新型ハスラーを世界初公開|スズキ、東京モーターショー2019出展車両を発表【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:SUZUKI

ワールドプレミアは4台

スズキは、東京モーターショー2019の出展概要を発表。今回は新型ハスラーをはじめ、自動運転社会を見据えたオデルなどのコンセプトモデルと市販モデルを展示する。

スズキの出展コンセプトは「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」である。軽自動車で培ったノウハウなど、スズキが提案する小さなクルマだからこそできる「ワクワクのある毎日」を表現するという。

気になる出展車両を一気に紹介

出展車両1 「新型ハスラー コンセプト」充実の先進安全運転支援機能が魅力

2013年に登場し、大ヒットを飛ばしたハスラーの次期型コンセプトモデルが登場。ひと目見て「ハスラー」とわかるデザインとしながら、先進安全運転機能も充実なども図られた。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」の夜間歩行者検知機能や後退時ブレーキサポートなどを搭載。さらに、ターボモデルのみではあるが全車速追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールなども採用されるという。

同時にアーバンアウトドアスタイルと名付けられたモデルも登場。「カラフル」「楽しさ、ワクワク」などのハスラーのイメージに加え、専用のルーフラックやマッドフラップ、タイヤなどで”タフさ”や”力強さ”を表現する。

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラー
新車価格:
112.1万円176.7万円
中古価格:
49.8万円1,174万円

出展車両2「WAKUスポ」パーソナルコンパクトPHEV

軽自動車サイズの愛くるしいスタイリングながら、中身はじつはPHEV。航続可能距離などの細かなスペックは未公表となっている。

テーマは家族内シェアリングで、日常使いから趣味にと様々なシーンで使うことを想定している。最大のポイントはボディ形状を変えられることで、使用用途によってクーペ・ワゴンに自動で切り替えられる。さらに、その日の気分によってフロントの表情を切り替えられるのも面白い。

インパネは全面大型モニターを備えるうえ、サイドミラーはミラーレスタイプとなど先進性はバツグンだ。

出展車両3 「HANARE(ハナレ)」モバイルルーム自動運転車

自動運転社会を見据えたモデルで、各ホイール内にモーターを取り付けたインホイールモーターのピュアEVとなる。デザインテーマは家の「離れ」とし、遊びに使用したり、時にプライベート空間としても使用できる。

グリルやフェンダーにスズキのSUVデザインアイコンを使用することで「スズキらしさ」を表現。さらに、既存のクルマのように「前」「後」という概念をなくした自動運転時代の"新しいデザイン"を採用する。

ステアリングとインパネを廃したことで室内を最大化し、自由に座れるようクッション部が回転するソファーシートを採用。中央に設置される大型モニターでは、車両操作や目的地設定、さらにはゲームなどが楽しむことができ、ワクワクする移動時間を提供するという。

出展車両4 「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」子育て支援や災害時に活躍

軽商用車エブリイをベースに、ベビー用品メーカーの「コンビ」とコラボした子育て支援や災害時に活躍するモデルも出展。特徴的なボディカラーはコンビのブランドカラーを採用、普段は本来の商用車として、有事の際におむつ交換や授乳ができる、お母さんと赤ちゃんのためのベビー休憩室として活用できるのだ。

コンパクトな軽自動車をベースにすることで、必要なときに必要な場所に設置できるのが大きな特徴。荷室空間にはスライド式のおむつ交換用ベッドや授乳時にはシェードやカーテンなどを設置し、プライバシーも守れる空間となる。

スズキ/エブリイ
スズキ エブリイ
新車価格:
96.8万円190.9万円
中古価格:
11万円342万円

[筆者:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事