軽バンおすすめ3選|燃費や中古車相場を徹底比較

  • 筆者: MOTA(モータ)編集部
画像ギャラリーはこちら
手頃な価格で仕事でも活用しやすい軽バン。

ひとことで軽バンといっても、色々な車種があり、そもそも「軽バンの種類ってどのくらい?」、「価格や燃費はどれくらいなの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

当記事では、おすすめの軽バンだけでなく、それぞれの中古車価格や燃費を含めたスペックを徹底解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 軽バンはキャブオーバータイプが主流
  2. おすすめ軽バンその1:スズキ エブリイ/日産 NV100クリッパー/マツダ スクラム/三菱 ミニキャブバン
  3. おすすめ軽バンその2:ダイハツ ハイゼットカーゴ/トヨタ ピクシスバン/スバル サンバー
  4. おすすめ軽バンその3:ダイハツ ハイゼットキャディー
  5. まとめ|軽バンならではのレイアウトがある! 趣味性の高い使い方ができるのも醍醐味

軽バンはキャブオーバータイプが主流

軽バンとは

軽バンとはどんな車なのか、ご存知ない方も多いでしょう。

ホンダN-BOXや、ダイハツタントといった軽乗用車のスーパーハイトワゴンと軽バンは見た目だけでは大きな違いはありません。

ボディサイズもほぼ同じですし、広い室内空間も確保しています。軽バンとスーパーハイトワゴンで異なる点は、エンジンの搭載位置と駆動方式です。

通常の軽自動車と軽バンのレイアウトの違い

軽乗用車のスーパーハイトワゴンはエンジンを運転席より前に搭載し、フロントタイヤを駆動させるFF(フロントエンジン フロントドライブ)の駆動方式を採用しています。

一方の軽バンは、エンジンを運転席の下にレイアウトするキャブオーバー、もしくはリアシート下に搭載するミッドシップを採用、後輪を駆動させるFR(フロントエンジン リアドライブ)もしくはMR(ミッドシップエンジン。リアドライブ)という駆動方式が採用されています。

どうして、このようなエンジンレイアウトを採用しているのかというと、広い室内空間を確保するためと、取り回しやすさなどの機動性を高めることを重視しているからです。

ただし近年は、ダイハツ ハイゼットキャディーやホンダ N-VANのようにFFベースでも十分な荷室空間を確保した商用車も誕生しています。

軽バンにはOEM車が多い

OEMとは、メーカーが他社ブランドで販売される製品を生産することを指します。家電業界や自動車業界でよく取り入れられる手法で、特に軽バンは、多くの車種がOEMで生産されています。

かつての軽バンは税金で優遇されていたこともあり、スズキ、ダイハツ、スバル、三菱など、軽バンをラインアップしていたメーカーは多く、各社がそれぞれオリジナルの軽バンを販売していました。

しかし、現在では自社で開発、販売までを行っているのはホンダ アクティバン、スズキ エブリイ、ダイハツ ハイゼットの3モデルだけです。

その他、各メーカーはスズキやダイハツからOEM供給してもらい、自社の車として販売しています。

スズキ エブリイは日産 NV100 クリッパー、三菱 タウンボックス、マツダ スクラムとして販売中で、ダイハツ ハイゼットはトヨタ ピクシスバン、スバル サンバーバンとして販売されています。

このような動きは登録商用車でも顕著となってきました。軽バンは日本に特化して販売されている軽自動車のため、自社で開発までを手掛けるのは厳しくなってきましたが、日本独自のモデルだからこそ、世界から注目も集めています。

660ccという小排気量エンジンを搭載する商用車にもかかわらず、電動パワステや自動変速機そしてエアコンまでを装備するのは他国では類を見ないものとなっており、一部新興国へ積極的に中古車として輸出されるようになっています。そんな軽バンの中からオススメモデルを下記で説明しましょう。

おすすめ軽バンその1:スズキ エブリイ/日産 NV100クリッパー/マツダ スクラム/三菱 ミニキャブバン

スズキの軽バン エブリイとはどんなクルマ?

1962年から1982年までラインアップされていた、キャリイバンの後継車種として初代モデルのスズキ エブリイは1982年にデビューしました。

現行モデルは2015年にデビュー。エクステリアは先代のキープコンセプトながら、運転支援システムの衝突被害軽減ブレーキなど安全装備をクラス初採用するなど、ライバルのダイハツ ハイゼットカーゴに大きく差をつけたモデルへと進化しました。

エブリイの荷室寸法はクラストップ! 仕事車に最適

現行モデルの特長は1910mm(PC/PA)というクラストップの室内長、1385mmの荷室幅(4名乗車時)、荷室高1240mm(GAを除く)、荷室床面長(2名乗車時)1955mmを実現し積載性能が向上しています。

さらに、シートスライド量を運転席で先代モデルより65mm拡大、より快適なシートポジションでの運転を実現しています。

バックドア開口部高1165mm(GAを除く)や、1340mmの開口部幅はいずれもクラストップとなり、さらに荷室面地上高を650mm下げるなど、荷物の積み下ろしも楽な軽バンです。

最小回転半径は4.1mとカテゴリートップの取り回しの良さで、狭い路地などを走る機会が多い人には嬉しい運動性能を実現しています。

もちろん低燃費! 荷物を多く積む人はターボモデルがおすすめ

エブリイのボディサイズは、量販グレードのGAを一例とすると、諸元は全長3395×全幅1475×全高1800mm、ホイールベースは2430mm。車両重量は840kg(2WD/5MT)です。

メカニズム面では、NAエンジンはクラストップの低燃費を実現、また荷物積載時でもストレスのない走りを与えるターボエンジンもラインアップしています。

トランスミッションでは5MTをベースに、クラッチ及びシフト操作を自動化したオートギアシフト(AGS)がNA車に設定されているのが特徴的です(その後4ATを追加設定)。

JC08モード燃費は15.4~19.6km /Lで、5AGS車がエコカー減税対象となっています。

最も注目すべきなのがボディでの高張力鋼板の使用範囲を増やしたものの、エンジンや足まわり、内装、電装部品なども含めて車両全体で40kg(5MT車で先代比)もの軽量化を実現している点でしょう。

エブリイのOEM車は3車種

次にスズキ エブリイをベースにしたOEM車について紹介しましょう。いずれのモデルもバッジエンジニアリングモデル(バッジだけ異なる)で、走行性能に差はありません。

マツダ スクラム

OEMがもっとも早かったのはオートザム スクラム(現マツダ スクラム)で、2代目エブリイベースモデルが1989年にデビューしています。

日産 NV100クリッパーバン

日産 NV100クリッパーバンは、初代モデルは三菱ミニキャブバンをベースに2003年デビューしていましたが、2013年にデビューした2代目クリッパーバンからはエブリイがベース車両となりました。

三菱 ミニキャブバン

三菱ミニキャブバンは1966年に初代モデルがデビューした歴史ある車ですが、2015年にスズキのOEMモデルとなりました。

スズキ エブリイ 主要スペック
車種名スズキ エブリイ
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,800mm
JC08モード燃費19.0km/L(グレードにより変動)
エブリイ 新車価格96.8〜153万円
エブリイ 中古車価格10〜378万円
ライバル車種ダイハツ ハイゼットバン、アトレーワゴンなど
スズキ/エブリイ
スズキ エブリイカタログを見る
新車価格:
96.8万円153万円
中古価格:
13万円365万円

おすすめ軽バンその2:ダイハツ ハイゼットカーゴ/トヨタ ピクシスバン/スバル サンバー

ダイハツの軽バン ハイゼットカーゴとはどんなクルマ?

1960年にデビューしたダイハツ ハイゼットバンは、初代モデルではボンネットバンスタイルを採用、1964年に登場した2代目からキャブオーバースタイルとなりました。

1968年に登場した3代目では、当時では珍しい角型ヘッドランプを採用し、この時期ですでにEV(電気自動車)も発表するという先進性の高い商用車でした。

1981年に登場した6代目は、中国の天津汽車(現代の天津一汽)で中国にて現地生産され、中国国内でも販売されました。

タクシー車両として大活躍した結果、博物館に展示されるほど中国ではポピュラーであり、そしてエポックメイキングな車となっています。

1999年に登場した9代目から、バンは“カーゴ”と呼ばれるようになり、2004年から販売されている現行モデルで10代目となります。

荷物の積み下ろしのしやすさはトップクラス!

ハイゼットカーゴの荷室寸法は、荷室高1,235mm(ハイルーフ仕様の場合)、荷室フロア長1,950mm(2名乗車時)、荷室幅1,375mm(4名乗車時)で、軽バンとして十分な荷室の広さを確保しているといえます。

また荷室フロア地上高は、ライバルのスズキ エブリイやホンダ アクティバンより優る635mmとなっており、荷物の積み込みもラクラクです。

ラインアップはNAとターボの2種! 実はハイブリッドもあった

現行ハイゼットカーゴは、9代目から採用されたセミキャブオーバースタイル(衝突安全性を考え、短いボンネット部分を確保したスタイル)を踏襲。

ただし、トラックに関してはカーゴとは異なり、キャブオーバースタイルを採用しています。エクステリアデザインは、高い積載性能をアピールするかのようなボクシースタイルを採用。

参考として2WD標準ルーフの“スペシャル”というグレードで車両寸法をみると、全長3395×全幅1475×全高1765mm。

ホイールベースは2450mmとなっています。最小回転半径はキャブオーバータイプを生かして4.2mを実現しています。

シリーズ全体でのエンジンラインアップは、直3DOHCのNAとターボの2機種となり、トランスミッションは5MTと4AT。

駆動方式はFRのほか4WDも設定され、JC08モード燃費は13.7~18.8km/Lとなっています。

2005年8月にハイブリッド仕様をラインアップしましたが、残念ながら2010年に生産終了となりました。

ハイゼットカーゴのOEM車は2車種

トヨタ ピクシスバン

ハイゼットカーゴをベースしたOEM車を紹介すると、2011年12月にトヨタ向けOEMとしてトヨタ ピクシスバンがデビューしています。

エンジン ラインアップやトランスミッションなど、メカニズムはハイゼットカーゴと共通です。

スバル サンバー

続いて2012年4月にはスバル向けOEMのサンバーがデビュー。こちらもピクシスバンと同じく、エンジン ラインアップやトランスミッション、駆動方式などメカニズムなどの変更は行われていません。

ダイハツ ハイゼットカーゴ 主要スペック
車種名ハイゼットカーゴ
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,765mm
WLTCモード燃費14.1km/L(グレードにより変動)
ハイゼットカーゴ 新車価格94.1〜153.5万円
N-BOX 中古車価格8.5〜362.9万円
ライバル車種スズキ エブリイ、ホンダ N-VANなど
ダイハツ/ハイゼットカーゴ
ダイハツ ハイゼットカーゴカタログを見る
新車価格:
94.1万円153.5万円
中古価格:
10万円274.8万円

おすすめ軽バンその3:ダイハツ ハイゼットキャディー

ダイハツの軽バン ハイゼットキャディとはどんなクルマ?

2016年6月に登場したダイハツ ハイゼットキャディー。この車を一言で説明するならば、“ダイハツ ウェイクの商用バージョン”です。

そのため「そもそもウェイクとはどんな車なのか」を見て行きましょう。

ウェイクはいまや軽乗用車の販売主軸車種となっているのが、“スーパーハイトワゴン”と言われるジャンルです。

トールワゴンとして軽乗用車のスタンダードともなった、ワゴンRやムーヴなどよりもさらに背が高く、広い室内空間を確保しており、ダイハツ タント、ホンダ Nボックス、日産 デイズルークス、スズキ スペーシアがライバル車種です。

ダイハツ ウェイクは、このタントなどよりもさらに背が高くなった“スーパーハイトールワゴン”となるモデルです。

軽自動車で最も高い車高とボクシーなスタイルは商用車にも適するということでハイゼットキャディーが設定されました。

ターゲットユーザーとしては、個人商店やデリバリー関連など、単純な物品輸送ではなく、エンドユーザーと接することが多い、またはエンドユーザーへ向けたサービス業向けとなっているようです。

ダイハツによりますと、いわゆる軽バンのユーザーのなかにも、積載性能などよりも、静粛性や運転のしやすさなどを重視する動きが目立ち、軽乗用車を商用車代わりに使うひとも目立ってきたとのこと。“人の働きやすさ”というニーズに対応したモデルとして市場投入されました。

荷室寸法や他メーカー車に比べて短め! その分荷物の積み下ろしやすさに特化

ハイゼットキャディの荷室は、荷室幅1,210mm(最大値)、荷室高は1,235mmを確保しています。一方、荷室長は1,310mmと、ライバル車と比べて奥行きはやや短めです。

しかし、荷室スペースでも荷室フロア高595mmという低さが実現されています。このフロア高は、今回取り上げた軽バンの中で最も低い値です。荷物の積み下ろしやすさに大きく貢献しています。

そして、軽自動車で初めて荷室フロアに樹脂製が採用されたことで、汚れても拭き取り掃除が楽なことも特長です。

魅力は先進安全装備! 対象グレードでは標準装備

軽乗用車のウェイクがベースとなっているので、軽バンにカテゴライズされますが、ほかの軽バンと異なり、駆動方式はFFベースとなります(4WDも設定あり)。

エンジンはNAとターボが用意され、トランスミッションはCVTでJC08モード燃費は21.8~25.0km/Lと優れた燃費性能を実現しています。

参考までに2WDのDでスペックをみると、全長3395×全幅1475×全高1850mm、ホイールベースは2455mm、車両重量は970kgとなっています。

FFレイアウトの採用により、360mmという低い乗員室フロアを実現、750mmという適度なシート高も実現し、乗降性が良くなっているのも特長です。最小回転半径は駆動方式を問わず、4.4mと優れた旋回性能も実現しています。

さらに軽乗用車ベースということもあって、デビュー当初よりダイハツの衝突回避支援システム“スマートアシストII”を設定。2017年には“スマートアシストIII”にバージョンアップしています。

また“VSC&TRC”、“エマージェンシーストップシグナル”、“ヒルホールドシステム”は全車標準装備化され、高い安全性を実現しています。

ダイハツ ハイゼットキャディー 主要スペック
車種名ハイゼットキャディー
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,850mm
JC08モード燃費21.8km/L(グレードにより変動)
ハイゼットキャディー 新車価格114.4〜150.7万円
ハイゼットキャディー 中古車価格64.3〜130万円
ライバル車種ホンダ アクティバン、スズキ エブリイなど
ダイハツ/ハイゼットキャディー
ダイハツ ハイゼットキャディーカタログを見る
新車価格:
114.4万円150.7万円
中古価格:
45万円116万円

まとめ|軽バンならではのレイアウトがある! 趣味性の高い使い方ができるのも醍醐味

いまではエブリイとハイゼットなどを除けば、OEMにより車名のみが残っている車のカテゴリが軽バンです。

サンバーやミニキャブといった、オリジナルモデルが豊富にラインアップされていた軽バン全盛の時代は遠い昔になりつつあります。

ホンダの独自モデルであるN-VANはかろうじて残っているものの、このようになった背景には、厳しいコスト削減が究極のところまできて、OEMによる生産拡大により、コスト削減を進めていかざるをえなかった現実があったのでしょう。

しかし、このような動きは今後軽バンに限った動きではなくなる可能性が高まっています。

現状では新車販売の苦戦傾向がクローズアップされていますが、やがては本格的な日本国内での自動車保有台数の減少が始まるでしょう。

そのような状況が進めば、乗用車ですら一定のクラスまでは軽バンのように、グループ内またはグループの垣根を越えてOEMが進んでいくともさえ言われています。

軽バンは軽自動車では大変珍しいFRレイアウトを守り続けているカテゴリです。これを強みとして、趣味性の高い乗用車(かつてのフェローバギーやフロンテクーペのようなモデル)を作ってみるのも、コストを押さえてラインアップでき、消費者の車への興味を回帰させるきっかけには良いのではないかとの声もあります。

[筆者MOTA(モータ)編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA(モータ)編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる