【2021年最新】冬キャンプの必需品!アウトドア用ストーブおすすめ30選

画像ギャラリーはこちら
寒い冬でもキャンプを楽しみたい! そんな時、気になるのが防寒対策ではないでしょうか? 冬のキャンプでの防寒対策といえば、ウェアを着込んだり、焚き火などで暖を取ったりする方法などがありますが、ストーブを持っていけば、火起こしの手間もなく、身軽に暖かく過ごせておすすめです! そこで今回は、キャンプ用ストーブについて詳しく解説いたします。

タイプ別の特徴や適したシーン、おすすめ商品などについて紹介するほか、キャンプ用ストーブで起こりがちな事故やその予防策についても解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次[開く][閉じる]
  1. キャンプ用ストーブは4種類
  2. キャンプ用ストーブの選び方
  3. キャンプ用ストーブの人気ブランド・メーカー
  4. キャンプ用ストーブのおすすめ25選
  5. キャンプ用石油ストーブのおすすめ8選
  6. キャンプ用ガスストーブのおすすめ8選
  7. キャンプ用電気ストーブのおすすめ7選
  8. キャンプ用薪ストーブのおすすめ7選
  9. キャンプでストーブを使う際に気をつけたいこと
  10. まとめ

キャンプ用ストーブは4種類

キャンプ用のストーブは、火を起こす原理によって以下の4種類に分けることができます。

・石油ストーブ

・ガスストーブ

・電気ストーブ

・薪ストーブ

それぞれの特徴や、向いているシチュエーションについて解説していきます。

大人数でもOK! 暖房器具としてだけでなく、調理もできる石油ストーブ

石油ストーブのメリットは、火力が強いことです。

そのため、広い範囲を温めることができ、一般的な石油ストーブなら6〜8畳ほどの広さを温められます。

寒い季節のキャンプや、大人数で行くキャンプにぴったりですね。

また、ストーブの上面が平らになっているモデルは、上に鍋やヤカンを置いて調理や保温をすることができます。

デメリットは、サイズが大きくて重いこと。

別途で灯油が必要なので、補給や手入れに手間がかかることも挙げられます。

コンパクトなガスストーブ

ガスストーブは、ガス缶を装着すれば簡単に使えるのがメリットです。

他のタイプに比べて軽量でコンパクトなものが多いので、ソロキャンプなど荷物を減らしたい場合に適しています。

温められる範囲は、一般的なモデルで3〜4畳と言われています。

デメリットは他のタイプに比べて火力が低く、調理もできないこと。

また、カセットボンベは気温が10度以下になるとガスが気化しにくくなり、着火できない場合もあります。

ガスストーブは寒すぎると使えないということには注意が必要です。

安全で手軽に使える電気ストーブ

電気ストーブは、着火の手間がなく、電源に繋げばすぐに暖まることができるのがメリット。

また、本体が熱くならず、熱源が電気のため、火傷や火事、一酸化炭素中毒などの危険性が低いです。

そのため、子供連れでのキャンプに最適と言えます。

温められる範囲は、一般的なモデルで8畳程度なので、ある程度人数がいても使えます。

ただし、電源サイトやバッテリーを利用する必要があることがデメリットです。

足元などを局所的に暖めるのには最適ですが、テント全体を暖めるのにはあまり向いていません。

暖かさ重視なら薪ストーブ

薪ストーブは、キャンプ用ストーブの中でも火力が随一です。

一般的なモデルで、20畳くらいの範囲を温めることができます。

薪の量を調節すれば火力を変えられるので、幅広い人数・季節のキャンプに対応可能です。

薪は多くのキャンプ場で無料で使えたり、購入できるため、家から燃料を持っていく必要がありません

デメリットは、着火方法などの取り扱いが難しく、初心者にはハードルが高いこと。

本体が熱くなるので、火傷や火事にも注意しましょう。

また、煙突があり煙が出るモデルの場合は、服などに匂いがつくのが気になるかもしれません。

キャンプ用ストーブの選び方

ここでは、キャンプ用ストーブを選ぶ時に気にしておきたいポイントを5つご紹介します。

持ち運ぶことができるサイズ・重さか

キャンプに持っていくなら、サイズと重さはまず注目したいポイントです。

他のキャンプ道具と合わせても車に積みきれる大きさかつ、1〜2人で運べる重さである必要があります。

特に駐車場からキャンプサイトまで距離がある場合、重いストーブは負担になるため注意しましょう。

暖かさ(火力・出力)は充分か

キャンプ用ストーブの火力は、使用人数やテントの広さに合わせて選ぶのがおすすめです。

多くのストーブは、暖房範囲が畳数などで記載されているので、参考にしましょう。

また、先にそれぞれのストーブの特徴でも解説しましたが、大人数・広範囲なら石油ストーブや薪ストーブ、少人数ならガスストーブや電気ストーブが向いています。

安全に使用できるか

キャンプ用ストーブは、安全性にもこだわって選びましょう。

先にお伝えしましたが、火事や一酸化中毒の危険性が低いのは、燃料を使わない電気ストーブ。

また、石油ストーブやガスストーブでも、不完全燃焼が起きたりストーブが倒れた場合、自動で消火する安全機能がついていると安心です。

予算・コストパフォーマンスは問題ないか

予算は人によって異なりますが、機能性や耐久性と価格が見合ったコストパフォーマンスの良い商品を選びましょう。

また、購入時の価格だけではなく、ランニングコストも重要なポイントです。

石油や薪など燃料の購入費用、電気ストーブなら別途購入するバッテリー代や電気代など、本体以外のコストにも注目する必要があります。

デザイン性も注目

デザインの良さは必須項目ではありませんが、自分好みのキャンプ用品を揃えると気分が上がり、キャンプに行くのが楽しみになります。

ストーブは冬のテント内インテリアの中心になるアイテムで、注目を集めやすいので写真映えにも影響します。

キャンプ用ストーブの人気ブランド・メーカー

キャンプ用ストーブの人気メーカーといえば、以下のようなブランドがあります。

レトロな石油ストーブといえば「トヨトミ」

「トヨトミ」は、石油ストーブを中心に販売している日本のメーカーです。

キャンプ用としては、コンパクトで軽量な「対流型」のモデルが人気。

キャンプ専用に作られているわけではないので、自宅でも使用できます。

また、炎が内部のガラスに映って七色に見える「レインボーストーブ」も人気を集めています。

レトロなデザインが特徴で、商品タイプやカラーバリエーションも豊富なのでデザイン重視派にもおすすめです。

大手暖房機器メーカーの「コロナ(CORONA)」

幅広い暖房機器を販売している「コロナ(CORONA)」は、持ち運びに便利な「ポータブル石油ストーブ」を販売しています。

現行モデルは3型あり、畳数やカラーバリエーションを含めると14タイプあるので、選択肢が幅広いのが魅力的です。

キャンプだけではなく、停電時や災害時の備えとして用意しておくのもおすすめです。

また、ストーブではありませんが、上部で煮炊きができる石油コンロも販売しています。

おしゃれ家電ブランドの「アラジン(Aladdin)」

「アラジン(Aladdin)」の商品は、全体的にレトロでお洒落なデザインが魅力です。

石油ストーブの「ブルーフレームヒーター」は、自宅インテリア用としても人気を集めています。

重さ8.5kgで、キャンプに持っていくにはやや重めですが、不可能ではありません。

ブルーフレームのデザインを踏襲した「ポータブルガスストーブ」も登場していて、気軽なキャンプにはこちらがおすすめ。

ガスストーブなので火力は石油ストーブより弱めですが、軽さとデザインの良さがポイントです。

ガスストーブなら「イワタニ」

「イワタニ」は、カセットガスで使えるガスストーブのラインナップが豊富です。

重さ2.6kgのポータブルストーブ「マイ暖」は、ソロキャンプや少人数でのキャンプにおすすめ。

また、世界初のカセットガスファンヒーター「風暖」も販売されていて、こちらは重さ4.7kg。

煮炊きではなく暖房目的を重視したい場合、こちらもおすすめです。

キャンパーに人気の「アルパカ」

「アルパカ」は韓国発のメーカーで、キャンパーから注目を集めています。

アウトドアにぴったりの小型の灯油ストーブで、大きさに比べて高出力なのが人気の理由です。

アフターパーツも豊富で、中には自分好みの色に塗装して使っているユーザーもいるなど、カスタムする楽しさも魅力となっています。

ただし、海外製品なので日本の実店舗では取り扱いが少なく、個人輸入や通販などで実物を見ずに購入することになるケースが多いです。

また、安全機能はついていないモデルが標準なので、取り扱いには気をつけましょう。

薪ストーブや燻製器でおなじみ「ホンマ製作所」

「ホンマ製作所」は、薪ストーブや燻製機などキャンプ用の調理器具を中心的に扱うメーカーです。

薪で燃えるリアルな炎を見て楽しみたい人や、火力を重視したい人におすすめです。

鋳物や鋼板製の薪ストーブはとても重いため、キャンプ用としてはステンレスや鉄板製のアイテムを選びましょう。

ストーブ本体だけではなく、アクセサリーやメンテナンス用品も豊富で、必要なものをまとめて揃えることができます。

キャンプ用ストーブのおすすめ25選

ここからは、キャンプにおすすめのストーブをご紹介します。

おすすめの石油ストーブ8選おすすめのガスストーブ8選おすすめの電気ストーブ7選おすすめの薪ストーブ7選で、計30選形式でピックアップ!

1つずつ、メリットやデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※アフィリエイトについて

MOTAはAmazonや他のECサイトが取り扱う商品をリンクとともに紹介することがあります。読者が商品URLをクリックした後、商品を購入するとMOTA(運営:株式会社MOTA)はECサイトから紹介手数料として購入代金の一部を受け取ることがあります。

キャンプ用石油ストーブのおすすめ8選

ここからは、タイプ別にキャンプにおすすめのストーブを紹介していきます。

まずは、煮炊きにも使えて火力の高い石油ストーブ8選のご紹介です。

トヨトミ 対流形石油ストーブ レインボー RB-250-W

内部の特殊なガラス構造によって、炎が7色に光って見える石油ストーブです。

暖房として使うだけではなく、光を見て楽しみたい人におすすめ。明るさはおよそ40Wあるので照明としても十分に使うことができ、災害時などにも役立ちます。

また、高圧放電ですぐに点火できる電子点火機能がついているので、点火に手間取らずすぐに暖まれるのもポイント。「ニオイセーブ消火」機能も搭載しているため、石油ストーブは匂いが気になるという人にもおすすめです。

火力調節幅が50%あるので様々な広さ・気温に対応することができ、幅広いシーンで活躍する石油ストーブです。

トヨトミ 対流形石油ストーブ レインボー RB-250-W
サイズ8.8 x 38.8 x 47.5 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)23,980
楽天販売価格(2021年11月25日時点)32,493

CORONA(コロナ) 石油ストーブ SL-66D2

木造住宅なら17畳、コンクリート造なら23畳まで暖房できる、ハイパワーな石油ストーブです。

円筒型で、360°に暖かさを広げるため、広い空間でもすぐに温めることができます。重量は11.2kgとやや重めなので、オートキャンプや大人数でのキャンプにおすすめです。燃焼継続時間が10.9時間あるため、一晩中暖かさを保てます。

また、どんなキャンプアイテムと組み合わせてもしっくり馴染む、白一色のシンプルなデザインもポイントです。

操作方法が誰にでもわかりやすい親切設計で、振動を感じると自動で消化する安全機能も搭載しているため、ファミリーでのキャンプにもおすすめです。

CORONA(コロナ) 石油ストーブ SL-66D2
サイズ46 x 46 x 59.8 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)22,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)29,216

newアルパカストーブコンパクト

コンパクト

重さ約6.6kgの、コンパクトな石油ストーブです。

小さいですが出力3KWあり、見た目よりもパワフルなのがポイント。タンク容量3.7Lで、約10時間の継続燃焼が可能です。

また、従来のモデルに改良を加えたニューモデルで、日本の安全基準(JHIA)の基準をクリアしています。日本語の説明書も付属しているため、より使い方がわかりやすく安心です。専用ケースが付属しているため、持ち運びやすいのもポイント。

ご紹介しているのはブラックのモデルですが、他にオリーブのカラーもあり、好みに合わせて選ぶことができます。

newアルパカストーブコンパクト
サイズ405×350×350mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)32,890

アラジン 石油ストーブ ブルーフレーム BF3911-W

アラジンの代表商品ともいえる、石油ストーブのブルーフレームヒーターです。

燃焼中に見える青い炎は、十分な酸素が供給された良い炎である証拠で、未燃焼ガスが出ないので嫌な匂いが出にくいのがポイントです。

また、対流式なので暖められた空気が室内に行き渡り、全体がふんわりと暖かくなります。デザインの良さも人気の理由の一つで、見た目のスタイリッシュさを重視したい人にもおすすめ。

ご紹介しているのはホワイトのモデルですが、パステルカラーで優しい雰囲気のグリーンや、スタイリッシュなブラックのモデルもあります。

アラジン 石油ストーブ ブルーフレーム BF3911-W
サイズ40.5 x 38.8 x 55.1 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)53,780
楽天販売価格(2021年11月25日時点)53,000

トヨトミ 石油ストーブ KS-67H(B)

遠赤外線で部屋全体を温めることができる石油ストーブです。

木造なら17畳、コンクリート造なら24畳を暖められるパワフルな出力がポイント。この出力の高さで、2万円台の価格はコスパが良いと言えるでしょう。

また、レビューにはタンクが満タンの状態で車で移動させても灯油が漏れなかったという声があり、安全性の高さも魅力です。

耐震自動消化装置も搭載されているので、地震や、万が一ストーブが倒れてしまった時も火事を防ぐことができます。黒一色のシンプルな見た目なので、デザイン重視派にもおすすめです。

トヨトミ 石油ストーブ KS-67H(B)
サイズ583 X 482 X 482mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)29,000
楽天販売価格(2021年11月25日時点)29,700

スノーピーク グローストーブ 2021 EDITION KH-100-KH

アウトドアブランドとして人気のスノーピークが販売している石油ストーブです。

重さ5.9kg、出力2.54KWで、コンパクトですが少人数キャンプには十分な出力となっています。燃焼継続時間が約20時間もあるため、冬のキャンプでもずっと暖かさをキープできます。

スノーピークが毎年開催している「雪峰祭」の2021年限定カラーで、本体に「2021 Limited Edition」と刻印されているという限定感も魅力。同カラーの持ち運び用ストーブバッグも別途発売されています。

スノーピーク グローストーブ 2021 EDITION KH-100-KH
サイズ47 x 38 x 38 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)65,780
楽天販売価格(2021年11月25日時点)65,780

トヨトミ 石油ストーブ RL-250(G)

キャンプシーンにぴったりな、ランタン風デザインの石油ストーブです。

内部は先にご紹介したレインボーストーブと同じく特殊なガラス製で、中の炎が7色に光って見えます。明るさは一般的な家庭用として使用される電球などと同等の40W程度あり、照明としても使える便利なアイテムです。対応できる広さは木造で7畳、コンクリート造で9畳なので、比較的少人数のキャンプにおすすめ。

ご紹介しているのはダークグリーンのモデルですが、他にレッドのカラーもあり、どこかアメリカンな雰囲気です。

トヨトミ 対流型 石油ストーブ RL-250(G)
サイズ38.8 x 38.8 x 48.6 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)31,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)31,800

コロナ 石油ストーブ RX-22YA(HD)

コンパクトでリーズナブルな、昔ながらの石油ストーブです。

ご紹介しているのは6〜8畳タイプですが、他に8〜10畳、9〜13畳タイプもあり、バリエーション豊富なのがポイント。使用人数やテントの広さに合わせて選ぶことができます。

給油時に手が汚れない「ワンタッチ給油」システムを搭載していて、簡単に給油できるのも魅力的。タンク容量3.7Lで連続燃焼時間が約17時間あり、コスパと機能性で石油ストーブを選びたい人におすすめです。

コロナ 石油ストーブ RX-22YA(HD)
サイズ幅45.2×奥行32.4×高さ47.5cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)8,480
楽天販売価格(2021年11月25日時点)8,480

キャンプ用ガスストーブのおすすめ8選

次に、コンパクトで手軽に使えるキャンプ用ガスストーブのおすすめ8選をご紹介します。

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖 CB-CGS-PTB

女性でも一人で簡単に持ち運べる、2.6kgという軽さが魅力のガスストーブです。

暖められる範囲は4畳とあまり広くないので、ソロキャンプなど少人数のキャンプにおすすめです。置く向きや角度を調節することで、手元や足元を暖めることができます。点火後の立ち上がりが早く、約1分で十分な暖かさになるため、すぐ暖が取れるのもポイントです。

省エネ設計で、エコモードではガス使用量を約15%削減でき、カセットボンベ1本で約3時間20分使えます。

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖 CB-CGS-PTB
サイズ20.8 x 31.1 x 29.9 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)12,480
楽天販売価格(2021年11月25日時点)12,480

センゴクアラジン ポータブルガスストーブSAG-BF02-R

センゴクアラジンは、アラジンの新ブランドで、より気軽に使えるポップなアイテムを展開しています。

こちらはブルーフレームヒーターのデザインを踏襲したポータブルガスストーブで、重さは5.7kg。ブルーフレームヒーターと同じく、酸素が十分に供給された青い炎が燃えるのが特徴的です。

出力は段階的に調節でき、弱ならボンベ1本で約4時間20分、強なら約1時間40分の連続燃焼ができます。

ご紹介しているのはレッドのカラーですが、他にイエロー、ホワイト、グリーンのカラー展開があり、好みに合わせて選ぶことができます。

Sengoku Aladdin ポータブルガスストーブSAG-BF02-R
サイズ390 × 320 × 335mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)36,980
楽天販売価格(2021年11月25日時点)34,100

イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプCB-CGS-HPR

約4.4kgとコンパクトなのに、パワフルな暖房能力が魅力のガスストーブです。

出力は1.35KWですが、燃焼開始後15分で出力7.44KWの石油ストーブとほぼ同じ暖かさになったとのこと。暖房能力を重視してガスストーブを選びたい人におすすめです。

連続燃焼時間は、ボンベ1本で約2時間30分なので、冬のキャンプには替えのボンベを何本か持参すると良いでしょう。キャンプではもちろん、自宅で普段使いしたり、災害時などに使うこともでき、汎用性の高いアイテムです。

イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ CB-CGS-HPR
サイズ28 x 34.9 x 40.8 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)14,500
楽天販売価格(2021年11月25日時点)14,500

LOGOS × SENGOKU ALADDIN パノラマ ガス ストーブ 81060095

アウトドア用品メーカーのロゴスと、センゴクアラジンがコラボして制作したガスストーブです。

先にご紹介したセンゴクアラジンのストーブと違うポイントは、四方にガラスを嵌めたデザイン。自然なグリーンのカラーは、こちらの商品限定です。

別売のコラボアイテムとして囲炉裏テーブルも用意されていて、ストーブの周りを取り囲むように設置すれば団欒の場として役立ちます。また、別売のストーブバッグも販売されています。

重さは6.3kg、連続燃焼時間は1時間40分〜4時間20分で、他のおすすめガスストーブと比べて遜色のない性能です。

LOGOS × SENGOKU ALADDIN パノラマ ガス ストーブ 81060095
サイズ(約)幅33×奥行34×高さ39cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)42,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)43,780

イワタニ カセットガス ストーブ 風暖 CBGFH2

イワタニが世界で初めて開発した、カセットボンベで使えるファンヒーターです。

ストーブとは少し違いますが、風の力で空間の隅々まで暖かさを広げるので、暖房性能を重視したい場合にはこちらもおすすめ。火が点かず、本体も熱くならないので、小さな子どもやペット連れでのキャンプでも安心です。

4.7kgと軽量なので、荷物を極力軽くしたい時にもぴったりです。自宅で使うときには、使いたい場所に簡単に持ち運んで使用できます。

イワタニ カセットガス ストーブ 風暖 CBGFH2
サイズ26 x 31.9 x 43.8 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)28,980
楽天販売価格(2021年11月25日時点)21,999

ニチガス ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 NCH-22SW

約4.1kgと軽量・コンパクトですが、2.2KWのパワフルな暖房性能があるガスストーブです。

最大8畳の広さまで対応できるので、ある程度大人数でのキャンプでも使用できます。レビューでは、パワフルな分ガスの消費が早いため長時間の使用には向かないという声もあり、短時間の使用におすすめです。調理中など、冬でも外で作業しなければいけないシーンで活躍するでしょう。

圧力感知、不完全燃焼防止、立ち消え防止など6つの安全装置がついているため、安全性を重視してガスストーブを選びたい人にもおすすめです。

ニチガス
サイズ幅315×奥行255×高さ375mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)7,718

ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター KH-013

2.7kgと軽量で、ハンドルもついていて持ち運びやすいガスストーブです。

自宅でもキャンプ中も、使いたい場所に手軽に移動させて使うことができます。ボンベ1本での連続使用時間は約3時間20分。エコモードで使用すると、ガス消費量を抑えて約4時間まで延長することも可能です。

購入時にガスボンベが1本付属していて、すぐに使い始められるのもうれしいポイント。持ち運びやすさと連続燃焼時間を重視したい人におすすめです。

ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター KH-013
サイズ幅298×奥行198×高さ246mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)12,700

センゴクアラジン ポータブルガスストーブ SAG-SQ01(K)

アラジンが1970年代に販売していた、反射型石油ストーブ「シルバークイーン」の復刻版として開発されたガスストーブです。

レトロな見た目で、反射型なので広い範囲に暖かさを伝えられるのがポイント。他にはなかなかないオリジナリティの高いデザインなので、個性的なキャンプ用ストーブが欲しい人にもおすすめです。

重さは4.2kgと軽量で、出力は0.5〜1.4W。弱モードならボンベ1本で約7時間使用できるというレビューもあり、省エネ性の高さも魅力です。

センゴクアラジン ポータブルガスストーブ SAG-SQ01(K)
サイズ370(幅)×335(高さ)×296(奥行)mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)36,000
楽天販売価格(2021年11月25日時点)36,300

キャンプ用電気ストーブのおすすめ7選

次にご紹介するのは、火事や一酸化中毒のリスクが低く、簡単に使える電気ストーブのおすすめ7選です。

デロンギ(DeLonghi) セラミック ファンヒーター DCH6031J-BK

重量1.6kgの、コンパクトなファンヒーターです。

電源を入れるとすぐ暖気が出てくるため、テント内を素早く温めることができます。出力は弱(550W)、中(800W)、強(1,350W)の3段階で切り替えることができ、幅広い季節に対応可能。

送風機能もあるので、夏場にはサーキュレーターとしても使えて便利です。黒一色のシンプルな見た目で、主張が少ないのもポイント。

ご紹介しているのはコンパクトモデルですが、広い空間におすすめのタワー型や、首振り機能付きモデルもラインナップされています。

デロンギ(DeLonghi) セラミック ファンヒーター DCH6031J-BK
サイズ幅:230mm×奥行:160mm×高さ:270mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)9,873
楽天販売価格(2021年11月25日時点)9,610

山善 セラミックファンヒーター DF-J121(B)K

シンプルな見た目で、コスパの良い電気ファンヒーターです。

重量2.5kgの薄型設計で、狭いテントの中でも場所を取らずに置くことができます。コードは1.8mあるので、電源からある程度離れていても使用可能。

また、吸気フィルター付きなので、テント内の空気が汚れることがなく、赤ちゃんやアレルギー体質の方がいても安心です。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ナチュラル木目、ブラック木目の4種類。

他の製品には少ない木目調のデザインがあるのが特徴で、キャンプ用品をナチュラルなイメージでまとめたい人におすすめです。

山善 セラミックファンヒーター DF-J121(B)K
サイズ幅26.5×奥行13×高さ38.5cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)4,480
楽天販売価格(2021年11月25日時点)6,217

アラジン 電気ストーブ AEH-G406N-G

スリムなタワー型の電気ストーブです。

重量は1.3kgととても軽量で、気軽に持ち運ぶことが可能。キャンプで使うだけではなく、自宅で使用する時にも作業する場所に合わせて持ち運べます。遠赤グラファイトヒーターを採用しているので、立ち上がりが早く、身体の芯から温めることができるのもポイント。転倒OFFスイッチが搭載されているため、万が一倒れてしまった時も安全です。

カラーはグリーンとホワイトの2色で、好みやインテリアに合わせて選ぶことができます。

アラジン 電気ストーブ AEH-G406N-G
サイズ奥行18×幅18×高さ52.9cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)6,500
楽天販売価格(2021年11月25日時点)6,578

アラジン 電気ストーブ AEH-G100A-W

遠赤グラファイトヒーターを2本搭載し、パワフルに室内を温められる電気ストーブです。

2本は別々に稼働させることができ、それぞれ強・弱が選べるので、出力は250W、500W、750W、1,000Wの4段階から選択できます。急速に部屋を暖めたい時も、気温を一定に保ちたい時も使えて便利です。

手動首振りで向きを90度回転させられるため、人がいる方向に合わせて稼働させられます。パワフルでありながら、重さが2.7kgと軽量なのもポイントです。

アラジン 電気ストーブ AEH-G100A-W
サイズ奥行30×幅30×高さ61cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)9,780
楽天販売価格(2021年11月25日時点)10,780

コロナ 遠赤外線電気ストーブ 速暖 DH-91RA(W)

独自開発したブラックコーティングシーズヒーターにより、身体を芯から温めることができる電気ストーブです。

シーズヒーターに、高幅射ブラックセラミックコーティングを施すことによって、身体に吸収されやすい3〜20ミクロンの遠赤外線をたっぷり放出する設計になっているそう。使い始めてすぐに身体が温まり、さらに暖かさを長時間持続させることができます。

また、室温を上げるのではなく、熱が直接当たったものを温める仕組みなので、離れていても暖かさを感じることができ、無駄がありません。

室温に合わせて、自動で省エネモードに切り替えるエコ機能がついているのも嬉しいですね。機能性にこだわって電気ストーブを選びたい人におすすめです。

コロナ 遠赤外線電気ストーブ 速暖 DH-91RA(W)
サイズ幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)19,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)22,879

アイリスオーヤマ セラミックファンヒーター JCHM-12TD4-DTM

コンパクトかつリーズナブルな価格ながら、大風量を実現しているファンヒーターです。

従来のモデルに比べ、温風到達距離を300%アップしているとのことで、広めのスペースでも隅々まで暖めることができます。

また、スイッチを入れるとすぐに温風が吹き出すので、必要な時にすぐ暖まれるのもポイント。人感センサー付きで、人の動きを感知して運転するため、どこにいても暖かく、無駄がありません。人の動きを感知しなくなると自動でオフになる機能も付いているので、消し忘れの心配がないのも安心ですね。

カラーバリエーションが5色あり、好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

アイリスオーヤマ セラミックファンヒーター JCHM-12TD4-DTM
サイズ26×13.5×38.5cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)7,580
楽天販売価格(2021年11月25日時点)8,480

アラジン 遠赤グラファイトヒーター AEH-G105N-W

上でご紹介した「アラジン 電気ストーブ AEH-G100A-W」に、首振り機能を追加したモデルです。

遠赤グラファイトヒーターの暖かさや立ち上がりの速さ、出力の4段階切り替えはAEH-G100A-Wと同じ。自動で動いて広い範囲を温められるので、より広いテントや大人数での使用におすすめです。

重さは3.3kgとAEH-G100A-Wよりやや重めですが、広い範囲を温められるストーブとしては軽量な部類と言えます。

レビューでは、手持ちの400Wヒーターよりこちらの250W運転の方が暖かいという声もあり、暖かさを重視したい人におすすめです。

アラジン 遠赤グラファイトヒーター AEH-G105N-W
サイズH700×W300×D300mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)14,400
楽天販売価格(2021年11月25日時点)15,980

キャンプ用薪ストーブのおすすめ7選

最後に、キャンプならではの楽しさがある薪ストーブのおすすめ7選をご紹介します。

キャプテンスタッグ KAMADO 煙突ストーブ UG-0011

暖房として使えるだけではなく、様々な調理が楽しめる薪ストーブです。

豊富なアタッチメントがついていて、薪ストーブの他、焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン、かまどと5通りの使い方ができます。また、燃料は薪だけではなく炭も使うことが可能です。

多彩な使い方ができるこちらがあれば、別途で焚き火台やバーベキューコンロを持っていく必要がないので、荷物を減らせるのもポイント。

また、冬だけではなくオールシーズン使えるので、マルチに使えるキャンプ道具が欲しい人におすすめです。

キャプテンスタッグ KAMADO 煙突ストーブ UG-0011
サイズ(約)組立時/450×奥行550×高さ950mm、本体/外径360×高さ550mm、網サイズ/360×360mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)24,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)30,810

ホンマ製作所 クッキングストーブ

薪ストーブとしては軽量で、取っ手もついているので持ち運びやすいアイテムです。

扉をしっかり閉められるので炎が外に出ず、安全に使うことができます。上面が平らなので、鍋やヤカンを乗せて調理に使うことも可能です。また、カラーはグリーンとブラックの2種類。グリーンは薪ストーブにはなかなかない珍しいカラーです。

ちなみに、ご紹介しているのは通常モデルですが、脚部分が長い「脚高モデル」も用意されています。脚高モデルは地面に熱が伝わりにくく、地面を傷める心配がないのがポイント。

また、脚の長さを調節できるので、凹凸のある地面でも使用できます。通常モデルと脚高モデルは価格が倍以上違うため、ニーズに合わせて自分に合ったものを選びましょう。

ホンマ製作所 クッキングストーブ
サイズφ350xH425(煙突含:940)mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)8,800
楽天販売価格(2021年11月25日時点)8,699

G-Stove Heat View 薪ストーブ

ノルウェーのアウトドアブランド「G-Stove」が販売している、スタイリッシュな薪ストーブです。

薪ストーブはアイアン製などで黒ベースの商品が多いですが、こちらは全パーツがシルバーのステンレス製。ハの字型の足がしっかりしているので、凹凸のある地面にも安定して置くことができます。奥行きのある作りなので、長い薪もそのまま入れることが可能です。

扉に耐熱ガラス製の窓がついているので、暖を取るだけではなく、中の炎を眺めて楽しめるのもポイント。

10kgと重めで、特別な付加機能も多くないですが、デザイン性を重視して薪ストーブを選びたい人におすすめです。

G-Stove Heat View 薪ストーブ
サイズ(約)横42×奥行42×高さ236cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)45,698
楽天販売価格(2021年11月25日時点)49,115

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブ

昔ながらの「時計型」と呼ばれる形状の薪ストーブです。

昔懐かしいデザインなので、レトロな雰囲気が好みの人におすすめ。5.98kgと軽量で、高さも低めなので持ち運びやすいのもポイントとなっています。上部には鍋やヤカンを乗せて調理することもでき、暖房とコンロの2WAYで使えるアイテムです。

ちなみに、こちらはストーブ単体の販売で煙突はついていないので、必要な場合は別途購入する必要があります。煙突を使う場合、半直筒2本、エビ曲90度1本、T笠1本を本体内部に収納できるので、キャンプの行き帰りに便利です。

トヨトミ 対流形石油ストーブ レインボー RB-250-W
サイズ幅40×奥行60×高さ126cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)9,246
楽天販売価格(2021年11月25日時点)9,880

Motomo キャンプ ウッド 薪 ストーブ

直径17cm、高さ32cmの円筒形で、とてもコンパクトな薪ストーブです。

重さは500gと超軽量、使わない時はスタッキングして手のひらサイズに収納できるので、とにかく荷物を減らしたい人におすすめ。レビューでは、暖房というよりは簡易的な焚き火台として利用している人が多いようです。少量の薪や枯れ葉、小枝などでもしっかり燃えるとのことで、どこでも気軽に使うことができます。クッカースタンドなどの下において、コンロとして使うことも可能です。

ソロキャンプや徒歩キャンプ、ツーリングキャンプ用の薪ストーブを探している人におすすめです。

Motomo キャンプ ウッド 薪 ストーブ
サイズ17 x 17 x 32 cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)1,698
楽天販売価格(2021年11月25日時点)3,292

BioLite(バイオライト) キャンプストーブ2

薪ストーブとして使用しながら、発電もできるユニークな商品です。

内部で火を燃やすと、火力によって発電され、その電気でファンを回転させてさらに燃焼を加速させるという仕組みになっています。また、ファンの回転で余った電力はUSBポートから出力し、携帯などの充電ができるそうです。

自動でファンが回転するため、団扇で扇がなくても火が燃えるので便利だというレビューがありました。ちなみに燃料は、薪だけではなく小枝や割り箸、枯れ葉、雑草など使用可能。

発電ができるため、キャンプだけではなく災害時などにも役立ちそうです。他にはないユニークな商品が欲しい人におすすめです。

BioLite(バイオライト) キャンプストーブ2
サイズ約63×195×5(h)cm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)37,850
楽天販売価格(2021年11月25日時点)31,900

キャプテンスタッグ キャンプストーブ UG-82

コンパクトに収納できる、折りたたみ式の薪ストーブです。

約2.5kgと軽量で、専用の収納バッグも付属しているので、徒歩やツーリングでも持ち運ぶことができます。内部構造を工夫することにより、二次燃焼を促進し、燃焼効率を高めているのがポイント。少ない薪でもよく燃え、燃え残りを減らせるので煙が少なく、後始末も楽になります。

オプションパーツと組み合わせれば、暖房だけではなくコンロとして使うことも可能です。別売で、バーベキュー用の網やグリルプレート、岩塩プレート、ダッチオーブンなども販売されています。

少人数のキャンプで、多彩な使い方をして楽しみたい人におすすめです。

キャプテンスタッグ キャンプストーブ UG-82
サイズ(約)幅250×奥行220×高さ280mm、網サイズ:(約)240×160mm
Amazon販売価格(2021年11月25日時点)5,980
楽天販売価格(2021年11月25日時点)6,579

キャンプでストーブを使う際に気をつけたいこと

キャンプでストーブを使う際に気をつけたいのは、火事一酸化炭素中毒です。

ストーブは熱を使う機器である以上、どんなタイプの商品でも火事は起こり得ます。

ストーブを使う際には、あらかじめ周りに燃えるものがないかどうか確認し、目を離さないようにしながら使用しましょう。

一酸化炭素中毒は、薪、石油、ガスのように燃料を燃やして熱を発生させるストーブで起こり得る事故です。

症状としては、物が不完全燃焼した時に発生するガスを吸い続けてしまった場合、頭痛・めまい・吐き気などが起こることがあります。

これらを防止するためには、ストーブを締め切った空間で使わないことが大事です。

テント内で使う場合には出入り口や窓を開けるなど、換気をしっかり行いましょう。

また、空気中の一酸化炭素濃度が高くなるとアラームで教えてくれる「一酸化炭素チェッカー」を使うのも一つの方法。

一酸化炭素チェッカーは、アウトドア用品店、ホームセンター、家電量販店などで2,000円前後から購入できます。

まとめ

ストーブは、冬のキャンプの必須アイテム。

自分のキャンプスタイルに合ったタイプの商品を選んで、冬でも暖かく快適に過ごしましょう。

ただし、事故を防止するため、安全対策は万全に。

火元からは目を離さず、しっかり換気をしながら使用しましょう。

今回ご紹介したキャンプ用ストーブの選び方やおすすめ商品を、ぜひ参考にしてみてください。

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本
筆者山本

ソロキャンプデビューに憧れる30代のウェブライター。キャンプ経験はほぼゼロの初心者ですが、歩くことが好きなので徒歩キャンプに興味あり。一人で持ち運べる軽量キャンプギアに注目しています。趣味はスパイスカレー作り。いつか焚き火でナンを焼きたい。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる