【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(3/5)

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一
トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/湾岸道路にて1 トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/湾岸道路にて2 トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/湾岸道路にて3 トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/湾岸道路にて4 画像ギャラリーはこちら

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート【郊外路編】

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の郊外路燃費測定中2

郊外路編では、主にハリアーハイブリッドとハリアー ガソリン車とのハンドリング、乗り心地の違いについてお伝えしよう。

ハンドリングに関する違いとしては、ハリアーハイブリッドはステアリングの重さがガソリン車より軽いことと、コーナーでステアリングを切った際にステアリングを通して感じる接地感が若干希薄に感じたことだ。

また、ハイブリッドもガソリン車と同じように同クラスのSUVに比べて若干ロールが大きいと感じることはあったが、特に気になるほどではなく、それ以外に特に不満に感じる点もないごく普通のレベルであった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/インパネ
トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/フロントシートトヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/リアシート

乗り心地については、小さな凹凸での入力に対する吸収はガソリン車と同様に申し分ない。

だが、ガソリン車よりも重量増に対応するためスプリングなどが硬い方向になっているせいなのか、上下動に対する収まりは動きが少なくガソリン車より良いが、路面の大きな凹凸を通過する際にはガソリン車では感じなかった「ガツン」とくるショックと、ガソリン車と同じくドタバタ感が見受けられたのは残念であった。

乗り心地をトータルとしてみればガソリン車と同等のレベルであるが、いずれにせよ乗り心地がハリアーの車格やイメージに追いついていないことは同じであり、早急な改善を願いたい。

ハイブリッドシステムに関しては、郊外路のペースでもEV走行をする頻度がそれなりに多いことは高く評価できる。

しかし、EV走行を行うためには減速時の回生制動でバッテリーに電力を効率良く戻すことが重要になり、そのためにはメーター左側のハイブリッドインジケーターが回生を表すチャージ側に振り切れない程度の丁寧なブレーキ操作が必要となるが、ハリアーハイブリッドは車重の重さとバッテリーの性能が釣り合っていないのか、減速エネルギーを無駄なくバッテリーに戻すにはブレーキ操作に若干気を使わされるところもあった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の郊外路燃費は「19.5km/L」

郊外路での燃費は「19.5km/L」と、さすがハイブリッドと思える好数値を記録した。

やはり適度に加減速がある郊外路では、ハイブリッドの強みは大きいということだろう。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 郊外路における実燃費/19.5km/L

(参考)トヨタ 新型ハリアー ガソリンモデル 郊外路における実燃費/15.1km/L

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる