新型ハスラーは充実の運転支援機能で大胆進化!【東京モーターショー2019】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スズキ ハスラーはワゴンRをベースに2014年にデビューした、ワゴンとSUVのクロスオーバー軽だ。発売から5年が経過した今も人気のモデルだが、その新型がいよいよ東京モーターショー2019にて公開された。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ハスラーは全車マイルドハイブリッド搭載
  2. スズキの軽で初のACCを搭載
  3. 使い勝手も大幅向上!

新型ハスラーは全車マイルドハイブリッド搭載

新型ハスラーは現行モデル同様、2017年に発売されたワゴンRがベースとなるため、マイルドハイブリッドが全車に搭載され、燃費が向上するとみられる。

スズキの軽で初のACCを搭載

先進安全運転支援システムは現行モデルと同じ「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載されるが、新たに機能が3つ追加された。

ひとつ目は夜間の歩行者機能検知機能、ふたつ目は後退時ブレーキサポートの搭載、3つ目はターボ車限定ではあるがアダプティブクルーズコントロール(以下ACC)がスズキの軽自動車では初めて搭載された。

ACCは全車速タイプではあるものの、パーキングブレーキは既存のフット式を採用。ACCに、車線逸脱抑制機能も備わっている。

使い勝手も大幅向上!

ハスラーは兄弟車のワゴンRも含め、今までラゲッジルームからは後席のスライド操作は行えなかったが、新型ハスラーでは荷室側から前後にスライド操作ができるようになり利便性が向上。さらに、防汚性の高い素材をラゲッジルームに採用し、よりタフな使い方が可能となる。

おそらく販売は年明けと見られ、新型ハスラーの購入を考えている人は会場でその姿を確認してほしい!

[筆者:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事