイパワーと、スポーツカーに理想的な要素を持ち合わせています。

2012年6月に生産を終了した「RX-8」を最後にロータリーエンジン搭載車は登場していませんでしたが、そんな中でもマツダは水面下で開発を続けていました。そしてこのRX-VISIONの公開と同時に、ロータリーエンジン復活の狼煙も上げられたのです。

ボディサイズは長さ4,389mm×幅1,925mmという堂々としたものですが、それでいて2人乗りという贅沢さ。長大なボンネットとリア寄りの限られた乗車スペースは、まさに後輪駆動のスポーツカーという出で立ちです。

プレスラインを持たないなめらかなボディは躍動感に満ち溢れ、同社のデザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」の集大成といえるもの。モーターショー当日の初公開の場では、そのあまりの美しさに、世界中の報道陣でごった返していた会場が一瞬静まり返っていたのが印象的でした。会場にいた全員が、そのプロポーションに見入っていたのです。

このボディ、細かく見ると、いたるところに往年のマツダ車へのオマージュが散りばめられています。上辺が繋がったような造形のテールランプは「RX-7」のそれを連想させる他、ボディサイドのエアアウトレットは「コスモスポーツ」にも共通するデザインです。グリルは現在のマツダ車に共通する形状ですので、同社の過去と現在を巧みに結びつけたデザインであると言えます。

内装は3連メーターを中心にシンプルに仕立てられており、このあたりにもストイックなスポーツカーらしさを感じさせます。

コンセプトカーということで、販売の如何も含め詳細は未定ですが、ロータリーエンジン搭載の美しいスポーツカーというのは非常に夢のある話ですね。今後のマツダの動向にさらに注目です。

車なごの世界ではどのように描かれるのでしょうか。S660コンセプトに続く“コンセプトカーの車なご”とくとご覧ください!

RX-VISION「車なご」キャラクター解説

【車なご図鑑】RX-VISION
【車なご図鑑】RX-VISION【車なご図鑑】RX-VISION

キャラクター担当者:

来ましたRX-VISION!第44回東京モーターショーでお披露目されてから2か月足らずでの車なご参戦となりました!

これが車なごのいいところでもありますね。過去の名車達と最先端のコンセプトモデルが肩を並べる…これからもどんどん実現していきたい構図です!

さて、肝心のキャラクターデザイン。いつも思うのですがマツダの魂動デザインがなかなかの曲者でして(笑)クルマでしか出せない曲面の美しさを究極的に突き詰めたようなRX-VISIONのデザインを、異なる素材で表現するのはとても悩みました。その結果、あの艶めかしいヒップラインのキャラクターが生まれたのだと思っています。

異なる素材にもかかわらず、果敢に実車のリフレクションを表現した作家さんの筆は、まるでマツダのデザイナー魂が宿ったかのように情熱にあふれていました。

キャラクターとしては、自分がショーモデルであることを自覚して、過去と未来をつなぐ役割を意識したセリフの多い娘になっていると思います。これまでの車なごと達とは少し異なる目線から、車なごの世界を垣間見ることが出来ると思いますので、そういった意味でも注目のキャラクターになっているかと!

過去と未来をつなぐRX-VISION。ぜひその手で獲得してみてください!

▼RX-VISIONは12/30~1/4までのイベントでガチャに登場!

「車なごコレクション」とは

車なごコレクション

今回紹介したRX-VISIONが登場する『車なごコレクション』は、実在する車を擬人化したスマートフォンアプリです。豪華声優陣が彩るフルボイスも要チェック!登場する車種は100種類以上!

車なごコレクション 公式サイト

車なごは「クルマの擬人化」をテーマに、それぞれの車種が持つ歴史や販売当時のイメージ等を含めて、セリフやデザインを組み立てています。イラストとゲームだけでは語りきれないクルマの良さは、ご自身の目で見て、肌で感じて、クルマと車なごの両方を好きになっていただけたら嬉しいです。

▼前回記事はこちら!

【車なご図鑑】マツダ「CX-3」

▼車なごコレクションのダウンロードは以下からどうぞ!

AppStore  /Google play  /楽天アプリ市場

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 石苔亭いしだ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる