autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、プレマシーをマイナーチェンジ -ミニバン初のSKYACTIV搭載で燃費は「16.2km/L」へ向上-

自動車ニュース 2013/1/24 11:52

マツダ、プレマシーをマイナーチェンジ -ミニバン初のSKYACTIV搭載で燃費は「16.2km/L」へ向上-

マツダ 新型プレマシー SKYACTIV(2013年1月マイナーチェンジ)マツダ 新型プレマシー SKYACTIV(2013年1月マイナーチェンジ)マツダ 新型プレマシー SKYACTIV(2013年1月マイナーチェンジ)マツダ 新型プレマシー SKYACTIV(2013年1月マイナーチェンジ)

マツダ株式会社はミニバン「マツダ プレマシー」をマイナーチェンジし、2013年1月24日から販売を開始した。

今回の「マツダ プレマシー」マイナーチェンジでは、高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と高効率6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」の2つの「SKYACTIV技術」を2WD車の主力機種に搭載。

上質で気持ちのよい走りをさらに進化させ、ミニバンクラストップ(※)となる「16.2km/L」の低燃費を実現している。

デザインでは、新たに設定した最上級機種の「20S-SKYACTIV Lパッケージ」に、ハーフレザーシートやピアノブラックで加飾したセンターパネル、高輝度塗装を施した17インチアルミホイールなどを装備し、上質な内外装とされた。また、「SKYACTIV技術」搭載車には、TFTカラー液晶を採用した「SKYACTIV」専用メーターを設定し、インテリアの質感が高められている。

ボディカラーは、メインカラーの「ラディアントエボニーマイカ」など既存の5色に加え、新たに「ジールレッドマイカ」「ジェットブラックマイカ」「メテオグレーマイカ」の3色を採用。

装備では、アンダートランクの容量を拡大し、荷室の使いやすさを向上させている。また、「SKYACTIV技術」搭載車および4WD車に乗降しやすい大開口の電動スライドドアを標準装備し、ミニバンとしての機能性も高められている。

※2.0Lクラス乗用ミニバン(ハイブリッド車を除く、2013年1月現在 マツダ調べ)。

機種名

エンジン

駆動

変速機

価格

減税 レベル

20C-SKYACTIV

SKYACTIV-G 2.0

2WD (FF)

SKYACTIV-DRIVE

6EC-AT(アクティブマチック)

1,953,000円

75%減税

20S-SKYACTIV

2,205,000円

75%減税

20S-SKYACTIV Lパッケージ

2,352,000円

50%減税

20CS

2000 DOHC DISI

5EC-AT

(アクティブマチック)

1,799,000円

-

20C

2000 DOHC

4WD

4EC-AT

2,100,000円

-

20S

2,352,000円

-

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ プレマシー の関連編集記事

マツダ プレマシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ プレマシー の関連編集記事をもっと見る

マツダ プレマシー の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR