ランドローバー フリーランダー 試乗レポート

  • 筆者: 竹岡 圭
  • カメラマン:原田淳
ランドローバー フリーランダー 試乗レポート
フロントスタイリング リアスタイリング インパネ フロントシート エンジン タイヤ&アルミホイール シフト ラゲッジスペース 試乗 画像ギャラリーはこちら

コンパクトサイズの本格派4×4モデル---新型フリーランダー

フロントスタイリングリアスタイリング

4×4専門メーカー、ランドローバーのいちばん小さなモデル、フリーランダー。この「小さな」というのがミソで、実はコンパクトサイズの本格派4×4モデルは、意外と少ない。少なくともプレミアムと銘打っていいものは、他にはないのである。

ラフロードを主眼に置いた場合、奥深い林道や雪道となると、想像以上に狭い道も多かったりするので、意外と小ささが有利に働く場面が多いのだが、そのぶん実用面ばかりが追求されたものが多く、プレミアム感とはほど遠いのが現状だ。しかし、そこはかのレンジローバーを有するランドローバー。エントリーモデルとも言える位置付けにあるにせよ、そこには専門メーカーが納得して送り出すだけのことはある本格的な運動性能と、プレミアムブランドとしての誇りとも言える品質感が具現化されている。

今回のマイナーチェンジでの主な変更点は、フロント&リアのエクステリアデザインと、インテリア、そして電子4×4テクノロジーの最新化。より、上質感と、走行性能がグレードアップされたというわけだ。

見た目だけではなく、実用面でもグレードアップ

インパネフロントシート

いわゆるランドローバーファミリー顔になったフリーランダー。より、高級感と統一感が醸し出されているが、実はこの変更は見た目だけではない。ツインポケットと呼ばれるクリアレンズが採用されたヘッドライトは、従来型と比較して約70%も光量がUPしているのである。視界が確保しやすいというのは、運転する上でこの上なくありがたいことなので、このデザインと機能の両立はさすがといったところだろう。また、テールランプも高い位置へ移動され、泥などの汚れの付着の軽減と、後続車からの視認性の向上に一役かっている。

インテリアは、エントリーモデルということもあり、カジュアルテイストにまとめられているが、決して安っぽくはなく、むしろ質感は高められているところがランドローバーらしい。上級モデルのHSEには、本革シートとシートヒーターも装備されるなど、寒い冬にありがたみを実感させてくれる装備もついている。

しかし、国産SUVのような、いわゆるおもてなし装備はあまりなく、カップホルダーなどはダッシュボードの上にあったりするなど、使い勝手的にはもうひとつなところもあるが、この雰囲気を壊さない程度に必要なものは揃っているので、不満を感じることはないはずだ。

ドライビングポジション的には、シートリフターは装着されていないが、視界的に困ることはない。ただし、ステアリングの調整はチルトのみでテレスコピックは装備されていないので、ステアリングボスが厚いぶん、特に高速道路などでの走行は、若干シートバックの角度調整が微妙なところもある。

ヒラヒラと元気に走り回ってくれる

エンジンタイヤ&アルミホイール

その外観からは想像もつかないほど、乗り味はカッチリしている。しかし、高速道路などでも突き上げが大きいなどということは決してなく、見事にいなしてくれるなんてところは絶妙なセッティングだ。

小振りなボディはガッチリした剛性感も持っており、足もよく動いてくれるので、ワインディングに持ち込んでも、ヒヤッとするような場面は見当たらない。クルマの性格からして、振り回すような気はあまり起こらないかもしれないが、ヒラヒラと元気に走り回ってくれるのだ。

街中では、発進時のアクセルレスポンスが今ひとつと感じることもあるが、それは早急。その後低回転域からトルクは十分感じられるし、ストップ&ゴーの多い街中や、特にラフロードというステージでは、多少ラフなアクセル操作を行っても、スルスルと発進してくれるという美点に変わり、非常に扱いやすいセッティングだと唸らせられるはずだ。

トランスミッションは、自動的にシフトダウンもしてくれるものだが、場面によってはその際のショックが少々大きめに感じられることもある。しかしそれもストレスは感じない程度に収まっている。

ドライバーを助けてくれる装備は惜しみなく奢られている的

シフトラゲッジスペース

フリーランダーには、ヒルディセントコントロールという急勾配の下り坂で手を貸してくれるデバイスが奢られている。使い方もギアを1速に入れ、シフトレバーの横にあるボタンをポンと押すだけという、非常に簡単なものだ。すると、ドライバーはステアリングにだけ集中し、ペダル操作をまったくしなくても、エンジンパワーの制御とABSを駆使して、クルマはゆっくり下っていってくれる。その際、アクセルやブレーキペダルをちょこっと踏んでしまっても、キャンセルされないので、非常に使いやすいと言えるだろう。

効果のほどは、ガリガリの氷の下り路面でも、驚くほど威力を発揮してくれると言い切っていいほどのもので、特に雪道やラフロードに慣れていないドライバーには、心からありがたい装備と言えるもののひとつだと思う。

また他にも、バックギアに入れた際にワイパー動かすと、自動的にリアワイパーが動いてくれるなど、パッと見だけではわからないおもてなしコマンドが隠されていたりもする。実際使う場面を想定して、ドライバーを助けてくれる装備は惜しみなく奢られているところが、真のプレミアムと言い切れる証なのだろう。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

竹岡 圭
筆者竹岡 圭

OLを経て、自動車専門誌を皮切りに、モータージャーナリスト活動を開始。国内外のレース、ラリーなど自らモータースポーツ活動に関わりながら、海外のモーターショーを精力的に回るなど、なにごとにも積極的に取り組んできた結果、近年は一般誌、女性誌、Web媒体、新聞、TV、ラジオなど、その活動はとても多彩なジャンルに広がっている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ランドローバー フリーランダーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー フリーランダーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー フリーランダーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー フリーランダーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー フリーランダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる