【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

【試乗】マツダ 新型デミオ [プロトタイプ] 試乗レポート/渡辺陽一郎
マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・リア マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・フロント 画像ギャラリーはこちら

他のコンパクトカーより1ランク勝る操舵感の良さ

新型デミオの操舵感は、最近のマツダ車らしく正確に曲がる印象。

いわゆる一般的なコンパクトカーは後輪をしっかりと接地させて安定性には優れているが、少し速度を高めた状態では概して曲がりにくく、クルマ好きのドライバーは「イマイチ楽しくない」と感じてしまう車種が多い。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/走行イメージ4マツダ 新型 デミオ 1.3リッター ガソリンエンジン搭載モデル(FF ボディカラー:ダイナミックブルーマイカ/走行イメージ

だが新型デミオの操舵感は、ライバル車に比べて1ランク勝る。

アクセラほどではないが、舵角に応じて車両の向きを変えやすい。その分だけ相対的に後輪の安定性は下がるが、不安を抱くほどではない。舵角が拡大しにくいから走りのリズムをつかみやすく、スイスイとコーナーを曲がれるのだ。

1.3リッターのノーマルエンジン搭載車は、ディーゼルに比べて前輪側の重量が70~100kg軽い。軽快感があって馴染みやすいが、少し積極的に走ると扁平率が65%とあってタイヤに歪みが生じやすい。エコ指向で路面をつかむ性能もさほど高くないから、市街地向けになるだろう。1.3リッターエンジンの性格に合っている。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック/エクステリア・ホイール

ディーゼルエンジン搭載車の16インチタイヤは、思った以上にグリップ力が高い。

前述のようにボディの前側が重く、軽快感は少し下がるが、タイヤのヨジレは生じにくい。相応に攻めている気分を味わえた。前輪側の重さを利用して、旋回中にアクセルペダルを故意に緩め、車両の向きを変える走り方も可能だ。奥の深い運転感覚に仕上げられている。

マツダ 新型 デミオ 1.3リッター ガソリンエンジン搭載モデル(FF ボディカラー:ダイナミックブルーマイカ/エンジン

動力性能はどうだろうか。1.3リッターのガソリンエンジンは、最高出力が92馬力(6000回転)、最大トルクは12.3kg-m(4000回転)で、性能はコンパクトカーの平均水準だ。

細かく見れば4000回転付近から速度の上昇が活発化するが、実用回転域も使いやすい。日常性を重視して開発され、際立った特徴はない。

ただしチューニングは凝っていて、アクセルを踏み込んだ瞬間、0.3秒の時間差を置いて動力性能が高まる。

ドライバーがアクセルを踏んだ時には、加速に備えて首の筋肉が緊張するが、そうなるまでに0.2~0.3秒を要するためだ。時間差を置いて加速すれば、ドライバーの首が前後に振られにくい。

パワフルで、運転感覚の楽しいコンパクトカー

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/インテリアマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)

新型デミオに用意されるトランスミッションは、「6速AT」と「5速MT」。

ATはほかのコンパクトカーのような無段変速のCVTではないから、1.3Lのガソリンでも相応にメリハリがある。エンジン性能は平凡でも、運転感覚にダイレクト感を持たせた。

ディーゼルは思い切り個性的だ。最高出力は105馬力(4000回転)、最大トルクは6速ATが25.5kg-m(1500~2500回転)、6速MTが22.4kg-m(1400~3200回転)になる。

MTはATよりも容量が小さく、最大トルクを下げたから発生回転域が広がった。最大トルクの数値は、ガソリンエンジンでいえば2.3~2.5リッター並み。1400~4000回転付近では、動力性能が高い。

アテンザなどが搭載する2.2リッターのターボは大小2つのタービンを備えるが、新型デミオはシングルタービン。高回転域の伸びでは少し見劣りするが、コンパクトカーの中では相当にパワフルだ。

気になったのは、回転数が極端に下がった時の動力性能だ。

平坦路を時速40~50kmで巡航していると、1200~1300回転を使うことも多い。この状態で坂道に差し掛かったり、緩い加速を開始すると、回転が高まらずモタツキを感じる。それでも前述の走行安定性や乗り心地と相まって、運転感覚の楽しいコンパクトカーとなった。

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ デミオの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ デミオのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ デミオの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ デミオの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ デミオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる