三菱 デリカミニがアウトドアブランドのColemanとコラボ! アウトドア好き必見の車中泊仕様にカスタムされた2台を紹介【東京オートサロン2023】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2023年1月13日(金)〜15日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されていた東京オートサロン2023。

今回、三菱ブースでは新型となる軽自動車「デリカミニ」のショーモデルが展示されていました。三菱 デリカミニ ショーモデルの外観と内装を詳しく見ていきましょう。

目次[開く][閉じる]
  1. 三菱 デリカミニの概要
  2. 三菱 デリカミニ ショーモデルの外観(エクステリア)
  3. 三菱 デリカミニ ショーモデルの内装(インテリア)

三菱 デリカミニの概要

三菱の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」はSUVの野性味と、優れた実用性を併せ持つデリカのキャラクターを受け継ぎました。新型デリカミニは、デリカD:5のキャラクターを受け継いだ無骨なデザインが特徴的です。悪路のデコボコを乗り越えやすくし、快適性にも配慮しています。

三菱 デリカミニ ショーモデルの外観(エクステリア)

新型デリカミニ×コールマン

東京オートサロン2023の三菱ブースでは、デリカミニの市販前提車に加えてショーモデル「新型デリカミニ×Coleman(コールマン)」も展示されていました。

新型デリカミニ×コールマンは、三菱とアウトドアブランドのコールマンのコラボレーションによるカスタムモデルです。アウトドアを家族や仲間とともに楽しむことで、ワクワクする時間や新しい挑戦をする気持ちを後押ししたいという思いのもと、タイアップが実現しました。

新型デリカミニは軽SUVというカテゴリーで、アウトドアを楽しむのにもってこいのモデルです。今回のショーモデルでは、アウトドアを気軽に楽しむライフスタイルを提案しています。

新型デリカミニ×コールマンボディカラーは最新のコールマン製品とマッチするグレーとベージュを掛け合わせた「グレージュ」という専用色で、コールマンのブランドロゴであるランタンマークをサイドに大胆にラッピングしています。

また、グロスブラックを基調としたダイナミックシールドやテールゲートガーニッシュ、マッドフラップ、タイヤにはホワイトレターロゴをあしらっており、アウトドアシーンに映える純正用品も装着しています。前後の実際にアウトドアで使えるアクセサリー類を充実させ、ルーフキャリアも装着しました。

新型デリカミニ スノーサバイバー

もう一台のショーモデルである新型デリカミニ スノーサバイバーは、雪道を力強く駆け抜けるデリカのイメージをまとわせたカスタムカーです。

新型デリカミニ スノーサバイバーの外装は雪山をイメージさせるホワイトのボディカラーに、等高線をモチーフにしたグラフィックとスノーカモフラージュを施しました。

さらにフロントガードバーやルーフキャリア、リアラダー(梯)、オールテレーンタイヤを装着しています。最低地上高はさらに50mm高く、アウトドア感覚を一層強めました。

三菱 デリカミニ ショーモデルの内装(インテリア)

新型デリカミニ×コールマンの内装にはベッドキットも備えています。表面が平らになるので、快適に寝られそうです。車中泊はもちろんのこと、サイドストレージパネルなども備えたことで、収納性も高めています。

新型デリカミニ スノーサバイバーの内装にもコールマンと同様のベッドキットとサイドストレージパネルが装着されています。

なおこれらはショーモデルですから、軽自動車の規格枠に収まりません。従って「市販の予定はありません」とのことでした。しかし、アウトドア用品などパーツごとの販売は今後あり得るかもしれません。

また、新型デリカミニの購入を検討される方は、実際アウトドアに出かける際のイメージがより鮮明に描けそうです。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる