マツダ CX-5やスバル BRZ、ホンダ シビックにも! キャラクター問わず用いられるグレーカラーの魅力とは

画像ギャラリーはこちら
ボディカラーはクルマのイメージを決定づけるポイントとなり、クルマを購入する上でも悩むポイントになるだろう。

そんなボディカラーには最近グレーを採用するモデルが増えている。例えばトヨタ GRスープラやRAV4、日産 ノート オーラ、ホンダ シビック、マツダ MAZDA3やスバル レヴォーグなどがそうだ。もちろん、国産車だけでなく輸入車にも用いられているが、一体なぜグレーカラーが増えているのだろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. シルバーに代わってグレーの人気が高まっている
  2. マツダはボディカラーを造形の一部として開発する
  3. アウトドアシーンにも合うことからSUVにも積極的に使われている
  4. スポーツカーやハッチバックにも適したグレーカラー

シルバーに代わってグレーの人気が高まっている

自動車塗料を扱うアクサルタコーティングシステムズ合同会社が発表した「2020年度版世界自動車人気色調査報告書」では、新車の81%が無彩色と呼ばれる白や黒、グレー、シルバーとなる。

また、多くの市場でシルバーからグレーに人気がシフトしてきているといい、世界的に見るとグレーが白、黒についで15%、シルバーが9%だ。

また、ひとつのクルマをさまざまなシーンで使うことを想定していることもグレーが人気になっている要因と言えそうだ。街中、アウトドアのどちらにも馴染む色としてグレーを混ぜていくことで、違和感のない穏やかな色とし、加えて個性を出したいというニーズに応えていくとグレイッシュカラーが好まれるようになっていく。

マツダはボディカラーを造形の一部として開発する

マツダは「色も造形の一部」という独自の思想でカラーデザインにも定評がある。2016年にプレミアムカラーシリーズとして鉄の美しさを表現した「マシーングレープレミアムメタリック」、2019年には「ポリメタルグレーメタリック」を発表。マシーングレープレミアムメタリックは「機械が放つ精緻な美しさの追求」をテーマに、コントラストの力強さと表情の緻密さを高次元で両立。光が当たる面全体が強く輝き、そうでない部分は鉄独特の力強い黒色になっている。

一方、まずCX-30やMAZDA3に採用されたポリメタルグレーメタリックは塩ビ管をイメージし、樹脂と金属の素材感を表現し、上品さを際立たせている。「グレーの新しい領域を作った」としてクルマのカラーデザインの企画力や形との調和、内外装すべてのデザインの美しさを表彰するオートカラーアウォード2019のグランプリにも輝いた。

アウトドアシーンにも合うことからSUVにも積極的に使われている

その後、スバルでも2017年にSUVモデル「XV」にクールグレーカーキを採用。クールグレーカーキは、水色がかったソリッドグレーでアウトドアにも似合うボディカラー、XVのテーマである「ファン×アドベンチャー」を表現する車体色として設定された。

さらに2019年にマグネタイトグレー・メタリックが追加。フォレスターや2代目BRZなどにも設定され、アウトドアにも合い、スポーティ感もある面白いカラーデザインとなっている。

また、人気SUVのトヨタ RAV4 アドベンチャーグレードにもグレーを取り入れたカーキ色の「アーバンカーキ」はアウトドアに合うカラーとして好評だ。

スポーツカーやハッチバックにも適したグレーカラー

グレーはアウトドアシーンだけでない。上記に挙げた通り、トヨタ GRスープラの最上級グレード「RZ」には32万円ものオプションカラー「マットストームグレーメタリック」が台数限定で用意されていた。

ホンダ シビックやS660に用意されるソニックグレーパールはソリッド色が強く、スポーティさが高まっている。

ほかにも日産車で設定されるステルスグレーはリーフから採用されるソリッドグレーでノート オーラにも採用。ノート オーラはコンパクトハッチバックでありながらスポーティで引き締まった印象を受ける。

ボディカラーは実際に目で見ると違った印象を持つこともある

国産車の一部モデルを紹介したが、グレーカラーは最近のトレンドとなっているといえるだろう。街中にもアウトドアにも映えるグレーは個性を象徴するボディカラーとして人気が高まっているようだ。

国内外を問わず、今後もさらに個性的なカラーが増えていくだろう。長く乗り続けるクルマであるからこそ、できれば実物を見てボディカラーを選んでみてほしい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる