三菱、「ミニキャブトラック」を一部改良

燃費や快適性を向上

三菱 ミニキャブ トラック

三菱自動車は、軽商用車「ミニキャブトラック」の燃費や快適性を向上させるなど一部改良を施し、9月3日(木)から販売を開始する。価格は812,160円~1,210,680円(消費税込)とした。

「ミニキャブトラック」は、軽トラックトップレベルの荷台フロア長とし、荷台床面地上高を低く設定することで、優れた積載性を実現。作業効率を大幅に高めた。

また、軽トラックトップレベルの室内幅により、ゆとりある室内空間を実現したほか、足元スペースを広くとったことによる運転のしやすさ、広いドア開口部と低いシート座面による良好な乗降性を実現した。

さらに、最小回転半径3.6mと小回りが利くショートホイールベースで、悪路での走破性、積載時の重量バランスにも優れ、様々な場面での使い勝手を高めた。

主な変更点

(1)燃費の向上

・エンジン制御の変更により、5MT車の燃費(JC08モード燃料消費率)を1.2km/L向上させ、2WD車は19.8km/L、4WD車は19.6km/Lとした。また、3AT車は同じく0.4km/L向上させ、2WD車は17.2km/L、4WD車は17.0km/Lとした。

(2)快適性の向上

・運転席、助手席のシート座面を大型化することで、座り心地を向上させた。

・全車にエアコンフィルターを追加したほか、「G」グレードにはシート下の板金部分を覆うシートライザーカーペットを新たに採用、室内の快適性を向上させた。

(3)機能装備

・荷台のサイド左右1ケ所ずつに荷台平シート用フックを採用したほか、リアゲート中央部にゲートフックを追加し、作業性、積載性を向上させた。

・ルーフパネルに防錆鋼板を新たに採用し、ボディ表面積の100%を防錆鋼板としたことで、防錆性能を強化した。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 ミニキャブトラックの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ミニキャブトラックのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ミニキャブトラックの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ミニキャブトラックの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ミニキャブトラックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる