キャンプでコーヒーを楽しめるおすすめ道具35選|淹れ方・選び方のコツも紹介

画像ギャラリーはこちら
キャンプの楽しみといえば焚き火やバーベキューなど様々なものがありますが、ワンランク上の大人のキャンプにおすすめしたいのがコーヒータイム。普段より手間暇をかけてコーヒーを淹れ、自然の中でゆっくり味わうことで、豊かな時間を過ごせます。

今回は、キャンプ場でコーヒーを淹れる方法や、そのために必要なアイテムについて解説いたします。また、それぞれの方法に適したおすすめ商品35選もご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. キャンプ・アウトドアで淹れるコーヒーは格別!
  2. キャンプ用コーヒー道具を選ぶ際の4つのポイント
  3. キャンプでコーヒーを淹れる方法
  4. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ35選
  5. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ミル
  6. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ドリッパー
  7. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|パーコレーター
  8. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|コーヒープレス
  9. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ケトル
  10. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|エスプレッソマシン
  11. キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|カップ・マグ
  12. まとめ

キャンプ・アウトドアで淹れるコーヒーは格別!

毎朝のリフレッシュや、夕食後のリラックスタイム、仕事中の気分転換などにコーヒーは必須アイテムという人も少なくないのではないでしょうか。

お家で飲むコーヒーももちろん美味しいですが、アウトドアシーンで緑を眺めたり、寒い中焚き火を囲んだりしながら飲むコーヒーは格別です。

普段は時間がなくてインスタントコーヒー派という人も、時間を贅沢に使えるキャンプ中なら、豆から挽いたりドリップしたりと、いつもよりじっくりコーヒーを楽しめますよ。

ワンランク上の大人のキャンプを楽しむために、コーヒーを楽しむ時間を取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャンプ用コーヒー道具を選ぶ際の4つのポイント

それでは、キャンプ用のコーヒー用品を選ぶ時、押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

味わいの好みによって抽出方法が異なる

コーヒーは、同じ豆でも淹れ方によって味わいが異なります。

コーヒーを抽出する道具には様々な種類がありますが、それらは大きく「浸漬式」と「透過式」の2種類に分けることができます。

浸漬式:コーヒーをお湯や水に漬け込むことによって抽出する方法(代表的な道具:フレンチプレス・サイフォン・水出しコーヒー・メリタ(ペーパー)など)

透過式:コーヒーにお湯を通過させることによって抽出する方法(代表的な道具:ペーパードリップ・ネルドリップ・マキネッタなど)

浸漬式で淹れたコーヒーは、成分をしっかり抽出するため、ボディのあるコーヒー豆本来の味を楽しみやすいです。

一方、透過式のコーヒーは過抽出になることなく、クリアな味わいになりやすいと言われています。

まずはどちらの味わいが好みかで、大まかに抽出方法を決めましょう。

道具ごとの詳しい使い方や特徴については、後の項目で解説します。

どのくらいの量を淹れたいか

使用する道具によって、一回に作れるコーヒーの量が異なります。

キャンプに行く人数や、コーヒーを飲む量によって、適した道具を選びましょう。

例えば、ドリッパーやコーヒープレス、エスプレッソマシンなどなら、一回に作れる量は1〜3人分ほど。

パーコレーターやフィールドコーヒーだと、サイズによっては一気に何リットルもコーヒーを作ることが可能です。

キャンプ・アウトドアにも便利に持ち運びしやすいか

持ち運びやすさは、キャンプ道具を選ぶ上で重要なポイント。

陶器やガラス製品は割れてしまう可能性があるので、衝撃を与えても壊れにくいステンレス、アルミ、ホーロー、シリコンなどの素材がおすすめです。

また、大きさ・重さ・折りたたみ可能かどうかなど、サイズ感も重要なポイントとなります。

愛着の持てるデザインか

キャンプ中のコーヒータイムをより楽しむためには、デザインも重要です。

使い勝手の良いアイテムでも、なんとなく見た目が好みでないと使っていても楽しくなく、いつの間にか仕舞い込んでしまうということもありえます。

せっかく購入するなら、機能性だけではなくデザインにもこだわり、愛着の持てるアイテムを手に入れましょう。

キャンプでコーヒーを淹れる方法

キャンプでコーヒーを淹れる方法には、様々なものがあります。

それぞれ、手順や味わいが異なるので、自分にぴったりのものを見つけてみましょう。

簡単で後始末も楽なドリッパー

ドリッパーは、漏斗型の道具にフィルターを敷いてコーヒー粉を入れ、上からお湯を注いでコーヒーを作ります。

喫茶店などでもよく目にする光景なので、馴染みがある人も多いでしょう。

淹れ方がシンプルですし、使用後はコーヒー粉をフィルターに包んで捨てるだけなので、初心者も手軽に扱えます。

その一方、豆の粗さやお湯の温度、注ぎ方など、細かなテクニックでコーヒーの味が変わるので、上級者も飽きずに楽しめるのもポイントです。

大人数でもOKのパーコレーター

パーコレーターとは、ケトルの下部に水、上部のバスケットにコーヒー粉を入れ、それを火にかけて沸騰させることにより、お湯を沸かしながらコーヒーを抽出する方法です。

火にかけるだけなので手間がかからず、ケトルの容量分の均一なコーヒーができるので、大人数でのキャンプにおすすめ。

また、喫茶店などではほぼ使わない抽出方法なので、キャンプならではの楽しさがあります。

お湯を何度も循環させながら抽出していくので、味わいは加熱時間を変えることによって調節できます。

本格的なコーヒーならプレス式

プレス式コーヒーの作り方は、プレス機に粗挽きの豆を入れてお湯を注ぎ、数分放置するだけなのでとてもシンプルです。

注ぐときに豆を濾す手間はありますが、テクニックを問わず誰でも安定したコーヒーを淹れられるでしょう。

ドリップコーヒーのようにフィルターを使わないため、雑味や油分も含めて豆の味をダイレクトに味わうことができるのも特徴です。

豆の味にこだわりたい人に、おすすめの方法です。

エスプレッソマシンは濃い仕上がりに

エスプレッソメーカーは、マキネッタとも呼ばれます。

ケトルのような道具の下部に水、上部にコーヒー粉を入れて火にかけると、水が沸騰する圧力によって上側に吹き上がり、サーバーにコーヒーが溜まっていくという仕組みです。

蒸気の圧力をかけて抽出するので、他の道具よりも濃い仕上がりになり、喫茶店のような本格的な味を楽しめます。

そのままエスプレッソとして楽しむほか、ミルクで割ってカフェラテを作るのもおすすめです。

北欧スタイルのフィールドコーヒー

フィールドコーヒーは、北欧を中心に親しまれているワイルドな抽出方法。

やかんに水を入れて沸騰させ、そこにコーヒー粉を加えて一定時間煮出すというシンプルな手順です。

必要な道具はやかんだけなので、誰でも気軽にチャレンジできます。

ただし、コーヒー粉の量や煮出し時間の調節が難しく、また仕上がりは濃く苦めになりやすいので、ある程度上級者向けと言えます。

気軽に楽しみたいならドリップパックやインスタント

ドリップパックやインスタントコーヒーなら、カップとお湯を沸かす道具さえあれば気軽にコーヒーを楽しめます。

できるだけ荷物を減らしたい方や、特にこだわりはなくコーヒーが飲めれば良いという方にぴったりの方法です。

まずは手軽な方法から始めて、もっとこだわりたくなったら本格的な道具を探し始めても良いでしょう。

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ35選

ここからは、キャンプにおすすめのコーヒー道具をご紹介します。

おすすめミル5選おすすめドリッパー5選おすすめパーコレーター5選おすすめコーヒープレス5選おすすめケトル5選おすすめエスプレッソマシン5選おすすめカップ・マグ5選で、計35選形式でピックアップ!

1つずつ、メリットやデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※アフィリエイトについて

MOTAはAmazonや他のECサイトが取り扱う商品をリンクとともに紹介することがあります。読者が商品URLをクリックした後、商品を購入するとMOTA(運営:株式会社MOTA)はECサイトから紹介手数料として購入代金の一部を受け取ることがあります。

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ミル

コーヒーミルは、コーヒー豆を挽いてコーヒー粉にするための道具です。

最初からコーヒー粉を購入するなら不要ですが、あると挽く過程から楽しんだり、粗さを調節して味わいを変えたりすることができます。

ハリオ コーヒーミル MSS-1TB

一回で約2杯分のコーヒーを挽けるコンパクトなコーヒーミルです。挽けた量が一目でわかり、目盛りで必要な粉の量が確認できるので、初心者におすすめ。

クリアな部分はガラスではなくポリプロピレンなので、持ち運び中に割れてしまう心配もありません。パーツを分解して水洗いできるため、長く愛用できるのもポイントです。

ハリオ コーヒーミル MSS-1TB
サイズ15x7.2x22cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点))2,140
楽天販売価格(2021年12月3日時点))2,200

キャプテンスタッグ ハンディー コーヒーミル UW-3501

粗さ調節機能付きで、挽き方を無段階調整できるコーヒーミルです。様々な抽出方法に対応できるので、いろいろな味わいのコーヒーを試してみたい人におすすめです。

「1mmでも小さく、1gでも軽いものを」をコンセプトに作られていて、219gととても軽量です。一回に挽ける豆の容量は17gで、1〜1.5杯くらいが目安。ソロキャンプにぴったりのアイテムです。

キャプテンスタッグ ハンディー コーヒーミル UW-3501
サイズ(約)本体/Φ46×高さ135mm、ハンドル/28×113×高さ35mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,336
楽天販売価格(2021年12月3日時点)3,440

キャプテンスタッグ コーヒーミル UW-3540

内容量26gで、1回に2〜3杯分の豆が挽けるコーヒーミルです。上部のダイヤルを回すことにより、粗さを13段階に調整できます。

ハンドルを取り外すことができ、専用の収納ケースもついているのでコンパクトに持ち運べるのがポイント。総重量315gと軽量で、機能性・携帯性ともに優れたおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグ コーヒーミル UW-3540
サイズ(約)使用時/Φ60×高さ165mm(本体のみ)、収納時/Φ60×高さ115mm(本体のみ)
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)4,991
楽天販売価格(2021年12月3日時点)5,278

HAOCOO コーヒーミル

直径4.5cmのコンパクトなコーヒーミルです。1〜2杯用と1〜4杯用の2サイズがあり、ニーズに合わせて選ぶことができますよ。

パーツを分解して全て水洗いできるので、長く清潔に使えます。1〜2杯サイズなら1,000円台で購入できるコスパの良さも魅力です。

HAOCOO コーヒーミル
サイズ45 x 45 x 132 mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)2,099
楽天販売価格(2021年12月3日時点)3,564

ヴィンテージイノックス コーヒーミル

マット加工の本体と、木製のハンドルがおしゃれなコーヒーミルです。細めのシルエットなので、しっかり握って挽きやすいのもポイント。

パーツごとの販売も行っているので、もし壊れても修理して長く使い続けることができます。お洒落なボックスに入って届くので、プレゼントとしてもおすすめのアイテムです。

ヴィンテージイノックス コーヒーミル
サイズW12.9×D4.6×H15.8cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)6,600
楽天販売価格(2021年12月3日時点)8,626

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ドリッパー

ここでは、初心者から上級者まで楽しめる、ドリッパー5選をご紹介します。

キャプテンスタッグ コーヒードリッパー

軽量で持ち運びやすい、シリコン製のドリッパーです。使わない時は押しつぶすだけで簡単に折りたたむことができ、円盤型にして持ち運ぶことができます。

柔らかいシリコン製なので、割れたり歪んだりするリスクがないのもポイント。500円を切る価格も魅力的です。カラーは、オレンジとブラウンの2色となっています。

キャプテンスタッグ コーヒードリッパー
サイズ(約):φ110×高さ80mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)455
楽天販売価格(2021年12月3日時点)605

ミュニーク Tetra Drip 01P

3枚の板状パーツを組み合わせるとドリッパーになる、ユニークな商品です。12gととても軽量で、分解すれば板状になるのでかさばりません。

とにかくコンパクトなドリッパーが欲しい人におすすめです。カラーはグレー、イエロー、ブルー、レッドの4色で、人数分を色違いで揃えたくなるかわいいアイテムです。

ミュニーク Tetra Drip 01P
サイズ103×69×4.5mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,000
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,077

カリタ コーヒー ドリッパー

クラシックな雰囲気の、ステンレス製ドリッパーです。組み立てが必要ないので、荷物から出してすぐに使えます。

1〜2人用と2〜4人用の2サイズがあり、使用人数に合わせて選ぶことができますよ。ちなみに、単品販売の他にフィルターやサーバーとのセットも販売されているので、コーヒー用品を一気に揃えたい人にはそちらがおすすめです。

カリタ コーヒー ドリッパー
サイズ11.3 x 11.3 x 7.6 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)6,600
楽天販売価格(2021年12月3日時点)6,682

ハリオ V60メタルドリッパー

ステンレス製の丈夫なドリッパーです。熱伝導効率が良い素材なので、ドリッパーを温める手間がなく、効率よく抽出することができます。

サイズは1〜4人用で、ソロキャンプにもファミリーキャンプにも対応可能。コーヒー粉をはかる計量スプーンが付属してるのも、嬉しいポイントです。

ハリオ V60メタルドリッパー
サイズ14.5×12×9cm、 口径:12cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,991
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,998

KIKKERLAND Collapsible Coffee Dripper

メタルワイヤー製で、軽量かつ折りたたみ可能なドリッパーです。使わない時には、完全に平らにすることができるので持ち運び時にかさばりません。

ちなみに、ご紹介しているのはシルバーの商品ですが、ゴールドもあるので好みで選ぶことができます。デザイン雑貨で有名なキッカーランド社製ということもあり、デザインにこだわる方にもおすすめです。

KIKKERLAND Collapsible Coffee Dripper
サイズ22.2 x 7 x 7 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,426
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,320

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|パーコレーター

次に、一気にたくさんコーヒーを作れるおすすめパーコレーター5選のご紹介です。

キャプテンスタッグ パーコレーター M-1224/M-1225

ステンレス製の丈夫なパーコレーターです。サイズは3カップ、6カップ、12カップの3パターンがあるので、使用人数に合わせて選びましょう。

アウトドアメーカーなので持ち運びを想定した軽量・コンパクトな作りで、3カップサイズの総重量はたった390gです。12カップタイプには吊り下げ用のツルもついていて、焚き火で使いたい人におすすめです。

キャプテンスタッグ パーコレーター M-1224/M-1225
サイズ15.5 x 15.5 x 10.2 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,059
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,260

スノーピーク チタンカフェプレス3カップ CS111

チタン製のダブルウォールで、保温性の高いパーコレーターです。使用方法はコーヒープレスとパーコレーターの中間のようなイメージで、水とコーヒー粉を中に入れた上で、火にかけて使います。

内側に目盛りがついているので、作りたい量に合わせて水量量を調節できて便利です。同シリーズのマグカップも販売されているので、一緒に使うと雰囲気を統一できます。

スノーピーク チタンカフェプレス3カップ CS111
サイズ8.1 x 8.1 x 14 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)7,639
楽天販売価格(2021年12月3日時点)10,022

ペトロマックス パーコレーター

一気に2.1Lものコーヒーを作ることができる、大型のパーコレーターです。複数の家族で行くような、大人数のキャンプにおすすめ。

吊り下げ用のツルがついているので、焚き火の上で使用することも可能です。フタのつまみは熱くならないガラス製なので、使用中も中を確認することができ、抽出具合を確かめやすいのがポイントです。

ペトロマックス パーコレーター
サイズ20.5×21×15cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)14,300
楽天販売価格(2021年12月3日時点)16,684

ペトロマックス ニューパーコマックス

ヴィンテージ風の雰囲気が魅力の、ホーロー製パーコレーターです。内側はステンレス製なので、サビたり変色しにくいのがポイント。

カラーはブラックとホワイトの2種類で、好みに合わせて選ぶことができます。容量は1.5Lなので、大人数でのキャンプや、コーヒーをたっぷり飲みたい人におすすめです。

ペトロマックス ニューパーコマックス
サイズ21.5×15×15cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)6,633
楽天販売価格(2021年12月3日時点)6,600

南海通商 コーヒーパーコレーター 3cup

3カップ分のコーヒーが作れる、比較的コンパクトなパーコレーターです。外側にカップ数を基準にした目盛りがあり、必要な湯量を簡単に確認できます。

シンプルな機能とデザインで過不足がなく、「必要十分」と高く評価しているレビューが多数。また、内部で粉が落ちにくいのもレビューで好評なポイントです。

南海通商 コーヒーパーコレーター 3cup
サイズ約W16×D9.5×H14.5cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,740
楽天販売価格(2021年12月3日時点)3,740

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|コーヒープレス

豆の味をダイレクトに味わいたいなら、コーヒープレスを使うのがおすすめです。

ボダム トラベルプレスセット

ボディがクリアで、コーヒーの色を確認しながら抽出時間を調整できるコーヒープレスです。クリア部分はプラスチックなので、ガラスのように割れる心配がありません。

また、ラバー製のスリーブがついているので、お湯が入っているときに持っても熱くないのもポイント。コーヒープレスとしてだけではなく、水やジュースを入れるタンブラーとしても使える汎用性の高い商品です。

ボダム トラベルプレスセット
サイズD90 x W80 x H170mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,061
楽天販売価格(2021年12月3日時点)2,145

エスプロ コーヒープレス

内部フィルターの目が細かく、コーヒー粉が落ちにくいコーヒープレスです。ステンレスマグとしても使えるので、抽出が終わったら粉を取り出してそのまま飲むことができます。

真空断熱二重構造で、保温性が高いのもポイントです。カラーがブラック、グレー、ステンレス、ホワイトの4色あり、好みに合わせて選べるのも嬉しいですね。

エスプロ コーヒープレス
サイズ7.4 x 7.4 x 23.4 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)6,160
楽天販売価格(2021年12月3日時点)7,716

チタンマニア コーヒー フレンチプレス

軽量で頑丈なチタン製のコーヒープレスです。容量が750mlあるので、1回に5〜6杯分のコーヒーを作ることが可能。ファミリーでのキャンプにおすすめです。

また、300ml、500mlの目盛りがついているので、作る量を簡単に調節できます。容量が多いのでサイズは大きめですが、総重量210gと軽量なのもポイントです。

チタンマニア コーヒー フレンチプレス
サイズ135×95mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,980
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,280

カリタ コーヒープレス 220cc

ドリッパーのように、カップの上に設置して抽出するタイプのコーヒープレスです。カップに落とす際に濾紙でコーヒー粉を濾すので、仕上がりが粉っぽくならないのがポイント。

プレス式の味わいと、ドリップ式の手軽さが両立できます。専用のケースが付属しているので、行き帰りに持ち運びやすいのも便利です。

カリタ コーヒープレス 220cc
サイズ直径10.8×高さ12.2 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)7,263
楽天販売価格(2021年12月3日時点)8,677

POLIVIAR フレンチプレス

容量が1Lある、大型のコーヒープレスです。一度に8〜9杯のコーヒーを抽出できるので、大人数でのキャンプにおすすめ。

内部のフィルターが二重になっているので、粉も残りにくいです。フタのつまみと取っ手がウッド製のナチュラルな見た目もポイントで、さらにカラーバリエーションが6色あるのでデザインにこだわる人にもおすすめです。

POLIVIAR
サイズ21.8 x 10.4 x 21.8 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,739
楽天販売価格(2021年12月3日時点)5,607

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|ケトル

キャンプ用のケトルがあると、インスタントやドリップコーヒー、フィールドコーヒーなど、様々なコーヒー作りに役立ちます。

キャプテンスタッグ クッカー M-5511/M-5512

ケトルとしてだけではなく、クッカーとしても使える汎用性の高い商品です。容量は570gで、水量の目盛りやラーメン用の目盛りもついているので、様々な料理や飲み物に自在に使えます。

取っ手は鍋肌に沿って折りたためる形なので、持ち運びも便利。総重量が170gと軽量なのもポイントです。

キャプテンスタッグ クッカー M-5511/M-5512
サイズ(約)幅105×全長150×高さ75mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,218
楽天販売価格(2021年12月3日時点)2,365

スノーピーク ケトル CS-068

容量900mlで、1〜2人のキャンプにおすすめのコンパクトなケトルです。シンプルな作りなので、お湯を沸かすだけではなく様々な調理に使えて汎用性が高くて便利。

取っ手の他に吊り下げ用のツルがついているので、直火での使用も可能です。レビューには「5年間使っていても壊れる気配がない」という声もあり、長く愛用できるおすすめ商品です。

スノーピーク ケトル CS-068
サイズ14.5 x 14.5 x 9.9 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,780
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,999

ロゴス 大型吊りケトル

焚き火の上に吊るして使える、大型のケトルです。容量が3Lあるので、コーヒーだけではなく調理用のお湯をまとめて沸かすことが可能。

キャンプでは同社のクワトロポッドや焚き火台と組み合わせて使うことはできますが、IHにも対応しているので

家庭で使うこともできます。

ロゴス 大型吊りコーヒー
サイズ(約)24.5×18×20.5cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)5,940
楽天販売価格(2021年12月3日時点)5,940

ピークス&ツリーズ コーヒー クッカー&コーヒードリッパーセット

1Lのケトル兼クッカーと、コーヒードリッパーのセットです。このセットがあれば調理とドリップコーヒーの道具が揃うので、キャンプ用品をまとめて購入したい人におすすめ。

使わない時はクッカーの中にドリッパーを収納できるので、コンパクトに持ち運べるのも魅力です。金属加工の街と言われる新潟県燕市製で、「Made in TSUBAME」認定品なので品質も信頼できます。

ピークス&ツリーズ コーヒー クッカー&コーヒードリッパーセット
サイズ12.3 x 14 x 11 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)5,940
楽天販売価格(2021年12月3日時点)5,044

カクセー クッカー コーヒー PP-06

中にガスカートリッジがぴったり入るサイズのクッカー兼ケトルです。容量は700mlで、1〜2人の小規模なキャンプにちょうどいいサイズ。

吊り下げ用のツルがしっかりした作りで、安心して焚き火の上に吊るすことができます。ケトルの他にも、同シリーズの調理器具セットのラインナップが豊富なので、合わせて購入すれば雰囲気を統一できます。

カクセー クッカー コーヒー PP-06
サイズ約140x152x118mm(直径約126mm、ツルまでの高さ/約185mm、注ぎ口からハンドルまでの長さ:約185mm)
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,211
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,100

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|エスプレッソマシン

エスプレッソマシンを使えば、キャンプ先でも本格的なエスプレッソを楽しめます。

ビアレッティ エスプレッソメーカー モカエキスプレス

エスプレッソメーカーといえばまず思い浮かべる人も多い、ビアレッティの定番商品です。サイズが1カップ用から18カップ用まであり、幅広いニーズに対応可能。

また、カラーバリエーションも豊富でデザイン重視派にもおすすめです。フィルターやパッキンは別売もされているので、パーツが古くなったら交換して長く使い続けられます。

ビアレッティ エスプレッソメーカー モカエキスプレス
サイズ14 x 10 x 17 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,173
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,807

ビアレッティ エスプレッソメーカー ヴィーナス

上の定番タイプより、スタイリッシュな印象のエスプレッソメーカーです。仕組みは同じですが、シンプルな見た目が好みの人におすすめ。

サイズは2カップ、4カップ、6カップの3種類です。レビューによればIHでも使えるとのことなので、キャンプ用だけではなく自宅でも使いたい人にぴったりです。

ビアレッティ エスプレッソメーカー ヴィーナス
サイズ10.5 x 10.5 x 15.5 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)4,974
楽天販売価格(2021年12月3日時点)6,707

G.A.T カフェティエラ マグニフィカ

イタリアの有名コーヒー用品ブランドG.A.Tのエスプレッソメーカーです。取っ手やつまみが木製で、ナチュラルな印象のデザインとなっています。

見た目がおしゃれなだけではなく、木製部分は火にかけても熱くならないので扱いやすいのがポイント。サイズは3カップ用で、少人数でのキャンプにおすすめです。

G.A.T カフェティエラ マグニフィカ
サイズ(約):高さ15×直径10cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)5,500
楽天販売価格(2021年12月3日時点)5,500

Neelac 直火式エスプレッソマシン マキネッタセット

エスプレッソメーカー本体の他に、ゴトクが付属した便利なセットです。キャンプで使う時はもちろん、自宅のガスコンロで使う時もゴトクがあった方が安定して安全に使えます。

サイズは1カップ、2カップ、3カップの3段階。2カップサイズで272gと軽量で、他の同サイズ商品と比べて持ち運びに便利なのが魅力です。

Neelac 直火式エスプレッソマシン マキネッタセット
サイズ14 x 14 x 7.4 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)2,200
楽天販売価格(2021年12月3日時点)2,200

ペゼッティ 直火式エスプレッソメーカー

イタリアで広く愛用されている、ペゼッティ社のエスプレッソメーカーです。ロゴや余分なデザインのないシンプルな見た目で、実用性を重視したい人におすすめ。

2カップ、3カップ、6カップの3サイズ展開で、ソロキャンプからファミリーキャンプまで対応できます。2,000〜3,000円台で購入できるコスパの良さも魅力的です。

ペゼッティ 直火式エスプレッソメーカー
サイズ8.8 x 16 x 15.3 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)2,640
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,229

キャンプ用コーヒー道具のおすすめ5選|カップ・マグ

最後に、淹れたコーヒーをより美味しく飲めるカップやマグのご紹介です。

キャプテンスタッグ マグカップ

真空二重構造で、保温・保冷性能が高いマグカップです。広口タイプなので、コーヒーだけではなくスープなども飲みやすく、食器としても使えます。

側面に描かれた山のイラストも、アウトドア気分を高めてくれるポイントです。また、別売の専用フラップ(蓋)もあり、より保温性を高めたり、こぼれるのを防止することができます。

キャプテンスタッグ マグカップ
サイズ120×87×高さ82mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,000
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,310

サーモス アウトドアシリーズ 真空断熱マグカップ

保温機能が優れた水筒や弁当箱で有名な、サーモスのマグカップです。魔法瓶構造で、温かい飲み物も冷たい飲み物も美味しい温度を保つことができます。

また、容量350mlと大きめで、たっぷり飲めるのも嬉しいポイント。カラーは、ステンレスとミッドナイトブルーの2色展開となっています。

サーモス アウトドアシリーズ 真空断熱マグカップ
サイズ8 x 11 x 9.5 cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)2,300
楽天販売価格(2021年12月3日時点)1,978

スノーピーク チタンシングルマグ

軽量で丈夫なチタン製のマグカップです。サイズ展開が220mlから600mlまで4種類あるので、飲みたい量に合わせて選べるのがポイントです。

ハンドルは折りたたみ可能でコンパクトに持ち運ぶことができ、同種商品とスタッキングも可能です。何かと使い勝手が良く、アウトドアにぴったりのおすすめ商品です。

スノーピーク チタンシングルマグ
サイズφ76.2×82mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)2,420
楽天販売価格(2021年12月3日時点)2,420

キャプテンスタッグ マグカップ ダブルステンレス 真空断熱

先にご紹介したキャンプテンスタッグのマグカップの色違いバージョンです。ご紹介しているのがブラックですが、全11種類のカラーバリエーションがあり、好みに合わせて選ぶことが可能。

周りのキャンプ用品とカラーコーディネートしたり、家族やカップルで色違いで揃えても楽しいです。1つ1,000円という手頃な価格も魅力的です。

キャプテンスタッグ マグカップ ダブルステンレス 真空断熱
サイズ(約):120×87×高さ82mm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)1,000
楽天販売価格(2021年12月3日時点)998

スタンレー NEW 真空マグ

蓋付きのタンブラーマグです。二重構造の蓋でしっかり閉じられるので、中身の温度を保ち、こぼれるのも防ぐことができます。

保温は8時間、保冷は11時間の効力があり、長く美味しい温度を保てるのがポイント。コンビニコーヒーのSサイズがちょうど入るサイズで、普段使いもしやすいアイテムです。

スタンレー NEW 真空マグ
サイズ高さ15×本体径7.9cm
Amazon販売価格(2021年12月3日時点)3,080
楽天販売価格(2021年12月3日時点)4,548

まとめ

キャンプ場で飲むコーヒーは、自宅で飲むのとはまた違ったおいしさがあります。手間暇かけてコーヒーを淹れる時間や、自然に囲まれながらコーヒーを味わう時間をキャンプに取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャンプで使えるコーヒー用品には様々な種類があるので、今回解説したそれぞれの抽出方法の特徴や、おすすめ商品をぜひ参考にしてみてください。

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本
筆者山本

ソロキャンプデビューに憧れる30代のウェブライター。キャンプ経験はほぼゼロの初心者ですが、歩くことが好きなので徒歩キャンプに興味あり。一人で持ち運べる軽量キャンプギアに注目しています。趣味はスパイスカレー作り。いつか焚き火でナンを焼きたい。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... やど紫苑亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる