【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎
マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・リア マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント 画像ギャラリーはこちら

コンパクトカーとは思えない、座り心地に優れたドライバーズシート

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・サイド
渡辺 陽一郎さんマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/インテリア

新型デミオは、運転姿勢にもこだわっている。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を先代デミオに比べて80mm拡大し、その大半を運転席の着座位置と前輪との間隔に費やしている。ドライバーから見て、前輪を80mm前方に押し出した。結果、ペダルが前輪の収まるホイールハウスに干渉しにくくなり、アクセルとブレーキペダルをそれぞれ20mm右側に寄せている。

前輪駆動の軽自動車やコンパクトカーは、ペダルが左側へ寄ってしまうが、新型デミオでは右足を真っ直ぐ伸ばしたところにペダルがある。アクセルペダルの形状は、従来型はブレーキペダルと同様の吊り下げ式だったが、新型はペダルの下側が床に接する大型のオルガン式だ。微妙なアクセル操作が行いやすくなった。

運転席は座り心地に優れ、ペダルの配置も最適化されたからコンパクトカーとは思えない。座った時の感覚は、アクセラなどのミドルサイズハッチバックに近い。

運転席の良さに比べて後席の居住性はライバルと比べてやや劣る

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/インテリア

その代わり、ボディサイズの割に、後席の居住性には不満を感じる。

ホイールベースを80mm拡大して2570mmになり、全長は160mm伸びて4060mm。これらの数値はフィットを上まわるが、後席の広さは先代デミオとほぼ同じだ。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ分。

2つ半のフィット、3つ弱の「日産 ノート」に比べて窮屈に感じる。全高も1500mmと少し低く、天井を後ろに向けて下降させたから、頭上には握りコブシが収まらない。座面や背もたれの造りは柔軟で、座り心地も良いが、窮屈だから快適とはいい難い。荷室も同様で、実用性に不満はないがフィットのような多機能はない。

マツダ 新型 デミオ

新型デミオの室内レイアウトは、既存の車種では「スズキ スイフト」に似ている。

スイフトも現行型ではホイールベースを40mm、全長は95mm伸ばしたが(それでも3850mmに収まる)、後席のスペースはほとんど広げていない。従って新型デミオはファミリーカーには適さないが、すべてのユーザーがコンパクトカーに快適な後席を求めるわけではないだろう。

4名乗車の機会が少ない場合、前席の居住性と走行性能を追求した方が、ユーザーのメリットは大きい。なので後席の居住性や荷室の使い勝手を重視するならフィット、ドライバー本位の設計が好みなら新型デミオと選び分けたい。先代デミオも前席を優先させた設計だったから、「スカイアクティブテクノロジー」を用いて走行性能や乗り心地を向上させながら、基本路線は変えていない。

ちなみにプラットフォームは「スカイアクティブシャシー」だが、CX-5/アテンザ/アクセラが採用するタイプとは、考え方は同じでも設計が違う。CX-5やアテンザのプラットフォームを使うと、全幅を1695mmの5ナンバーサイズに収められないからだ。表現を変えれば、新型デミオは走行性能を高める一方で、5ナンバーサイズにもこだわった。

マツダ 新型 デミオと渡辺 陽一郎さん

最近のマツダ車はボディを拡大させて、海外を向いたメーカーのように見えるが、新型デミオは国内市場も見据えている。「海外偏重に陥った日本車の開発姿勢」が疑問視される中で、ちょっと嬉しいクルマの登場だと思う。5ナンバーサイズに収まるプラットフォームの新規開発も、近年では珍しい。

クルマ自体も優れているが、マツダの心意気も応援したい気分だ。ほかのメーカーも「日本に適した日本車」を盛り上げていただきたい。

前へ 1 2 3

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ デミオの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ デミオのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ デミオの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ デミオの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ デミオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる