これって「アルファード」!?|上海ショーデビューのレクサス「LM」、日本導入はどうなる??【動画あり】

中国版「ヴェルファイア」登場直後に発表されたレクサス最高級ミニバン「LM」

レクサスは上海国際モーターショー2019(一般公開:2019年4月18日~25日)のプレスデーで、レクサス初となるフラッグシップ版大型ミニバン「LM300h」を世界初公開した。

その姿を見た日本人メディアの多くは「これって、アルヴェル!?(アルファード/ヴェルファイア)」と思ったに違いない。

この30分ほど前、同会場の別ブースで行われたトヨタ記者会見では、「ヴェルファイア」の中国初上陸が発表されたばかりだった。これまで中国向けには「アルファード」のみが販売されていたが、兄弟車である「ヴェルファイア」の導入が決まったのだ。これに伴い、中国向け「アルファード/ヴェルファイア」はパワートレインを2.5リッターハイブリッド1本に絞られることになった。

一方、レクサス「LM」はハイブリッド車の「300h」として発表されており、これも中国版「アルファード/ヴェルファイア」と同じ2.5リッターハイブリッド車となる。

一部メディアに「LM」は3リッターV6の「LM300」と2.5リッターハイブリッド「LM300h」の2本立てという記事がある。これについて、レクサス関係者は、中国向けは「LM300h」のみ導入と説明した。

>>これがレクサス版ミニバン「LM」!|本家アルヴェルと比較してみる[フォトギャラリー(画像40枚)]

レクサス LMの日本導入はありか、なしか?

では、「アルファード/ヴェルファイア ハイブリッド」と「LM300h」との違いはなにか?

発表現場では詳細なスペック資料の配布がなかったが、記者会見を見る限り、違いはインテリアの豪華さだ。特にリアシートまわりの高級な収納スペースやエンタテインメント機器など、レクサス「LM300h」は贅沢な4人乗り仕様、しかも運転席と後席はパーテーションで完全に仕切られており、高級リムジンの雰囲気を感じさせる。

日本における「アルファード/ヴェルファイア」は、家族で楽しむ、またはひとりで運転しても楽しいという商品性が優先するが、レクサス「LM300h」は運転手付きのショーファーカーに徹しているイメージが色濃い。

では、レクサス「LM300h」、または「LM300」の日本導入はどうか?

今回の記者発表で登壇した、レクサスインターナショナル・プレジデントの澤良宏氏は「中国のお客様からのご要望に応えて」と、「LM」導入のきっかけについて触れた。日本市場導入に関しては、現時点でレクサス側からのコメントはない。

筆者の予想では・・・日本導入はなし!?

記者発表の現場での、筆者の肌感覚としては、日本導入の可能性は低いと思う。なぜならば、日本では小型、中型、そしてアルヴェル級の大型まで、ミニバン文化がしっかりと根付いており、そうした社会背景の中で、レクサス「LM」の立ち位置が想像できないのだ。

「LM」は、レクサスが世界市場において、高級ブランドとしての地位を確立させるためには必要不可欠なモデルだと思う。だが、日本市場では結局、アルヴェルとの差別化が極めて難しい。 

[筆者:桃田 健史/撮影:桃田 健史]

>>これがレクサス版ミニバン「LM」!|本家アルヴェルと比較してみる[フォトギャラリー]

【レクサス公式動画】ntroducing the Lexus LM

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる