autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 運転が怖い…運転が不安…の理由で初心者マークを貼り続けるのは交通違反になる?

自動車購入ノウハウ 2018/4/27 14:43

運転が怖い…運転が不安…の理由で初心者マークを貼り続けるのは交通違反になる?

免許取得後1年未満のドライバーの利用が義務づけられている初心者マーク
免許取得後1年未満のドライバーの利用が義務づけられている初心者マーク70歳以上のドライバーの利用が推奨されているもみじマーク初心者マークには掲示位置の指定があります初心者マーク画像ギャラリーはこちら

運転に自信がない、怖い人に密かに人気がある初心者マーク

週末や大型連休になると高速道路は車で渋滞し、観光地は各地からドライブでやってきた人で混雑します。そういった方の中には滅多に車の運転をしないペーパードライバーや運転が苦手な人もいるのではないでしょうか。

「週末や大型連休中はサンデードライバーが増えるから危険だ」なんてことを言う口が悪い人もいます。さらに、極端に乱暴なドライバーの中には煽り運転をしてくる人もいて、そういった怖いニュースもよく耳にするようになりました。

運転に自信がない人の中には、そういった対策の1つとして、免許取得後1年を過ぎても初心者マークを張り続ける人がいるのはご存知でしょうか? 正確なデータはありませんが、そういったドライバーが少なからずいます。

初心者マークをつけて、初心者に見られたいという心理

初心者マーク

昔も今も「初心者に見られたくないから、初心者マークをつけたくない」というドライバーの方が多い気がしますが、「初心者マークをつけていると煽られないし、道を譲ってもらえる」ということで、初心者マークを貼り続けたいドライバーもいます。

「1年を過ぎて初心者マークを使い続けるなんて、交通違反じゃないの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、道路交通法では違反ではありません。

逆に、免許取得後1年未満のドライバーが初心者マークを使わないと違反点数1点、反則金4000円の罰則があります。

初心者マークをつけた車は周囲の車が保護する義務がある

初心者マークには掲示位置の指定があります

車に詳しい人の中には、初心者マークをつけている車が周辺にいた場合、周囲の運転者がその車を保護する義務があるのをご存知の方もいるでしょう。この保護義務を怠ると「初心運転者等保護義務違反」となり、違反点数1点、反則金6,000円が課されます。

「こちらは初心者マークをつけている車を保護する義務が発生するのに、初心者を装うドライバーがいるなんて問題じゃないか!」と思うかもしれません。しかし、初心者マークは「車の運転に慣れていない人、不安に感じる人を」守るためにあります。

免許取得後1年経ったらベテランドライバー?

月に1度、運転するかどうかのドライバーや免許取得後、ほとんど運転していないペーパードライバーに「免許取得後1年経ったから、あなたはもうベテランドライバーです」と言っても納得しないはず。初心者マークを長く使い続ける人が違反にならないのは、こういった意図があるのでしょう。

もみじマークの場合はどうなの?

70歳以上のドライバーの利用が推奨されているもみじマーク

ちなみに70歳以上のドライバーに取り付けが「推奨」されているもみじマークについてですが、こちらも70歳未満のドライバーが使用しても違反にはなりません。なお、もみじマークを取り付けた車も初心者マークの車と同様に、周辺のドライバーは保護義務があることを知っておきましょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR